Shread and Needle
フェリージのブリーフケース

職人が解説するフェリージ(Felisi)のバッグ修理案内

メンズに特に人気のあるフェリージ。こちらのページではバッグ修理職人がフェリージの修理について詳しめに紹介していきます。ブリーフケースが壊れて困っている方やフェリージのバッグを長く愛用したいかたなど参照してみてください。

フェリージ(FELISI)は北イタリア ボローニャ近郊のフェラーラで創業したブランドです。1973年とイタリアのブランドとしては若いブランドの一つですが、革製品のデザインとクオリティーの高さから人気のバッグブランドの一つとなっています。

フェリージのバッグが好きな方は同じく北イタリア発祥のイルビゾンテのバッグが好きな方も多いのではないでしょうか。どちらのブランドも長くメンテナンス次第で長く愛用することのできるバッグをプロデュースしています。

イルビゾンテのレザーバッグ修理実績多数!
「イルビのバッグが故障してしまった!」「ウォレットのボタンが硬いけど、どうにかならない?」といった場合にはこちらのページからどうぞ。イルビゾンテのバッグ修理について経験豊富な修理職人が解説していきます。イタリア フィレンツェで創業したイルビゾンテ(...

こちらのページでは人気のフェリージバッグの修理について経験豊富な修理職人が解説していきます。フェリージのバッグ修理で後悔しないためにもまずはこちらのページを参照してみてください。

フェリージバッグのメーカー保証について

決して安くはないフェリージのバッグ購入に関して、気になるのはその保証です。国内にて購入された正規品であれば通常使用下での不具合は6か月保証されます。しかしすべての不具合が保証の対象になるわけではないので注意が必要です。

また保証期間外でも有償でのメーカー修理が可能です。

◯メーカー修理公式サイト

リペアについて | Felisi(フェリージ)公式通販
ケア・メンテナンス | 伝統的かつ洗練されたデザイン、確かなクラフツマンシップに裏打ちされたバッグ&レザーブランド、フェリージ。ナイロン×レザーコンビに代表されるビジネスバッグなど、革新的なコレクションを発信しています。

フェリージのバッグでよくある修理

保証期間が過ぎているフェリージバッグや並行輸入品のバッグはバッグ修理専門店での修理を検討しましょう。またメーカー修理で断られた特殊な修理に関してもバッグ修理専門店なら殆どが対応可能です。

当サイトのバッグ修理例を参考にフェリージのバッグで依頼の多い修理内容を紹介していきます。

ショルダーベルト取付金具の故障トラブル

ショルダーベルト部分の金具の摩耗はフェリージでとても多い修理依頼となっております。

フェリージのDカン金具部

Dカンと呼ばれるショルダーベルトを取り付ける金具が壊れています。もちろん交換可能ですので安心ください。

フェリージの金具は真鍮色の渋い色味のものが多く、使っているうちに味が出てきます。交換の際にはオリジナルと遜色のないものにて交換が可能です。(全く同じではありません)

Dカン修理アフター

真鍮のDカン部分の修理アフターです。オリジナルのものに近いタイプにて交換。

ショルダーベルト部分についている金具は本体側のDカンとベルト側のナスカンとにわかれます。どちらも交換が可能ですので、ご安心ください。

  • Dカン交換 3000~4000円
  • Dカン&ナスカン交換 5000~6000円

 

レザーハンドルの傷みや色の黒ずみ

特にブリーフケースのハンドルで多い修理です。

レザーハンドル

フェリージレザーハンドル。黒ずんだ場合も交換がお勧め。

フェリージのハンドルはイタリアンレザーの上質な部分が使用されています。長く使用しているとこの手元の部分が傷んだり黒ずんだりしてくることがあります。

そういった場合にはやはり交換での修理をおすすめしています。手元もレザーですから当然染色も可能です。しかし手元部のレザーは常に人肌に触れる部分なので、染色をしてもあまり長くはもちません。ハンドル部分のレザー一式を交換することでそういったトラブルを避けることができます。

  • ブリーフケースハンドル交換(両側)12000~14000円

 

ファスナー関連の故障や不具合

バッグやブリーフケース定番の修理といえばファスナー周りです。ファスナー交換はブリーフケースではメイン収納部の故障が多くなっています。

 

ファスナー交換

フェリージのメインファスナー部分。スライダーの引き手に関しては移植が可能です。

ファスナーテープの破れ

テープ部が切れてしまっています。交換での修理となります。

ファスナー修理アフター

修理アフター。同様の色にてファスナー一式を交換。違和感はほとんど残りません。

フェリージに関してもブリーフケースのメインファスナーなどは壊れる可能性がとても高い部分となっています。もちろんオリジナルとほとんど遜色のないファスナーとスライダーにて交換可能です。

スライダーの不調

スライダーが消耗してくると写真のような状態になります。こうなったらスライダー交換等にて修理してください。

スライダー修理アフター

修理アフターです。しっかりと閉まるようになります。

 

またスライダーの引手の部分(持って引っ張る部分)はほとんどのケースでオリジナルのものを移植できるので、ご安心ください。

レザー引き手部

スライダーの引き手部分。この部分が壊れた場合も作成修理が可能。

  • スライダーのみの交換 3000~4000円
  • メインファスナー交換 9000円~
  • サブファスナー交換 7000円~
  • レザー引手の作成 4000~5000円

 

ナイロンバッグ修理で多い修理依頼

フェリージの定番ラインのレザー×ナイロンのブリーフケースはどういった修理やメンテンナンスが多いのでしょうか?

ナイロンバッグ

ナイロンタイプはバッグクリーニングがお勧め。

断られることも多いナイロンバッグも実は色々な修理が可能です。フェリージのナイロンバッグで多い修理は生地の破れでの修理とバッグクリーニングです。

ナイロンの生地部分が破れてしまった場合でも補強での修理が可能です。裏から生地を補強して細かくステッチを入れるミシン刺しと呼ばれる方法にて修理します。多少見た目が変更になりますが、しっかりと強度を出すことができます。

またナイロンバッグの生地部分が汚れてきたらバッグクリーニングがお薦めです。

  • ナイロン生地の補強修理 4,000~11,000円
  • ナイロンバッグクリーニング 4,000~5,000円

 

意外と知らないフェェリージの財布修理

意外と情報の少ないフェリージの革財布の修理についてです。上質なイタリアンレザーを使用したフェリージの財布はとても長く愛用できるレザーグッツの一つです。

そんなお財布ですが長く使用していると部分的にメンテナンスが必要になることがあります。そういった場合は下記のお財布料金一覧を参照の上修理を検討してみてください。

  • 革財布クリーニング&全体染色 8000~14000円
  • スライダー交換 3000~4000円
  • ラウンドファスナー交換 8000~1万円
  • インナーファスナー交換 8000~1万円
  • リステッチ(再縫製) 3000円~

 

フェリージのお財布は実は色々とメンテナンスすることができます。長く愛用したい!といった場合は定期的なメンテナンスを専門店に依頼しましょう。そのほか特殊な修理に関してもまずは無料のメール見積もりをご利用ください。

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご利用ください。

バッグ修理見積もりはこちらからどうぞ!

2分で完了! 見積もりのみでもOK