Shread and Needle
人気のあるアタオ財布

アタオのお財布修理を検討中ならこちらのページを参考にしましょう

アタオの長財布のファスナーが閉まらない

お財布ポシェットのショルダーベルトがほつれてきたのを直したい

アタオのお財布修理を検討されている場合、こちらのサイトを参考にしてください。熟練の財布修理職人がアタオの財布修理について解説いたします。

アタオ(ATAO)は株式会社スタジオアタオが展開するバッグと財布のブランドです。2006年に兵庫県神戸市にて誕生しました。正統派ラインのトレンチコートに似合うバッグという基本的なデザインコンセプトを掲げ、商品展開をしています。現在国内とフランス・パリに店舗展開をしています。

アタオの財布 メーカーでの修理

アタオのサイフをオリジナルのパーツを使って修理を希望する場合はメーカー修理を検討しましょう。

メーカーに修理を依頼する際は以下の点に留意しましょう。

  • ギャランティ―カードや領収書がないと修理を受付けない場合があります
  • 見積もりや納期に時間がかかることがあります
  • 修理金額が高額になる場合が多い
  • 状態によっては修理を断られることがあります

 

◯アタオ公式サイト

アタオの財布 修理専門店での修理

オリジナルのパーツでの修理にはこだわらない、早く直して使いたいといった場合は修理専門店での修理を検討しましょう。

修理専門店に依頼をする場合は以下の点に留意しましょう。

  • ギャランティ―カードや領収書がなくても修理が可能です
  • 見積もりや納期はメーカー修理と比較すると迅速
  • 修理金額はメーカー修理と比較すると安価な場合が多い
  • メーカー修理で断られても見積もり可能
  • オリジナルのパーツでの修理はできません

 

それでは当サイトにて多いアタオのお財布の修理について詳しく解説していきましょう。

ファスナー・スライダーの交換修理

ファスナー交換工程

ファスナー交換の工程です。財布の修理は一度分解してからしっかりと修理します。

修理アフター

ファスナー交換修理アフター。ファスナーの色もオリジナルと可能な限り近く仕上げます。

アタオの人気のお財布リモ(Limo)のファスナーは使い続けているうちに不具合が生じる場合があります。

ファスナーが閉まらない、閉まったのに途中で開いてしまう、スライダーが動かないといった場合交換修理が可能です。長財布やミニウォレットの外側のファスナーはもちろん裏側のファスナーポケット、内側のファスナーの交換修理も可能です。

オリジナルと遜色のないパーツを使用しての交換修理になりますので、安心です。

  • ファスナー交換 11,000~15,000円
  • スライダー交換 3,000~5,000円

 

ショルダーベルトの修理

アタオのお財布ポシェットブーブー(booboo)は、使い続けているうちにショルダーベルトのステッチがほつれたり、ちぎれてしまうことがあります。そういった場合再縫製での修理が可能です。

  • ショルダーベルト一式交換 12,000円~

 

ホックの交換修理

アタオのカーラ(cala)などに使われているホックは閉まらなくなることがあります。
閉まりにくくなったと感じたら早めの修理を検討しましょう。オリジナルと遜色のないホックを使用しての交換修理になります。

  • ホック・ボタン交換 4000~6000円

 

その他、アタオのお財布本体や内側のほつれなどの修理、クリーニングも承っております。アタオの財布が壊れた、もう使えないとあきらめる前にカバンと財布修理のスレッド&ニードルに一度ご相談ください。その際はお気軽に無料のメール見積もりをご利用ください。

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご依頼ください。

またキプリス以外のお財布修理について詳しく知りたい場合には下記コラムを参照してみてください。

バッグ修理見積もりはこちらからどうぞ!

2分で完了! 見積もりのみでもOK