Shread and Needle

アイグナーのバッグ修理について詳しめに説明!

アイグナーのバッグのショルダーベルトが壊れた

メーカーで修理を断られてしまった

アイグナーのバッグの修理でお困りならこちらのページをご参照ください。ブランドバッグの修理経験豊富なカバン修理職人がアイグナーのバッグの修理について詳しく解説していきます。

AIGNER(アイグナー)は1965年、ドイツ・ミュンヘンにて誕生したファッションブランドです。主に最高級の本革を使ったレザーアイテム、ハンドバッグがに人気があります。

製品一つ一つが丁寧に仕上げられるドイツのクラフトマンシップを守っています。現在ではバッグなどのアクセサリーから洋服まで幅広くアイテムを展開しています。

メーカーでの修理依頼はどうしたらいいの?

アイグナーのバッグをメーカーでの修理を希望する場合、購入店、またはカスタマーサービスに問い合わせてみましょう。

一般的にメーカー修理の場合下記の点に留意しましょう。

  • オリジナルのパーツでの修理が可能
  • 見積もりや納期に時間がかかることが多い
  • 修理費用が高額になるケースが多い
  • ギャランティーカードや領収書がないと修理を断られる場合がある

◯メーカー公式サイト

修理専門店でのアイグナーバッグ修理

メーカー修理にこだわらない、オリジナルパーツでの修理ではなくてもOKといった場合は修理専門店での修理を検討しましょう。修理専門店に依頼する際は下記の点に留意しましょう。

  • オリジナルのパーツを使っての修理は基本的に不可
  • 見積もりや納期がメーカー修理と比較すると迅速
  • 修理金額はメーカー修理よりも安価なケースが多い
  • ギャランティーカードなどがなくても修理を受付可
  • メーカーで修理を断られても専門店では修理受付可

 

それでは修理専門店での修理について解説していきます。

ショルダーベルトの修理

美しいアイグナーのバッグも使い続けているうちにショルダーベルトが傷んでくることがあります。

意外と知られていませんがショルダーベルトの根元がちぎれる、チェーンが切れてしまったといった場合も修理が可能です。

  • ショルダーベルト補強 4,000円~
  • 金具交換 3,000円~

 

ファスナー・留め具などの修理

ファスナー、マグネットの留め具などのパーツは長く愛用しているうちに故障が発生するケースがあります。ファスナーが閉まらない、スライダーが動かないといった場合、交換修理が可能です。

またマグネットの留め具が留まらなくなった場合も交換修理いたします。オリジナルと遜色のないパーツを使って交換修理をいたしますのでデザインを損なうことなく安心です。

またその他の金属パーツなどの不具合も修理可能な場合がありますので一度ご相談ください。

  • ファスナー交換 6,000円~
  • スライダー交換 3,000~5,000円

 

持ち手のコバ補修や補色

バッグの持ち手部分の「コバ」(革製品の端)は長く使っているうちにほつれたり、剥がれてきたり、汚れがついてしまったりすることがあります。この場合コバの修理が可能です。

元の色に合わせて補修していくので修理後に違和感が出ることはありません。

  • 持ち手コバの補修 6,000円~

 

アイグナーのバッグが壊れてもう使えないとあきらめる前に、カバン修理のスレッド&ニードルに見積の依頼をしてみませんか?

カバン修理のスレッド&ニードルでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご依頼ください。

バッグ修理見積もりはこちらからどうぞ!

2分で完了! 見積もりのみでもOK