Shread and Needle
ゲンテントート

専門店のgenten(ゲンテン)のバッグ・財布修理案内

genten(ゲンテン)のバッグについて

こちらのページでは経験豊富な修理職人がgentenのバッグ修理について詳しく説明していきます。

テレビCMでも度々見かけるgentenは株式会社クイーポから誕生した日本のブランドです。バッグや財布などの袋物だけではなくアクセサリーやインテリア雑貨などまで幅広く手掛け、新しいライフスタイルを提案し続けています。

環境を大切にすることをテーマに掲げているため、製品に天然素材を使用していることが特徴です。

中でもゲンテンのバッグは、本革で男女ともに愛されるシンプルで洗練されたデザインのものが主流となっております。流行に左右されず、確かな品質のメイドインジャパンのトートバッグやショルダーバッグは人気を集めています。

レザーバッグのお手入れ方法

革の良さを存分に活かしたゲンテンのバッグはブランドコンセプトでも謳っているように「長く愛着を持つ」ことのできるデザインが多くなっています。

レザーロゴ

使い込むほどにレザーの質感は深みを増していくのがゲンテンのいいところです。

またバッグを大切に使い続ける事でエイジングを楽しむことができます。エイジングすなわち経年変化は自分らしさがバッグの表情となる出るため、育て甲斐があります。自分らしい深みのあるバッグを育てるためには日々のお手入れを欠かさないようにしましょう。

ゲンテンの公式ホームページでもアフターケアの方法が紹介されていますので、そちらも是非参考にしてみてください。また、ゲンテンオンラインショップではケアグッズも販売されています。お手入れ初心者の方は、まずこちらを購入すると安心かもしれませんね。

レザーバッグの手入れの基本はブラッシングと乾拭きです。家から帰ってきたら毎日行いましょう。日々の汚れやほこりを落とすだけでバッグがかなり長持ちします。

そして、定期的にクリームでの汚れ落とし、油分&水分補給を行いましょう。革は私たちのお肌と一緒で保湿が大切です。バッグに使われている革によってクリームの相性やオイルメンテナンスの頻度が変わってきますので、不安な場合は購入した店舗にお尋ねください。

また、大きく傷がついてしまったり、穴があいてしまったりした場合は修理を検討しましょう。日々のお手入れでは直せないようなダメージがついてしまった場合は、そのまま使い続けるのではなく損傷が大きくならないうちにバッグの修理職人に依頼しましょう。

gentenバッグ・財布の修理例と参考修理料金

ゲンテンのバッグで多い修理依頼と弊社の参考修理料金についてご案内いたします。

購入店にて断られてしまったバッグなども対応が可能な場合がほとんどです。諦めずに見積もりを依頼しましょう。

ゲンテンのレザーリュック

存在感があるゲンテンのレザーリュック。決して安くはないので修理して長く愛用するのが正解

縫製が解けてしまった場合

・リステッチ(再縫製)2000円~

→持ち手やバッグの口元など、よく擦れる部分や力のかかりやすい部分は、糸がほつれてしまいがちです。

少しくらいならいいかなと思って使い続けていると、だんだん変形したり破れたりする場合があります。見つけたら早めに修理に出すことをお勧めします。

レザーの退色・色スレのメンテナンス

・部分染色 6000円~
*状態や修理箇所の大きさによります
・全体染色 9000円~

革に傷がついてしまったり、変な日焼けをしてしまったりした場合、染色によって緩和可能な場合があります。革の染色は多くのバッグを扱っているプロの職人にお願いすることを推奨します。

ファスナーの不具合や傷み

金属ファスナー部

バッグの色にマッチした色の金属ファスナーがついています。修理の際も同様のファスナーにて修理します。

・ファスナー交換 7000円~
・スライダー交換 3000円~

バッグ修理といえばファスナー交換です。ブランドを問わずファスナー関連のトラブルは多くなっています。

通常はファスナー全体の交換が一般的ですがスライダーのみの交換にて修理が可能なケースもあります。

バッグ内装の破れやほつれ

・内袋の張替え 15,000円~
*バッグのサイズによって変動します。

内袋が破れてしまった場合はこちらの修理になります。ゲンテンにて多いのが部分的に内装が破れてしまう故障です。そういった場合にも可能な限り内装全張替えの修理をおすすめしています。

ゲンテン内袋

内袋部分が破れてしまっています。

内袋に関してもオリジナルに近い素材にて交換可能です。

財布修理サンプル

ゲンテンの長財布

染色、ファスナー交換、内装張り替えなど専門店で出来る修理は色々とあります。

それではゲンテンの財布で依頼の多い修理についてみていきましょう。他店にて断られてしまった修理に関しても諦めずに一度見積もりを依頼しましょう。

◯ファスナー&スライダー交換

スライダー&ファスナー交換ビフォー

引き手部分がなくなっています。またファスナーを閉めても閉まらない状態。

スライダー&ファスナー交換アフター

スライダー交換後引手を取り付けています。またファスナー自体も張替え済

50789976_368918863897709_4495677113516425216_n

ファスナーの滑りが悪いといった場合にまず疑いたいのがファスナー&スライダーの不具合です。ブランドを問わず財布で一番依頼の多い修理となっています。

不具合が出た際の修理方法は2種類です。ファスナー一式の交換もしくはスライダーのみの交換です。どちらの修理方法でもオリジナルのイメージを損なうことなく修理することが可能ですのであんしてください。

  • ファスナー交換 8000~12000円
  • スライダー交換のみ 3000~5000円

 

ゲンテン修理でよくある質問

修理についてのよくある疑問や質問をまとめてみました。ゲンテンを修理に出す前に確認して後悔のないようにしましょう。

購入店にて断られてしまった修理も対応可能でしょうか?

他店や購入店にて断られてしまった修理も諦めずにご相談ください。バッグ修理専門店なら修理できる可能性があります。

職人さんから直接修理について説明を受けることは出来ますか?

はい、可能です。特殊な修理や、しっかりと修理説明を受けたい場合には、来店での修理をおすすめしています。職人が直接修理について説明可能です。

見積りのみの利用は可能でしょうか?

はい、可能です。メールにて修理箇所の写真をお送りください。簡易見積りが可能です。

当サイトでは郵送もしくは来店での修理を承っています。来店にてしっかりと修理説明を受けたい場合には下記のコラムを参照の上、店舗までご来店ください。

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご利用ください。

バッグ修理見積もりはこちらからどうぞ!

2分で完了! 見積もりのみでもOK

Tags: