Shread and Needle

ヤックパックのバッグ修理について詳しく解説!

NY発YAKPAK(ヤックパック)のバッグ修理について

近年ストリートでじわじわと注目が集まり種類も
豊富に展開されているヤックパックのバッグ。

1989年ニューヨークのブルクッリンで誕生し
素材には通常のナイロンよりも強度のあるコー
デュラナイロンの生地を使用しています。
コスパ、クオリティーともにかなり優秀なバッグ
それがヤックパックです。

そんなヤックパックですが、長きに渡り使用して
いると不具合をおこしてしまう箇所があります。
修理、修復が必要になった場合の対処方法はこち
らのページを参照してみてください。

ヤックパックで多い修理と参考価格

バッグで依頼の多い修理について当サイトの
修理サンプルを参考に説明させていただきます。

ナイロン生地補強の修理やショルダーベルト補強

強度のあるコーデュラナイロンを採用している
バッグではありますが、あまりにも重い物を
入れすぎるとショルダーの根元の糸がほつれたり
ナイロンが裂けるなどの損傷が広がっていきます。

少しでも糸目が緩んでいたり、負担がかかり不
具合を起こしていましたら早めの対応がお薦めです。

症状が軽度な場合でしたらリステッチという修理
方法が可能です。リーズナブルな料金で納期も早く
お届けできますので気づいたときには専門の修理
屋へ相談しましょう。

またナイロンから損傷した場合にもご安心を。
当店では修理経験の豊富な職人がケースに応じて
ご相談も承っております。

  • リステッチ 2000円~
  • ミシン刺し 4000円~

 

メインファスナ―の不具合

ヤックパックのバッグは通常コイルファスナー
を使用しています。

長らく使用しているとファスナー本体の生地
部分からほつれてきたり、切れたりすること
があります。そういった際には部分補修、ファ
スナー交換が可能です。

その他にも引手のスライダーのみの不具合の
可能性もありますので、使っている際におかしいな
と思ったらまず確認を。

  • コイルファスナー交換 7000円~
  • スライダー交換 2700円~

 

修理の際にはオリジナルの色と遜色ないものにて
交換します。(一部特殊な仕様のものは別途見積もり)

プラスチックパーツ交換の修理

最近のバックで使用されているプラスチック
パーツはかなり強度の強い樹脂を使われている為
壊れにくくなっています。しかし強い衝撃や負荷が
掛かると破損の可能性があります。

そういった際には遜色のないプラスチックの
パーツで交換が出来ます。またカスタムでサイズの
変更や特殊な場合にも対応可能です

  • プラパーツ交換 3000~4000円
    *一部特殊なものについては別途見積もり

当サイトでは全ての修理に無料の再修理
保証をつけています。修理後3ヶ月以内の
不具合に関してはすべて無料にて再修理
致します。安心してご利用ください。

 

バッグ修理見積もりはこちらからどうぞ!

2分で完了! 見積もりのみでもOK