Shread and Needle

ニナリッチ(Nina Ricci)のバッグ・財布修理について

ニナリッチの財布が色落ちしてきた!

愛用しているバッグのファスナーが閉まらない」といった場合はこちらから。

ニナリッチのバッグ・財布修理を検討されているなら、こちらのサイトを参考にしてください。熟練の職人がバッグ・財布修理について解説いたします。

ニナリッチ(Nina Ricci)は同名のデザイナーが立ち上げたフランスのラグジュアリーブランドです。

ニナリッチのバッグや財布を長く愛用していると気になるのが修理やメンテナンスです。自宅では出来ない専門店修理メンテナンスを紹介していきましょう。

ニナリッチの修理依頼方法

ニナリッチは2019年現在日本ではメーカーでのしっかりとしたアフターサービスが受けられないようです。修理に関してはバッグ修理専門店などにて依頼する形となります。

それでは当サイトにて多いニナリッチのバッグ・財布修理について詳しく解説していきましょう。

ニナリッチでおすすめのクリーニングと染色

ニナリッチで多いレザーバッグやお財布は定期的なクリーニングにてメンテナンスしましょう。

また毎日使用している財布は年一回のクリーニングをしましょう。クリーニングで落ちないレザーの変色などは染色やリカラーにてキレイにする事が可能です。

自宅では取ることの出来ない汚れやなどに関しても専門店に依頼するのがいいでしょう。

  • バッグクリーニング 4000円
  • レザー染色 7000円~

 

持ち手・ショルダーベルトの修理

特にバッグで気をつけたいのが持ち手の傷みや消耗です。持ちて部分が傷んでくると見た目が非常に悪いので早めの修理がおすすめです。

持ち手が切れてしまったり、傷んできたら持ち手交換にてキレイに修理することが可能です。

  • 持ち手交換 12,000円~
  • ショルダーベルト一式交換 12,000円~

 

財布・バッグのファスナー交換

ファスナーの不具合はブランドを問わず多い修理依頼の一つです。基本的にファスナーは使えば使うほどに摩耗していく消耗品と考えるのがいいでしょう。

ニナリッチの長財布などファスナー部が長いものについても故障が多いので気をつけてください。

ファスナーが故障してしまった場合にはファスナー交換にて修理を依頼してください。元のファスナーの色や形状に合わせて交換するので修理後にイメージが大きく変わることはありません。

またスライダーに付いている引手についてもほとんどのものでオリジナルのものを移植可能です。

  • ファスナー交換 11000~15000円
  • スライダー交換のみ 3000~5000円

 

その他、ニナリッチのバッグ・財布修理は上記以外も対応いたします。その際はお気軽に無料のメール見積もりをご利用ください。

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご依頼ください。

バッグ・財布修理見積もりはこちらからどうぞ!

2分で完了! 見積もりのみでもOK