「 どの商品を購入したらいいのかわからない」 「並行輸入品と日本正規取り扱い品はどう違うの?」 コロニルのレザーケア商品を購入しようとしたときに、必ずと行っていいほど遭遇する疑問・不安。こちらのページにてしっかりと解決してから購入しましょう。購入後に後悔しないためにもまずはこちらのページからどうぞ。 レザーメンテナンス経験豊富なプロがコロニルの商品の購入方法・製品特徴・歴史などについて詳しく解説していきます! また今すぐ購入したいといった場合には下記のコロニル日本正規取扱店にてお買い求めください。 [blogcard url="https://colloniljapan.com/"] コロニル製品のシリーズと製品特徴 コロニルの商品シリーズと特徴について簡単に紹介します。各シリーズ、はたまは同じシリーズの中にも複数の保革や栄養成分配合のクリームや防水スプレー等があるので「商品数が多すぎて、どれを購入したほうがいいのかわからない!」となるかもしれません。 1909シリーズ 最上級レザーケア用品だけを集めたシリーズで、コロニルの中で一番知名度が高いシリーズです。1909シリーズはクラシックコレクションよりも品質にかなりこだわりを持っている為、大事なレザーバッグや高価だったレザー商品にぜひとも使用してもらいたいケア用品です。 ちなみに1909はコロニルの創業年の1909年を意味しています。 ■1909シリーズで一番のおすすめ商品 1909シュプリームクリームデラックス 2800円 シダーウッドオイル、ラノリンなどを配合する最高級栄養クリーム。全7色ある中でもカラーレス(無色)は汎用性が高くスムースレザーのバッグ、靴をはじめ財布や革ジャンなどにも使用できるので便利。一見値段が高いようにも見えますが、クラシックコレクションのクリームよりも内容量が多いため、実はそこまでコスパは悪くありません。 クラシックコレクション Collonil Classic クラッシクコレクションはコロニルの最も基本となるシリーズです。シンプルかつ高品質な製品が多く、1909シリーズとどう違うか等選択で迷った場合にはクラッシクコレクションから選択するのがいいでしょう。 商品数もシリーズの中で一番多く、様々なシチュエーションと素材に対応しています。特に特筆スべきは対応する素材の多さでしょう。スムースレザーは当然として、パテントレザー、スウェードまたはテキスタイル、爬虫類素材まで対応しています。 ■クラシックコレクションで一番オススメの商品 ユニクリーム スムースレザー専用の汚れ落とし。クリーム状になっていて柔らかにしっかりと汚れと靴墨を落とします。レザー自体を傷めることがなく、他社製品と比べても非常に完成度の髙いクリーナーとなっています。 オーガニックシリーズ コロニルのオーガニックシリーズは最小限の化学物質を使用した環境・革製品・人間に優しいプロダクトになっています。ヨーロッパで培われたコロニルだからこそ作り得たオーガニックシリーズは実に90%の内容物が自然由来成分となっています。1909やクラシックコレクションですでに豊富なラインナップがあるので見落としがちなシリーズですが、素材によっては非常に優秀なシリーズです。 ■オーガニックシリーズで一番のオススメ バンブーローション 50㎖ 900円 200㎖ 1800円 竹から抽出したエキスが革製品に潤いと栄養を与え、高い保湿効果を持続させます。レザーを感想から守るために有効な製品です。特にデリケートなスエードやヌバックのケアにオススメです。 どういったものに使用できるの? コロニル商品は実はいろいろなレザー製品に使用できる優れたメンテナンス用品です。他のレザーケアブランドと比べてもこれだけ汎用性が髙い用品や特徴のある商品は無いでしょう。 それではどういった素材や対象物に使用できるのかを見ていきましょう。コロニル商品すべてが下記の素材と対象物に使用できるわけではないので注意してください。詳しくは商品詳細からそれぞれの用途を調べてみてください。 ■対象商品 靴 スニーカー 財布 バッグ ソファー レザージャケット ■対象とする素材 スムースレザー(ツルッとした一般的な革) コンビレザー(スウェードやテキスタイルがあわさっている素材) スウェード ヌバック 爬虫類系レザー ムートン テキスタイル(一般的な布生地) キャンバス 合成皮革 エナメル素材 スタッフがオススメする購入方法 コロニルはどこで購入するのが一番いいのでしょうか。レザーメンテナンスのプロがオススメする購入方法について紹介します。 店頭だと相談できる! 実際に使用している店員さんから使用方法を教えてもらえるので、初めて使用する場合や違ったものを試してみたい場合などには来店での購入がオススメです。 まずはコロニル製品の取扱数が多い店舗を選んでみましょう。たくさん種類があればそのお店の店員さんも、違いについて色々勉強しなければなりません。種類が少なければ、あまり知らないまま販売しているかもしれません。 通販なら正規販売店! 正規通販店なら使い方等購入後のサポートもしてもらえるので特に安心です。大手通販サイトだと並行輸入品が届いてしまう可能性もあるかもしれませんね。 並行輸入品と正規品の違い アマゾンなどでも取扱いがあるコロニル製品。実は日本正規品と並行輸入品があるって知っていましたか?洋服などのブランド品同様に並行輸入品のほうが安価なので購入されたことがある方も多いかもしれません。 「内容物が同じなら、並行輸入品のほうがお得なのでは?」と考えてしまう方も多いはずです。そういった場合に悩まないためにも日本正規取り扱い品と並行輸入品を比較検討してみましょう。 並行輸入品は製品保証がつかない! 大手通販サイトなどにて販売されているコロニルの並行輸入品。多くは北米やヨーロッパからの輸入品となっています。輸入しているのは個人の販売者が多く、製品のアフターサービスは国内では受けられないので注意しましょう。 ですのでハイブランドや大切なレザー製品には正規品を使用するのいいでしょう。万が一の際に使用方法や対処方法について問い合わせができるのも安心な点です。 パッケージや製品規格が異なるかも? もう一点気をつける必要があるのが並行輸入品のパッケージや製品規格です。並行輸入品はある程度長く保管しているものもしばしあります。以前の商品パッケージのものを販売していたり、製品規格が古くなっているものもあるようです。 そういった細かい箇所も並行輸入の場合には統一されていない場合が多いので気をつけましょう。 コロニルの100年に渡る歴史について ”ベルリン品質”で世界的にも有名なコロニルはドイツ、ベルリンにて1909年にスタートしました。始まりはベルリンのKöpenicker Straßeの2つの小さな部屋からです。 靴クリーム製造と靴磨きによって始まったビジネスはすぐさま繁栄し始めたようです。創業者にあたる3人、Karl EsslenとSalzenbrodt兄弟は何回かの事業拡大の為の移転の後、第二次世界大戦後に西ドイツに事業を移転しました。 その後外国の支店も順調に増え、フランス、オーストリア、デンマークなどに支店を構えるようになりました。 今では世界の82カ国にて販売されているコロニルは現在でもその”オリジン”に忠実に製品をプロデュースしています。それ自体が高品質を意味することも多いmade in Germanyを守り続けているののもそのためでしょう。 コロニルの100年に渡る歴史はその製品に現れています。堅実でレザーにとっての最高の品質を意味するコロニルはこうして生まれたのでしょう。  ...

ランポファスナー(Lampo Zipper)を知っていますか?エルメスやモンクレールダウンなどに使用されているので見たことが有る方も多いかもしれませんね。 こちらのページではLampoファスナーについて詳しく解説していきます。「そもそもどういったファスナーなのか?」また「YKKファスナーとの違いは?」はたまた「どこで購入できるの?通販サイトは有るの?」など詳しめに紹介していきましょう! 実際にLampoファスナーを輸入販売している当サイトだからわかるマニアックな情報はこちらからどうぞ! ランポファスナーはどういったファスナーなの?その歴史・特徴 [caption id="attachment_4344" align="alignnone" width="270"] 美しい光沢のLampoファスナー[/caption] まずはLampoファスナーの歴史、特徴などについて見ていきましょう。 LampoファスナーはイタリアのGiovanni Lanfranchi S.p.A.(ジョヴァンニ・ランフランキ製造小売会社)のファスナーブランドです。1887年から実に130年に渡って製造小売業を営んでいる会社によって製造されています。 ランポファスナーは最高水準のOeko-Tex Standard 100(エコテックス認証)に合格していて、非常に環境に優しいファスナーとなっています。流石、環境にシビアなヨーロッパのブランドだけありますね。 ◯Lampo公式サイト [blogcard url="https://www.lampo.eu/en"] よく使用されているブランド エルメス HERMES アルマーニ ARMANI モンクレール Moncler ヘルノ Herno プラダ Prada ドルチェ&ガッバーナ Dolce&Gabbana   その美しい輝きから主にハイブランドに好まれる傾向があるようです。どれも一流ブランドが多く主にイタリアやフランス、また世界のハイブランドに採用されています。 すべての商品モデルに使用されているわけではなくシーズンや商品モデルによっては他メーカーのファスナーがついていることもあるので注意してください(例えばモンクレールなどはシーズンやモデルごとにいろいろなメーカーのファスナーを使用しています) 当サイトではLampoファスナーを使用したブランドバッグや洋服の修理も対応しています。エルメスやモンクレールが故障してしまったら、諦めずにお問い合わせください。 Lampoファスナーの偽物に注意! コピー品などのモンクレールやヘルノ、またグッチにはLampoファスナーの偽物がついていることがあります。これはスライダーにLampoマークがついているものの正規品ではなく偽物のLampoファスナーです。もちろん商品自体も偽物なので注意してください。 偽物のLampoファスナーは正規品に比べて耐久度が極端に低いので気をつけましょう。また修理やメンテナンスの際にもスライダーのみの交換では修理ができないケースが多いです。ファスナー一式の修理となります。 ファスナーとスライダーの購入方法・参考料金 既成品のファスナーとスライダーは当サイトにて直接購入が可能です(専用通販サイトは現在準備中)。スライダーのみの購入が可能なのは日本では当サイトのみとなってします。 Lampoファスナーの購入サイトは2019年現在BtoB(企業や会社向け)サイトしか日本には存在せず、とても不便な状態になっています。それでも必要といった方はぜひ当サイトから購入してみてください。当サイトではスライダー1個から販売しているので、ファスナーの修理やメンテナンスなどの需要にもお答えすることが可能です! 購入方法 下記お問い合わせフォームから「Lampo購入希望」と記入の上、ご注文詳細を記載ください。 [blogcard url="https://threadandneedle.net/inquiry"] 記載必要事項 サイズ(T3,T5,T8,T10) 色 長さ(10㎝刻み) ファスナー種類はSuper Lampoのみ  エンドの種類   ファスナー&スライダー参考価格 スライダー 1個 1000~2000円 ファスナー 1式 3000円~ *特殊なタイプは別途見積もり   注意事項(必ず確認してください) スライダーは1個から購入可能 ファスナーに関しては3本から購入可能 在庫がないものは本国から取り寄せとなるので納期が3週間以上かかる お支払い方法は振込もしくは着払い   その他疑問点などはお問い合わせフォームをご利用ください。  ...

「グローブトロッターのスーツケース車輪が故障した!」 「メーカー修理とカバン修理専門店での修理はどちらが安いの?」といった場合はこちらから。 グローブトロッターのスーツケースやキャリーバッグ修理について熟練の修理職人が詳しく解説します。 グローブトロッター(Globe Trotter)は1897年にイギリスにて創業した旅行かばんのブランドです。ウィンストン・チャーチルやエリザベス女王など多くの著名人に愛用されてきた歴史のあるブランドです。名前は地球(globe)を巡る(trot)という由来があります。ヴァルカンファイバーという紙を何層にも積み重ねて作られており、創業から現在まで変わらない手法で生産されています。当社の修理依頼の中で、高貴なスーツケースとしてRIMOWAと人気を二分する存在です。 [blogcard url="https://threadandneedle.net/suitcase/"] それでは早速グローブトロッターのカバン修理について詳しく見ていきましょう。 グローブトロッター メーカーでの修理 保証期間中に故障してしまった場合や、オリジナルパーツでの修理を求める方はメーカーにて一度修理見積りを依頼しましょう。 メーカーに修理を依頼する際は以下の点に留意しましょう。 ギャランティ―カードや領収書がないと修理を受付けない場合がある 自身でメーカーとのやり取りをしないといけない 見積もりや納期に長く時間がかかる 修理金額が高額になる場合が多い 状態によっては修理を断られること有り 2016 年 3 月 22 日以降に購入した国内正規購入品は10年保証、国外品だと2年保証が付きます。販売店舗にて取り扱っておりますので、ご購入になられた店舗にお問い合わせください。修理内容は下記の通りです。 ハンドルなどの糸ほつれ ロックの不調 トロリー(pu)ハンドルの不調(製造上の欠陥と認められるもの) グローブトロッター 公式ホームページ [blogcard url="https://jp.globe-trotter.com/"]   グローブトロッター 修理専門店での修理 オリジナルのパーツでの修理にはこだわらない、金額を抑えたい、早くなおしたいといった場合は修理専門店での修理を検討しましょう。 グローブトロッターを修理専門店に依頼をする場合は以下の点に留意しましょう。 ギャランティ―カードや領収書がなくても修理が可能 見積もりや納期はメーカー修理と比較すると迅速 修理金額はメーカー修理と比較すると安価な場合が多い メーカー修理で断られても見積もり可能 オリジナルのパーツでの修理は不可な場合が多い 修理後メーカーでの正規修理ができなくなる可能性がある それでは当サイトにて依頼の多いグローブトロッター修理について詳しく解説していきましょう。 キャスター(車輪)交換 汎用パーツでの交換になります。タイヤの摩耗や劣化は両方一緒に起こっていくものなので、1個だけ交換することはあまりありません。タイヤはベアリング付きタイヤをおすすめします。転がす際のガタゴトという音が軽減される為です。 キャスター交換 1箇所 8000円 / 2箇所 16000円 壊れる原因:スーツケースはたまにしか使わないという方も多いと思います。ずっと使わないでしまったままでいるとゴムは劣化してしまい、「2~3回しか使用していないのにもうダメになった」ということが起こります。後悔する前にゴムの劣化スプレーなどで定期的に拭いてあげましょう。中には10年ぐらい交換せずに使用していたお客様もいらっしゃいました。   [caption id="attachment_4840" align="alignnone" width="691"] タイヤ交換の際内装は1度剥がすので、若干跡が残ります。[/caption]   ロック交換 パーツは純正品での交換になりますが、交換するとロゴマークの刻印がなくなってしまいます。   [caption id="attachment_4274" align="alignnone" width="320"] タイヤの次に破損することが多い場所です。[/caption]   かぶせ側 1箇所 9000円~ 受け側  1箇所 12000円~ 小さいタイプのアタッシュケースやキャリーバッグのロック交換はパーツ取り寄せの関係で割高料金になってしまいます。 新型コロナウイルスの影響で、パーツの取り寄せがストップしてしまっております。ご迷惑をおかけし申し訳ありません。   ハンドル交換 元のハンドルよりは薄い革での作製となります。 [caption id="attachment_4842" align="alignnone" width="514"] トップとサイドに通常一つづつついているのがトップハンドルとサイドハンドルです。[/caption] 要お見積り   メンテナンス 2016年にオープンしたグローブトロッター銀座店では簡単な修理ならその場で行ってくれるクイックメンテナンス(1時間程度)が可能です。 [blogcard url="https://ginza.tokyu-plaza.com/shop/detail_537.html"]   注意:現在グローブトロッターを模倣して作られたスーツーケースが多く出回っています。修理の手間は同程度もしくはそれ以上になり、修理代は本体代以上だったり修理不可能な場合もあります。修理に来られたお客様で修理代を伝えると諦めて帰られる方が増えているので購入する際はよくお考え下さい。 より詳しい修理見積もりについては無料のメール見積もりをご利用ください。 当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご利用ください。 [action full_width='no' content_in_grid='yes' type='simple' icon='' icon_size=''...

「マックパックのショルダーベルトが切れそう」 「ファスナーがなかなか閉まらなくなってきた」 といった、マックパックのバッグ修理を検討されている場合、こちらのサイトを参考にしてください。熟練のカバン・財布修理職人がバッグ修理について解説いたします。 マックパック(macpac)はニュージーランドで1973年に創業したアウトドアブランドです。ニュージーランドの自然環境で育まれた頑丈さとシンプルさとを兼ね合わせたブランドになっています。 大型のフィールド用バッグから小さいポーチまでバッグのラインナップはとても多くなっています。それでは早速マックパックで依頼の多い修理についてみていきましょう。 マックパック メーカーでの修理 マックパックのバッグをオリジナルのパーツを使って修理を希望する場合はメーカー修理を検討しましょう。 メーカーに修理を依頼する際は以下の点に留意しましょう。 ギャランティ―カードや保証書、領収書がないと修理を受付てもらえない場合がある 見積もりや納期に長く時間がかかる 修理金額が高額になる場合が多い 状態によっては修理を断られることがあります 〇マックパック公式サイト [blogcard url="https://www.goldwin.co.jp/macpac/support/"] マックパック 修理専門店での修理 オリジナルのパーツでの修理にはこだわらない、早くなおしたいといった場合は修理専門店での修理を検討しましょう。 修理専門店に依頼をする場合は以下の点に留意しましょう。 ギャランティ―カードや領収書がなくても修理が可能 見積もりや納期はメーカー修理と比較すると迅速 修理金額はメーカー修理と比較すると安価な場合が多い メーカー修理で断られても見積もり可能 オリジナルのパーツでの修理は不可 マックパックのバッグ修理 マックパックで多いのはリュックサックの修理依頼です。ショルダーベルト、ファスナー、破れ補修など色々な修理が可能です。 バッグのプラスチックパーツの不具合の修理も承ります。オリジナルと遜色のない材料を使い、丁寧に補修するので安心です。特にファスナーのトラブルは早めに修理を依頼することをおススメします。 ショルダーベルト交換 12,000円~ ナイロン破れ補修 1箇所 4000~6000円 メインファスナー交換 1万~2万円 各種ホック交換 3000~7000円 バッグのクリーニング マックパックのリュックサックは専門店での定期的なバッグクリーニングがオススメ。 定期的なバッグクリーニングをすることでナイロンの汚れを落とし、更には汚れの定着を防ぐ効果があります。 バッグクリーニング 5000円〜 マックパックのバッグが壊れたもう使えないとあきらめる前にカバン修理のスレッド&ニードルに一度ご相談ください。その際はお気軽に無料のメール見積もりをご利用ください。 当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご依頼ください。 [action full_width='no' content_in_grid='yes' type='simple' icon='' icon_size='' icon_color='' custom_icon='' background_color='#2f74eb' border_color='' show_button='yes' button_text='無料で見積もり' button_link='https://threadandneedle.net/inquiry/' button_target='' button_text_color='#fafafa' button_hover_text_color='' button_background_color='orange' button_hover_background_color='red' button_border_color='orange' button_hover_border_color='']バッグ修理見積もりはこちらからどうぞ! 2分で完了! 見積もりのみでもOK [/action]...

「ヤーキのレザーバッグが汚れてきた」 「バッグのショルダー根元がはずれてしまったけれども、修理は可能なの?」といった場合はこちらから。 ヤーキのバッグ修理を検討されているなら、こちらのサイトを参考にしてください。熟練の修理職人がバッグ修理について解説いたします。 ヤーキ(YAHKI)は日本のレディースバッグブランドです。「年齢や職業にとらわれない、自由でおしゃれな女性たちに、より素敵なLIFEを送ってもらいたい」といった思いから生まれたブランドです。 ヤーキのバッグはショルダーバッグタイプが多くなっています。またサイズ感も小さめのバッグが主流です。 それでは早速ヤーキのバッグ修理について詳しく見ていきましょう。 保証期間中のヤーキのバッグ修理 保証期間中に故障してしまった場合にはメーカーにて一度修理見積もりを取るのがおすすめです。保証期間中の修理は無償にて対応が可能なケースも多くなっています。 ヤーキの修理は購入店にて依頼してください。通常店舗持ち込みでの修理になるので注意しましょう。 メーカーに修理を依頼する際は以下の点に留意しましょう。 ギャランティ―カードや領収書がないと修理を受付けない場合がある 見積もりや納期に長く時間がかかる 修理金額が高額になる場合が多い 状態によっては修理を断られること有り 購入店にて修理を断られてしまった場合などにはバッグ修理専門店での修理依頼がおすすめです。ブランドの修理経験が豊富な店舗に依頼するのがおすすめです。 ヤーキのバッグの専門店での修理 オリジナルのパーツでの修理にはこだわらない、早くなおしたいといった場合は修理専門店での修理を検討しましょう。 ヤーキのバックを修理専門店に依頼をする場合は以下の点に留意しましょう。 ギャランティ―カードや領収書がなくても修理が可能 見積もりや納期はメーカー修理と比較すると迅速 修理金額はメーカー修理と比較すると安価な場合が多い メーカー修理で断られても見積もり可能 オリジナルのパーツでの修理は不可 それでは当サイトにて依頼の多いバッグ修理について詳しく解説していきましょう。 ヤーキのショルダーバッグでおすすめの修理 小さくて可愛らしいバッグが多いヤーキ。長く愛用したいものですね。ショルダーバッグでオススメの修理を紹介します。 ショルダーベルトの両端にある根革は糸がほつれてしまったり、レザーが傷んだりすることがあります。そういった場合は再縫製や根革交換にて修理しましょう。 根革再縫製 3000円〜 根革交換 5000円〜 レザーバッグなどでおすすめのクリーニングと染色 ヤーキのレザーバックは専門店での定期的なバッグクリーニングがオススメ。 定期的なバッグクリーニングをすることでレザーの保湿をして、更には汚れの定着を防ぐ効果があります。また色が落ちてしまったレザーバッグは染色で蘇ります。 財布に関しても染色やクリーニングが可能です。色落ちや色擦れを起こしやすい革財布は得に気をつけてください。 バッグクリーニング 5000円〜 レザー染色 7000円~ 財布クリーニング 4000円 バッグの金具交換 バッグの金具はオリジナルに近いものにて交換修理ができます。色に関しても数種類から択べるので安心です。 ショルダーベルト金具交換 3000円〜 その他、ヤーキのバッグ修理は上記以外も対応いたします。その際はお気軽に無料のメール見積もりをご利用ください。 当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご依頼ください。 [action full_width='no' content_in_grid='yes' type='simple' icon='' icon_size='' icon_color='' custom_icon='' background_color='#2f74eb' border_color='' show_button='yes' button_text='無料で見積もり' button_link='https://threadandneedle.net/inquiry/' button_target='' button_text_color='#fafafa' button_hover_text_color='' button_background_color='orange' button_hover_background_color='red' button_border_color='orange' button_hover_border_color='']バッグ・財布修理見積もりはこちらからどうぞ! 2分で完了! 見積もりのみでもOK [/action]...