Shread and Needle
カリマーのキャリーバッグ

【保存版】キャリーバッグの修理について|料金・納期・注意点

職人が解説するキャリーバッグ修理案内

こちらのページではキャリーバッグの修理について詳しく解説していきます。まずはキャリーバッグとはどういったバッグなのでしょうか?

キャリーバッグは「キャリーケース」や「旅行カバン」などとも呼ばれるキャスター付きのバッグの総称となります。当サイトでは下記に当てはまるものをキャリーバッグと呼んでいます。

  • キャスターが付いている
  • 主にナイロンなどの素材でできている
    (ソフトシェル)
  • 引っ張り出して使用するPUハンドルがついているものが多い

 

そんなキャリーバッグの修理でお困りならまずはこちらのページを参照してみてください。どの程度料金がかかるのかなどは下記を参照ください。

今すぐ見積りを依頼したい場合には無料のメール見積もりが便利です。下記のリンクよりご利用ください。

カバン修理問い合せ
無料お見積もり&問い合わせスレッドアンドニードルではメールでの無料お見積もりをご提案しています。いつでも、どちらからでもカバン修理のお見積もりは無料です。

キャリーバッグはどういった修理が可能なの?

それではキャリーバッグはどういった修理が可能なのでしょうか?当サイトで依頼の多い修理内容をもとに紹介していきます。

まずはキャスター(車輪)の交換修

2輪タイプのキャスター

キャリーバッグで一番気をつけたいところはキャスター部。劣化に注意。

キャリーバッグで多いのはなんと言ってもキャスター(車輪)の修理です。強化樹脂等でできているキャリーバッグのキャスターは数年使用しているとこわれることが多々あります。そういった場合には交換での修理が可能ですので安心ください。

ヴィトンのキャスター修理アフター

2輪タイプが多いヴィトンのキャスターもきれいに修理可能です。修理アフター。

2輪タイプもしくは4輪タイプかによって料金が変動します。また特殊なキャスターの場合には別途見積もりが必要です。

  • キャスター交換(4輪タイプ)1ヶ所 2000~3000円
  • キャスター交換(2輪タイプ)1ヶ所 4000~5000円
    *ヴィトンなど特殊なタイプは1ヶ所6000円~

 

ファスナーやスライダーの修理

ヴィトンのファスナー故障

意外と多いのがファスナーの故障。キャリーバッグはファスナー部分にとても力がかかりやすいので注意。

キャリーバッグで多いのがファスナーで開閉するタイプです。特殊なケースを除いてファスナー一式の交換やスライダーの交換が可能です。

  • ファスナー一式交換 3万円~
  • スライダー交換 5000~7000円

 

ハンドルとPUハンドルの修理

PUハンドルとトップハンドル

引き出して使うのがPUハンドル。キャリーの上についているのがトップハンドル。

持ち運びの際に手で持つ部分をハンドルもしくはPUハンドルと呼びます。一般的なハンドルに関しては交換修理となります。PUハンドルに関しては交換が困難な場合もあります。

  • ハンドル交換 8000円~
  • PUハンドル交換 15000円~

 

修理依頼が多いブランドリスト

ヴィトンのキャリーバッグ

モノグラムのヴィトンキャリー。キャスターとウレタン底足の修理が多い。

当サイトで依頼の多いキャリーバッグのブランドは下記を参照ください。

  • アニヤハンドマーチ
  • ルイヴィトン
  • ブリーフィング
  • グレゴリー
  • ポーター
  • バーバリー
  • プラダ
  • ノースフェイス

 

その他のキャリーバッグブランドに関しても修理受付可能ですのでご相談ください。また当サイトにて依頼の多いブリーフィングのキャリーバッグ修理については下記リンクを参照してください。

ブリーフィングのスーツケース修理案内
ブリーフィングのスーツケース修理についてブリーフィング(Briefing)のスーツケースやキャリーバッグの修理でお困りならこちらのページを参照ください。 2輪タイプのブリーフィングキャリー。スーツケースはしっかりと修理してくれる店舗が少ないので、修理依頼の際...

キャリーバッグを修理に出す前に

最後にキャリーバッグを修理に出す前に気をつけたいことのご案内です。修理後に後悔しないためにも必ず目を通してください。

保証書がある場合は購入店にて相見積もりを取る

まずは購入後1年未満で保証書がある場合には購入店に連絡してみましょう。しっかりとした販売店であれば修理を無償で受け付けてくれる場合もあります。

旅行の少なくとも1ヶ月前には修理に出す

旅行直前の修理依頼は納期の観点でおすすめできません。キャリーバッグの修理にはある程度お時間がかかるケースが大半です。出発に間に合わない!といったトラブルを避けるためにも必ず早めの修理を心がけてください。

キャスター修理に出す際の注意点

一番依頼の多いキャスター修理の注意点です。当サイトではキャスターの全輪同時交換をおすすめしています。2輪のタイプであれば2輪同時、4輪のタイプであれば4輪同時が一番不具合が出にくくまたキャスターがより長持ちするからです。

その他キャリーバッグの修理でお困りならまずは無料のメール見積もりをご利用ください。また東京都内で来店修理をご希望の場合には下記のページを参照の上ご来店ください。

東京都の鞄修理専門店案内|来店でしっかりと修理説明可
東京都内でバッグや鞄修理なら|新宿駅・東京駅からアクセス可こちらのページでは東京都内の鞄修理専門店 スレッド&ニードル駒込店を紹介します。鞄の修理専門店ですので他店で断られた修理に関してもお気軽にご相談ください。また来店でのバッグ修理の見積りや郵送...

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご利用ください。

キャリーバッグの修理見積もりはこちらからどうぞ!

2分で完了! 見積もりのみでもOK