Shread and Needle

カメラバッグの修理でお困りなら|修理メニューから料金まで

カメラ収納バッグの故障やトラブルなら
こちらのページを参照してみてください。
バッグ修理経験豊富な職人が修理料金、
メニュー、納期などについて詳しく
解説していきます。

カメラ専用のバッグやカメラが収納
できるタイプのリュックは頻繁に使用
している場合には故障する可能性が
あります。やはりカメラ関連の機材は
重量があるため、使用頻度が高い方
ほど注意が必要です。

一般の修理店舗にて断られたカメラ
ケースも専門店なら修理可能な場合が
あります。まずはこちらのページを
参照してみてください。

カメラバッグの修理メニューや参考料金

バッグの中でも特殊なタイプに分類される
カメラバッグ。実は色々な修理が可能です。
カメラバッグは形状が特殊なものが
多いため通常の修理店では断られる
ケースも多くなっています。そういった
場合にはバッグ修理専門店にて見積りを
依頼しましょう。

それでは当サイトの修理サンプルを
参考に修理を紹介していきます。

常に重い機材を持ち運んでいる場合に多い修理

やはり常に重い機材を背負っていると
色々な箇所に負担がかかります。
そういった場合には早め早めの修理
を心がけましょう。

ファスナーのトラブル

まずはファスナー関連のトラブルです。
カメラバッグは中仕切りが幾つかある
タイプが多くなっています。またカメラ
レンズとカメラ本体を別々に収納
できるものが多く、必然的にファスナーが
多くついているモデルが通常です。

頻繁に開け閉めするメインファスナー部
が閉まりにくくなってきたら、交換修理の
サインです。お仕事やカメラワークに支障
が出る前に早めに修理を依頼しましょう。

  • メインファスナー部交換修理 8000~12000円
  • サブファスナー交換 6000円~
  • スライダーのみ交換 3000~4000円

 

ショルダーベルト付け根の傷み補修

カメラバッグで次に多いのがショルダー
ベルト付け根部分の傷みや糸のほつれです。

10キロや20キロと重い機材を運んでいる方は
こちらの注意しましょう。特にショルダー
ベルトが傷んできた場合には、必ず早めに
修理してください。そのまま放置していると
重い機材を運んでいる時にベルトが完全に
外れてしまい、カメラを傷めてしまう
可能性があります。

  • ショルダーベルト付け根補修 6000~12000円
    *通常両側同時の修理

その他カメラバッグの修理やカスタムについて
のお問合わせは無料のメール見積りをご利用ください。

当サイトでは全ての修理に無料の再修理
保証をつけています。修理後3ヶ月以内の
不具合に関してはすべて無料にて再修理
致します。

 

バッグ修理見積もりはこちらからどうぞ!

2分で完了! 見積もりのみでもOK