Shread and Needle
レスポートサックバッグ

レスポートサック(LeSportsac)の修理案内

アメリカのバッグブランドレスポートサック(LeSportsac)のバッグ修理について職人が詳しく解説していきます。

レスポショルダーバッグ

レスポートサックのショルダーバッグ。使い勝手がとても良いバッグです。

カジュアルに使用できるレスポートサックは日常使用で毎日使用している方も多いのではないでしょうか?

使用頻度が高いバッグは修理やメンテナンスが必要になるケースも多々あります。レスポートサックを修理に出す前に下記を参照してみてください。

レスポートサックバッグのタイプ別修理案内

それでは一番気になるレスポートサックのバッグ修理の参考価格について、当サイトの修理例を参考に紹介します。

実はレスポのバッグは意外と壊れにくく修理に至るケースがほかのブランドに比べて比較的低くなっています。

それでも長く使用していれば当然メンテナンスが必要になってきます。必要に応じて修理を依頼しましょう。

リュックで壊れやすい箇所

まずはリュックの修理です。どのブランドでも同様ですがリュックはファスナー部とショルダーベルト部分の修理依頼が多いです。

使用頻度が高ければ高いほどファスナー部は消耗していきます。そういった場合はスライダーの交換もしくはファスナー本体の交換です。

ファスナー部

ファスナー交換の場合もロゴの入った引手の部分は移植が可能です。

レスポートサックのファスナーはカラフルなものも多いですが、ほとんどが近いものにて交換可能です。

  • スライダー交換 3000~4000円
  • ファスナー交換 6000円~

 

ボストンバッグ

ボストンバッグでおすすめの修理はショルダーベルトなどのパーツ交換です。ボストンバッグについているプラスチックパーツは壊れてしまっても交換が可能です。

  • プラパーツ交換 3000~4000円

 

トートバッグで故障しやすい箇所

レスポートサックで人気のトートバッグ。修理に関しては手元補修とファスナー交換が比較的多いです。

手元の修理は状態によって修理方法が変わります。補修のみであればそれほどオリジナルのデザインを変更することなく修理が可能です。

  • 手元補強・補修 3000円~

 

トートバッグのメインファスナー交換のご依頼もやはり多いです。またあまり故障することはないですがインナーファスナーの交換も可能です。

  • インナーファスナー交換 4000~6000円
  • メインファスナー交換 5000~8000円

 

その他レスポートサックの特殊な修理

ナイロン生地のカラフルなパターンが特徴のレスポートサック。ナイロン生地が破れててしまった場合や傷んでしまった場合も修理が可能です。

生地が破れてしまった場合は通常ミシン刺しと言う方法で補修して細かくステッチを入れます。ナイロン生地の表面にステッチが出ますがまだまだ長く使用したいといった場合にお薦めです。

またミシン刺しでの修理の場合比較的安く修理できるのも良いところです。

  • ナイロン生地のミシン刺し 4000円~

 

レスポのメーカー修理について

レスポートサックをメーカーにて修理したいといった場合には下記を参照ください。

◯レスポートサックメーカー修理

Q&A(よくあるご質問) | レスポートサック 公式通販 | LeSportsac Online Store
Q&A(よくあるご質問) | レスポートサック(LeSportsac)直営の公式通販サイトです。オリジナルグッズはもちろん、当SHOPだけの限定商品など数百点に及ぶ多彩なグッズをご用意しています。

レスポートサックは特殊な修理を除いてメーカーでも修理依頼が可能です。只、修理依頼方法が煩雑で少々分かり辛いので注意しましょう。

また下記のような場合は修理を断られることも多いので注意が必要です。

  • 並行輸入品
  • 保証書がない場合
  • 特殊な修理
  • 購入店がわからない場合

 

メーカーでの修理価格はやや高めになっています。安価に修理したい場合にはバッグ修理専門店がおすすめです。

そのほかレスポのバッグ修理に関しては無料のメール見積もりをご利用ください。

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご利用ください。

バッグ修理見積もりはこちらからどうぞ!

2分で完了! 見積もりのみでもOK