Shread and Needle

エルゴポック(HERGOPOCH)のバッグ修理案内

日本製バッグ エルゴポックの修理について

こちらのページでは経験豊富な職人が
エルゴポック(HERGOPOCH)のバッグ
修理について詳しく解説していきます。

「エルゴポックのレザーバッグはどういった
修理が可能なの?」と言った疑問から修理
料金のことはこちらのページを参照して
見てください。

エルゴポックは日本の鞄関連企業の
㈱キヨモトが2005年にリリースした
日本製のバッグです。バッグだけでな
く財布、パスケース名刺入れなどの革
小物の取扱も豊富です。

それでは一番気になるエルゴポックの
バッグ修理料金について見ていきましょう。

エルゴポックバッグで多い修理と参考価格

バッグのタイプ別に依頼の多い修理について
当サイトの修理サンプルを参考に説明していきます。

トートバッグは手元に注意!

エルゴポックで人気のトートバッグは
手元のメンテナンスに注意しましょう。

エルゴポックのトートバッグは平手という
タイプものが多くなっています。重い物を
入れ過ぎたり、基本的なメンテナンスを
怠っていると、平手部分が根本から
切れてしまうこともあります。

そういった場合は平手部分の交換が可能
ですので安心ください。オリジナルの手元
レザーに近いものをご用意可能です。また
交換の際には手元の長さを調整することが
できます。

  • 平手元交換 8000円~

 

ブリーフケースで多い修理

次にブリーフケースで多い修理依頼です。
実はビジネスパーソンの必需品のブリーフ
ケースは比較的修理依頼のお多いバッグ
タイプになっています。

ファスナーの不具合は交換にて

バッグ不具合の王道といえばファスナーに
関するトラブルです。

エルゴポックのブリーフケースに関しても
同様で修理依頼が多くなっています。
修理の際にはファスナー一式の交換もしくは
スライダーの交換にて対応が可能です。

エルゴポックオリジナルのファスナーデザインを
変更したくない、と言った場合もオリジナルと
遜色のないものをご用意できるのでご安心ください。

  • メインファスナー交換 8000~12000円
  • サブファスナー交換 6000~9000円
  • スライダー交換 3000~4000円

 

ショルダーベルトなどの金属パーツも交換可能

ショルダーベルトの金具はバッグパーツの
なかでも消耗が激しいものの一つです。
特に重いものを常に携帯するケースが
多いブリーフケースは注意が必要です。

この金具部分に関しても交換ができます。
消耗してきたら早めの交換修理を依頼しましょう。

  • ショルダーベルト金具交換 3000~4000円

 

当サイトでは全ての修理に無料の再修理
保証をつけています。修理後3ヶ月以内の
不具合に関してはすべて無料にて再修理
致します。安心してご利用ください。

 

バッグ修理見積もりはこちらからどうぞ!

2分で完了! 見積もりのみでもOK