Shread and Needle

ヘリーハンセンのバッグ修理って可能なの?職人が修理について詳しく解説

ヘリーハンセンのリュックのショルダーベルトがちぎれた!

トートバッグのハジがほつれてきたけど直せるのかな

ヘリーハンセンのバッグの修理を検討しているなら、こちらのページをご参照ください。ブランドバッグの修理実績多数の鞄修理のスレッド&ニードルの修理職人がバッグの修理についてわかりやすく解説いたします。

ヘリーハンセン(HELLY HANSEN)は1877年にヘリー・ユール・ハンセン(Helly Juell Hansen)が創業したノルノルウェーのアウトドアブランド。ブランドコンセプトは「from ocean to mountain」。海から山までサポートするトータルアウトドアコレクションを展開しています。

ヘリーハンセンをメーカーにて修理したい場合

ヘリーハンセンのバッグをオリジナルパーツでの修理を希望する場合メーカーに修理を依頼しましょう。ヘリーハンセンの直営店、正規取扱店、カスタマーセンターなどで修理を受付けています。

メーカー修理を希望する場合以下の点に留意しましょう。

  • メーカー修理の場合基本的にオリジナルのパーツでの修理が可能
  • 見積もりや納期に長く時間がかかる場合が多い
  • 修理金額が高額になる場合あり
  • ギャランティ―カードや領収書がない場合、修理不可になるケースもある
  • 状態によっては修理を断られる場合があり

◯公式サイト

WARRANTY | HELLY HANSEN(ヘリーハンセン)公式サイト - GOLDWIN
130年以上の歴史がある北欧ノルウェー生まれのマリンウェアブランド。独自の防水テクノロジーを応用したアウタージャケットからアンダーウェアまで高機能な製品をラインナップ。新商品情報や最新機能、取扱店情報、オンラインストアなどをご覧いただけます。会員様は...

バッグ修理専門店での修理

ヘリーハンセンのバッグはオリジナルパーツでの修理にこだわらない、早く修理をしたいといった場合は修理専門店での修理を検討しましょう。

修理専門店へ修理を依頼する際は以下の点に留意しましょう。

  • オリジナルのパーツでの修理不可
  • ギャランティ―カードや領収書がなくても修理可能
  • 見積もりや納期はメーカー修理よりも早い
  • メーカーで断られた修理も見積もり可能

それでは下記にてどういった修理が多いのかについて紹介していきましょう。

バッグの破れ、ほつれ修理

ヘリーハンセンのバッグは長く使い続けているうちに破れたりほつれたりする場合があります。特にナイロン製のバッグは尖ったものに引っ掛けたりして破れることが多いようです。そういった場合修理が可能です。

似寄りのナイロンを使い張り替える方法、ミシン刺しで強度を出して補修する方法などがあります。
ほつれたり、破れたりした場合は広がる前に早めの修理依頼をおすすめします。

  • 生地破れ補修 5,000円~
  • 糸ほつれ補修 3,000円~

 

ファスナー・スライダーの交換修理

バッグの内側、外側に使われているファスナーは長く使っているうちに壊れてくる場合があります。スライダーが動かない、引手が取れてしまった、ファスナーが閉まらない、といった場合交換修理が可能です。オリジナルのパーツと遜色のないものを使用し交換しますので安心です。

  • ファスナー交換 7,000円~
  • スライダー交換 3,000~5,000円

 

プラスチックパーツや金具の交換修理

ヘリーハンセンのリュックやボストンバッグなどに多用されているプラスチックのパーツは長く使っているうちに破損してくる場合があります。そういった場合、交換修理が可能です。オリジナルと遜色のないパーツを使用しての交換修理になりますので安心です。

またバッグやリュックに使用されている金具パーツに関しても汎用品にて交換修理が可能です。修理できないと思っているものもできるばい

  • プラパーツ交換 3,000~5,000円
  • バッグ金具交換 3,000~6,000円

 

その他、帆布のヘリーハンセンのバッグが壊れた、持ち手がちぎれてもう使えないとあきらめる前にカバン修理のスレッド&ニードルに一度ご相談ください。その際はお気軽に無料のメール見積もりをご利用ください。

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご依頼ください。

バッグ修理見積もりはこちらからどうぞ!

2分で完了! 見積もりのみでもOK