Shread and Needle

職人が解説するスクールバッグ修理案内

スクールバッグや学生バッグの修理に
ついて経験豊富なバッグ修理職人が詳しく
解説していきます。

ほぼ毎日といっても過言ではないくらい
タフに使用されることの多いスクール
バッグは壊れてしまうことがとても多い
バッグの一つです。

中学生や高校生だと学校指定のバッグの
場合もあり、新しく買いなおすととても
高くなってしまうこともあります。

そういった場合にはまずは修理の選択肢を
検討しましょう。ウェブ上では当サイトを
含め無料にて修理見積もりが可能なサイトが
多数あります。まずはそちらを利用して
簡易見積もりを取ることをお勧めしています。

スクールバッグ修理は高い?安い?

まずは一番気になる修理料金から
ご案内します。当サイトのスクールバッグ
修理依頼をもとに参考価格のご案内です。

ファスナー関連の修理

スクールバッグ修理の依頼ナンバー
ワンはファスナー関連の修理です。

ファスナーは開けたり閉めたりする
ことで、少しずつではありますが消耗・
摩耗していきます。

スクールバッグのほとんどのタイプ
で採用されているのはYKK製のコイル
ファスナーと呼ばれるタイプです。

ファスナーの修理の場合は通常ファスナー
を近いYKK製のものにて交換します。

  • メインファスナー交換 5000~7000円
  • サブファスナー交換 3000~5000円

 

PPテープや手元の修理

次に多い修理がPPテープと呼ばれる
部分の交換修理などです。

ショルダーベルトを取り付ける金具が
ついている部分の根元がPPテープです。

こちらのテープ部分は力がかかる部分
なので消耗も激しいです。特に常に10キロ
以上のものを入れて通学する学生の場合は
こちらの部分が故障する可能性が高いです。

必要に応じて交換しましょう。

  • PPテープ交換 2000~4000円

 

ショルダーベルトの補強

最近のスクールバッグは多機能なものも
多く3ウェイで使用できるものもあります。
そういったバッグはショルダーベルト部分
の故障に注意しましょう。

ショルダーベルトの上下付け根部分などが
壊れてしまった場合は通常補強等での
修理になる場合が多いです。

  • ショルダーベルト補修 3000~5000円

 

金属パーツやプラスチックパーツの交換

Dカンやナスカンと呼ばれるバッグ金具の
交換修理も可能です。

またプラスチックでできているプラバックル
なども消耗してきたら交換修理がおすすめです。

  • ナスカン交換 2000~3000円
  • Dカン交換 2000~3000円
  • プラバックル交換 2000~3000円

 

そのほか特殊な修理メンテナンス

スクールバッグは多目的に使用される
ことから、実に様々な修理依頼があります。

スクールバッグの底の部分の擦り切れや
破れの補修なども実は修理できます。

  • スクールバッグ底部補強修理 3000~5000円

ナイロン部分が切れたり、弱くなった場合は
通常ミシン刺しという方法で修理します。

  • ミシン刺し(ナイロン) 3000~5000円

そのほかのスクールバッグ修理についても
壊れてしまったらあきらめる前にまずは
お問い合わせください。

スクールバッグを急ぎで修理したい場合

部活動などで休日も使用していたり
すると、修理の時間があまりとれない
こともあります。

そういった場合はどうするのがいいのか
について解説していきます。

スクールバッグに関しては通常当日の
修理というのはなかなか困難で、一般的には
10日~2週間程度の修理日数がかかります。

お急ぎの場合には下記の手順に沿って修理
依頼することで、納品の日数をかなり早く
することができます。

  1. まずは簡易見積もりをメール等で
    依頼する。
  2. オリジナルのパーツが多少変更に
    なってもよいことを修理依頼業者に
    伝える。
  3. 簡易見積もりの範囲内であれば
    修理を即進行してもらう。

上記がスクールバッグをお急ぎにて
修理依頼する際の手順です。

当サイトでもお急ぎでの修理を承っています。
*繁忙期は除く
*特殊なスクールバッグに関しては対応不可

お急ぎの場合は通常弊社到着後3から5日ほどで
返却可能です。

そのほかスクールバッグ修理に関する
お悩みは無料のメール見積もりをご利用ください。

無料のバッグ修理見積もりはこちらからどうぞ!