ルイヴィトン(LOUIS VUITTON)の鞄や財布修理について、カバン修理専門店スレッドアンドニードルのリペア職人が解説していきます。全国郵送対応で、持込の場合は東京の駒込に店舗がございます。パスケース、キーケース、ポーチなどの小物の修理も可能です。 参考修理・料金 当店で依頼があった財布修理を中心に紹介していきます。財布やカバン以外にもタイヤが付いているキャリーバッグの修理も依頼が多いです。 クリーニング・染色 汚れがしみ込んでしまって取れない、長年使ってきて黒ずんでしまったなど、財布やバッグのクリーニングが可能です。気になる部分だけの部分染色や全体的な染色なども承ります。メンテナンスに一度ご相談ください。 財布クリーニング 4,000円~ バッグクリーニング 5,000円~ レザーバッグ染色 7,000円~ 財布のレザー染色(部分) 5,000円~ 持ち手の交換 持ち手(手元・ハンドル)部分の傷みや黒ずみが気になった場合は交換での修理が可能です。オリジナルと遜色のないヌメ革にて作製します。 ハンドル(手元)交換 15000~25000円 ファスナー交換 ★財布の場合 一度財布を分解してからファスナーを取り外し、新しいものを取り付けて修理します。ヴィトンオリジナルの引き手はほとんどの場合で移植可能で、修理後に違和感が残ることはほとんど無いので安心です。スライダー引手の作成も可能です。 ラウンドファスナー交換 12000~15000円 スライダー交換のみ 3000~5000円 インナーファスナー交換 1万~14000円 スライダー引き手作成 4000円 お財布のファスナー交換の場合には、写真のように一度分解してからの修理となります。 ラウンドファスナーとインナーファスナーを同時に交換しました。オリジナルファスナーの風合いを崩すことなく交換可能です。 ロゴ入りの引手も移植が可能です。 ★カバンの場合 ヴィトンは金属ファスナーが使われていることが多く、オリジナルと遜色ないものでの交換ができます。ファスナー本体が壊れていない場合はスライダーの交換のみで直るケースも多いです。 メインファスナー交換 11000円~ サブファスナー交換 7000円~ スライダー交換 4000~5000円 金具の交換 ショルダー付け根部分に付いている金具をナスカン、Dカンと呼びます。種類によって名称は違いますが同じ「カン」系のパーツです。オリジナルになるべく近いものでの交換になります。摩耗によってすり減っていき、最終的には折れてしまうこともあります。 Dカン、ナスカン交換 3000~5000円 根革の交換 カバンのショルダーベルト付け根部分を「根革」と呼びます。この部分のレザー交換が可能で、オリジナルに近いヌメ革にて交換します。片側が切れそうになっている場合、両方同時の修理をおすすめしています。 根革交換 1箇所 6000円~ コバの再塗装 手元の縁など塗装が剥がれてしまった場合再塗装にて対応できるので安心ください。マチが傷んだ場合レザーでの交換にて対応可能です。財布、バッグ共に対応しています。 コバの再塗装 8000円~ マチ交換 18000~25000円 ほつれの修理 ステッチがほつれてしまった場合にはリステッチにて対処できます。古い糸を取り除き、再度縫い直します。 リステッチ 3000~7000円 フラップ式の長財布はコーナー部のステッチ(糸)ほつれがとても多くなっています。コーナー部をリステッチしています。 内装の張替え ★財布の場合 ヴィトンのお財布には一部合皮が使用されているモデルも多く、保管状況によっては合皮部分が劣化してきます。劣化しないレザーや生地にて張り替えるのでより長く愛用することが可能です。内装、内張り、ライニングなどと呼んだりもします。 内装張り替え 14,000円~ 写真はカードケースですが、内装の張替えが可能です。ベトベトしている内装部のみキレイに張り替えます。 ★カバンの場合 合皮が加水分解によって劣化するためにベタベタしてきたり、ボロボロになってしまうことも多いです。使用する素材は合皮ではなく専用の生地となり、財布同様劣化することがないのでおすすめです。カバンの場合内袋と呼んだりもします。 内袋交換 25000円~ ショルダーベルトの交換・料金 修理となると総取り替えになるケースが多いです。同様のレザーにて職人が作成するので修理後に違和感が残ることはありません。長さについてもカスタムが可能です。 ショルダーベルト一式交換 18000円~ リュックの修理 ヴィトンのリュックでも修理可能です。下の写真のメッシュ生地交換は11,000円(税抜き)での修理となりました。修理箇所が微妙にずれるだけで手間が大きくなり、金額も変わってきてしまいます。 [caption id="attachment_5360" align="alignnone" width="225"] ヴィトンの背胴メッシュ生地修理[/caption] キャリーバッグ修理 キャリーバッグ・スーツケース等のタイヤの修理も可能です。下のリンクをご覧ください [blogcard url="https://threadandneedle.net/carrycase/"] 時計のベルト修理 バッグ以外でも修理可能なものもありますので、諦める前にご相談ください。 メーカーか修理専門店か メーカーに出すか、修理専門店に出すか悩むこともあるかもしれませんのでこちらを参考にどうぞ。 メーカー修理 ルイヴィトンカスタマーサービスでの修理をまず始めに検討するのがオススメですが、ヴィトンにかぎらずハイブランドのメーカー修理には利点と難点があると思います。 純正パーツで修理できる 修理料金は高額になる場合が多い 見積もりまでに通常1~2週間かかる 修理納期は長いので注意が必要(約6週間~) ルイ・ヴィトンリペアサービス [blogcard url="http://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/repair"] バッグ修理専門店 当サイトを含むバッグの修理専門店に修理を依頼する場合の良い点と悪い点は下記のリストになります。 純正パーツではなく似寄りのパーツでの修理になる 修理料金はメーカー修理よりもかなり安い 修理納期は約3週間と早い メーカー修理で断られた修理も対応可能な場合が多い パーツカスタムも対応が可能 修理をお急ぎではない場合はヴィトンカスタマーサービスとバッグ修理専門店両方で見積もりを取ることでより安く修理できる方を選ぶことができます。 当店の納期 当店での参考納期についてのご案内です。お急ぎでの修理依頼の場合などはまずはこちらを参照してみてください。納期は状態や混み具合によって大きく変動しますのであくまでも参考納期です。より具体的な納期や修理料金については無料のメール見積もりを下記よりご利用ください。 根革交換 3~4週間 ショルダーベルト交換 4~5週間 ファスナー交換 3~4週間 スライダー交換 2~3週間 ハンドル交換 4~5週間 レザー引き手作成(スライダー部) 2~3週間 バッグ金具の交換 3~4週間   見積りはこちら 写真がない場合修理金額等のご説明ができないことが多いので、できるだけ写真の添付をお願いします。 [blogcard url="https://threadandneedle.net/inquiry/"] 修理後3ヶ月以内の不具合に関しては無料にて再修理致しますので、安心してご利用ください。  ...