Shread and Needle

サンローランのバッグ修理案内|参考料金・修理メニュー

サンローランのバッグ修理でお困りならこちらのページを参照ください。どういった修理が可能なのか経験豊富な職人が解説していきます。

サンローラントート

サンローランのシルバーのトートバッグ。専門店なら色補修まで可能です。

サンローランはハイブランドの中でもかなりバッグに力を入れているブランドです。

メンズはリュックの商品バリエーションが多く、ウィメンズはレザーバッグが多くなっています。

こちらのページではメンズとウィメンズバッグに分けてどういった修理が大いのかについて紹介します。

サンローランのバッグを長く愛用している場合には修理やメンテナンスについても検討しましょう。

サンローランのバッグ修理案内

それでは当サイトの修理例を参照にサンローランのバッグ修理を紹介します。

他店にて断られてしまった修理に関しても諦めずに一度相談ください。

メンズバッグで多い修理依頼

まずはメンズバッグの修理です。メンズバッグはリュックサックとブリーフケースの修理依頼が比較的
多くなっています。

ファスナーが不具合を起こしてしまったら

リュックサックはメインとなるファスナー部分の不具合に注意しましょう。簡単に故障することはあり
ませんが、長く愛用していると故障する可能性があります。

リュックサックのメインファスナー部が故障してしまった場合には通常ファスナー一式の交換となります。オリジナルのファスナーと遜色のないものにて交換するので安心です。

また一部の不具合にはスライダーのみの交換で修理できるケースもあります。

  • メインファスナー交換 9000~14000円
  • スライダー交換 3000~4000円

 

手元は交換での修理がオススメ

サンローランのブリーフケースは型押しレザーやスムースレザーなどが一般的です。

手元に関してもレザーなので、故障の際には交換での修理が可能です。

特殊な手元

特殊な手元も多いサンローランバッグ。そういったケースも一度相談を。

手元の不具合はビジネスで使用している場合は意外と多く、比較的定番の修理となっています。

  • 丸手元交換 両側 14000~16000円

 

ウィメンズバッグの修理

次にウィメンズバッグの修理です。メンズバッグと比べるとレザーのメンテナンスに関する依頼が多いのが特徴です。

レザーの色落ちや退色を修理する

サンローランのレザーバッグを長く使用していると、レザーが色落ちを起こすことがあります。

そういった場合には染色にて対応可能です。バッグクリーニングと合わせて利用がおすすめです。

またサンローランで多い特殊な色にも対応可能です。シルバーやゴールドなどのカラーについても相談ください。

  • 部分染色 8000~12000円
  • 全体染色 14000円~
  • バッグクリーニング 4000~5000円

 

サンローランロゴの再メッキ

断られることがとても多い金属ロゴの再メッキも専門店なら可能です。

メッキ方法によって2通りの作業方法があります。どちらの方法でもしっかりと再メッキ可能ですがツヤなど完璧な復元を希望であれば復元再メッキにて修理しましょう。

  • 簡易再メッキ 15000~2万円
  • 復元再メッキ 25000~3万円

 

サンローランのバッグはバリエーションがとても多いので修理の際にも注意してください。修理店によっては修理自体を断られることも多々あります。そういった場合にはバッグ修理専門店にて依頼するのがオススメです。

その他サンローランのバッグ修理でお困りの場合にはまずは無料のメール見積りにてご相談ください!

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心して修理ご依頼ください。

バッグ修理見積もりはこちらからどうぞ!

2分で完了! 見積もりのみでもOK