Shread and Needle

「スキューバダイビング用のバッグのキャスターが壊れた」 「スキューバダイビング用のバッグの持ち手とベルトがボロボロに!」 スキューバダイビング用のバッグの修理を検討されているなら、こちらのサイトを参考にしてください。熟練のカバン修理職人がスキューバダイビング用のバッグ修理について解説いたします。 スキューバダイビングバッグ(scuba diving bag)は着替え等の他季節や、場所によって携行する装備は様々ですが、グローブ・保護スーツ・スノーケルマスク・フィン・ウエイトベルト・レギュレーター・ブーツ・シューズ・カメラなど重量のある荷物が多くなってしまいます。これらの装備を運ぶバッグは、タフな作りのものが多くなっています。しかし、長く愛用しているうちに塩害で金属パーツが錆びたり、キャスターが動かなくなったり、バッグ自体が破れてきたりと、トラブルも多くなってきます。 スユーバダイビングバッグ メーカーでの修理 スキューバダイビングバッグをオリジナルのパーツを使って修理を希望する場合はメーカー修理を検討しましょう。 メーカーに修理を依頼する際は以下の点に留意して、購入店に相談してみましょう。 ギャランティ―カードや領収書がないと修理を受付けない場合がある 見積もりや納期に長く時間がかかる 修理金額が高額になる場合が多い 状態によっては修理を断られること有り   スキューバダイビングバッグ 修理専門店での修理 オリジナルのパーツでの修理にはこだわらない、早くなおしたいといった場合は修理専門店での修理を検討しましょう。 修理専門店に依頼をする場合は以下の点に留意しましょう。 ギャランティ―カードや領収書がなくても修理が可能 見積もりや納期はメーカー修理と比較すると迅速 修理金額はメーカー修理と比較すると安価な場合が多い メーカー修理で断られても見積もり可能 オリジナルのパーツでの修理は不可   それでは当サイトにも電話やメールでのお問い合わせや、修理のご依頼の増えてきているスキューバダイビング用のバッグ修理について解説していきます!   スキューバダイビング用バッグのキャスター交換 スキューバダイビング用のバッグについている車輪、タイヤ部分をキャスターといいます。この部分は殆どのケースで交換修理が可能です。2輪タイプのものと4輪タイプのものでキャスターの構造が異なります。どちらのタイプにも対応しているので安心です。他にもPUハンドル、トップハンドル、ロックの修理も承っております。 2輪キャスター交換 1箇所 3000円~ 4輪キャスター交換 1箇所 5000円~ タイヤの土台部分からの交換 1箇所 7000円~   生地の破れ補修 スキューバダイビング用のバッグの生地の破れや、縫製のほつれは修理が可能です。岩などの尖ったものに引掛けてしまったり、使い込んでいるうちに破れてしまい、もう使えないと思ったスキューバダイビング用のバッグも修理を検討してみましょう。 リステッチ 3000~8000円 ナイロン生地補強 4000~15000円   ショルダーベルトの修理 スキューバダイビング用のバッグや、メッシュバッグ、防水バッグなどにも使われるショルダーベルトの根元の縫製がほつれた場合は再縫製修理が可能です。 それぞれの痛み度合いに合わせた修理が可能ですので、もう使えないとあきらめる前に修理を検討しましょう。 ショルダーベルト一式交換 8000円~   ファスナー・スライダーの交換修理 スキューバダイビング用のバッグに使われているファスナーは内側も外側も使い続けているうちに壊れてくることがあります。特に海水などの塩害で錆びてしまいファスナーが閉まらない、スライダーが動かないといった場合交換修理が可能です。オリジナルと遜色のないパーツを使用しての交換修理になりますので、安心です。 ファスナー交換 7,000円~ スライダー交換 3,000~5,000円   金具・ホックの交換 スキューバダイビング用のバッグに使われている金具類は可能な限りオリジナルに近いものと交換します。長く使用していると金具も塩害で錆びたり、摩耗してきます。 また。閉まらなくなったなど不具合の出やすいホックの交換も可能です。金具の他、プラスティックパーツの交換修理も可能です。不具合が出て来たら交換を検討しましょう。 各種金具交換  3000~8000円 各種ホック交換 3000~7000円   その他、スキューバダイビング用のバッグ修理は上記以外も対応いたします。壊れてもう使えないとあきらめる前にカバン修理のスレッド&ニードルに一度ご相談ください。その際はお気軽に無料のメール見積もりをご利用ください。 当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご依頼ください。 [action full_width='no' content_in_grid='yes' type='simple' icon='' icon_size='' icon_color='' custom_icon='' background_color='#2f74eb' border_color='' show_button='yes' button_text='無料で見積もり' button_link='http://threadandneedle.net/inquiry/' button_target='' button_text_color='#fafafa' button_hover_text_color='' button_background_color='orange' button_hover_background_color='red' button_border_color='orange' button_hover_border_color='']バッグ修理見積もりはこちらからどうぞ! 2分で完了! 見積もりのみでもOK [/action]...

[caption id="attachment_2781" align="alignnone" width="223"] こうなってしまったら早めに修理するのが得策。そのままにしていると、更に破れが広がっていきます。[/caption] [caption id="attachment_2782" align="alignnone" width="223"] 破れの修理アフター写真です。しっかりと強度を出して補強するので安心です。[/caption] ナイロンバッグやリュックの破れ修理でお困りならこちらのページを参照して見てください。経験豊富な修理職人が詳しく解説していきます。 実はナイロンバッグはレザーバッグと異なりしっかりと修理してくれる店舗が少ないのが現状です。 理由として、レザーは修理方法や部材がある程度整っており、修理職人も経験が豊富な場合が多いですが、ナイロンバッグは修理自体が困難な場合が多く経験豊富な職人が少ないことが挙げられます。 そんなナイロンバッグですが、実はいろいろな修理が可能です。こちらのページではナイロンが破れてしまった場合の修理方法・参考料金などを中心に紹介していきます。 破れてしまったナイロンバッグの修理方法 最近のナイロンバッグはナイロン自体の強度が強くなっているため、滅多なことでは破れたりしません。しかし長く愛用していたり、タフに使用している場合などにはもちろん故障してしまうこともあります。 ◯故障に至る原因ナンバー3 製品自体の初期不良 長く使用したことによる破れ 大きく力がかかってしまった事による破れ   おもに上記3点の理由による修理依頼が当サイトの80%以上となります。破れてしまった場合には諦めずにまずは修理を検討しましょう。 ナイロンを張り替えてしまう場合 一つ目の修理方法はナイロン自体を張替えてしまう場合です。大きく張替える場合と部分的に張替える方法の2通りあります。 大きく張り替える場合はリュックの底面など傷み易い箇所が多いです。似寄りのナイロンを探してから張替えるので、修理後に違和感が残ることはほとんどありません。 次に部分的に張り替える場合です。主にショルダーベルトの付け根部分の補修など、力がかかりやすい部分の補修が多くなっています。 どちらの場合でも修理が可能です。 ミシン刺しにて強度を出して補修する場合 破れてしまった場合の2つ目の修理方法はミシン刺しと呼ばれる修理方法です。洋服の破れなどにも使用される修理方法となります。 破れてしまった部分の裏側にあて布をしてステッチを細かく入れて補修します。強度を出したい場合などに使用する修理方法です。 ステッチが細かく入るため、見た目が多少なりとも変更になります。また防水加工のものなどは防水性がある程度落ちるので注意しましょう。 ナイロンバッグ破れの参考修理料金 一番気になるナイロンバッグ破れ補修の修理料金です。当サイトの修理を参照に紹介します。 ショルダー付け根部分補修 6000~8000円 リュック底ナイロン張替え 10000~14000円 ミシン刺し 4000円~ *破れの大きさによって変動   その他ナイロンバッグの故障でお困りの場合にはまずはメールの見積りにてお問い合わせください。 当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。 [action full_width='no' content_in_grid='yes' type='simple' icon='' icon_size='' icon_color='' custom_icon='' background_color='#2f74eb' border_color='' show_button='yes' button_text='無料で見積もり' button_link='http://threadandneedle.net/inquiry/' button_target='' button_text_color='#fafafa' button_hover_text_color='' button_background_color='orange' button_hover_background_color='red' button_border_color='orange' button_hover_border_color='']バッグ修理見積もりはこちらからどうぞ! 2分で完了! 見積もりのみでもOK [/action]  ...

カメラ収納バッグの故障やトラブルなら こちらのページを参照してみてください。 バッグ修理経験豊富な職人が修理料金、 メニュー、納期などについて詳しく 解説していきます。 カメラ専用のバッグやカメラが収納 できるタイプのリュックは頻繁に使用 している場合には故障する可能性が あります。やはりカメラ関連の機材は 重量があるため、使用頻度が高い方 ほど注意が必要です。 一般の修理店舗にて断られたカメラ ケースも専門店なら修理可能な場合が あります。まずはこちらのページを 参照してみてください。 カメラバッグの修理メニューや参考料金 バッグの中でも特殊なタイプに分類される カメラバッグ。実は色々な修理が可能です。 カメラバッグは形状が特殊なものが 多いため通常の修理店では断られる ケースも多くなっています。そういった 場合にはバッグ修理専門店にて見積りを 依頼しましょう。 それでは当サイトの修理サンプルを 参考に修理を紹介していきます。 常に重い機材を持ち運んでいる場合に多い修理 やはり常に重い機材を背負っていると 色々な箇所に負担がかかります。 そういった場合には早め早めの修理 を心がけましょう。 ファスナーのトラブル まずはファスナー関連のトラブルです。 カメラバッグは中仕切りが幾つかある タイプが多くなっています。またカメラ レンズとカメラ本体を別々に収納 できるものが多く、必然的にファスナーが 多くついているモデルが通常です。 頻繁に開け閉めするメインファスナー部 が閉まりにくくなってきたら、交換修理の サインです。お仕事やカメラワークに支障 が出る前に早めに修理を依頼しましょう。 メインファスナー部交換修理 8000~12000円 サブファスナー交換 6000円~ スライダーのみ交換 3000~4000円   ショルダーベルト付け根の傷み補修 カメラバッグで次に多いのがショルダー ベルト付け根部分の傷みや糸のほつれです。 10キロや20キロと重い機材を運んでいる方は こちらの注意しましょう。特にショルダー ベルトが傷んできた場合には、必ず早めに 修理してください。そのまま放置していると 重い機材を運んでいる時にベルトが完全に 外れてしまい、カメラを傷めてしまう 可能性があります。 ショルダーベルト付け根補修 6000~12000円 *通常両側同時の修理 その他カメラバッグの修理やカスタムについて のお問合わせは無料のメール見積りをご利用ください。 当サイトでは全ての修理に無料の再修理 保証をつけています。修理後3ヶ月以内の 不具合に関してはすべて無料にて再修理 致します。   [action full_width='no' content_in_grid='yes' type='simple' icon='' icon_size='' icon_color='' custom_icon='' background_color='#2f74eb' border_color='' show_button='yes' button_text='無料で見積もり' button_link='http://threadandneedle.net/inquiry/' button_target='' button_text_color='#fafafa' button_hover_text_color='' button_background_color='orange' button_hover_background_color='red' button_border_color='orange' button_hover_border_color='']バッグ修理見積もりはこちらからどうぞ! 2分で完了! 見積もりのみでもOK [/action] [vc_row row_type="row" use_row_as_full_screen_section="no" type="full_width" angled_section="no" text_align="left" background_image_as_pattern="without_pattern" css_animation=""][vc_column][message type="with_icon" icon="fa-arrow-right" icon_size="fa-lg" icon_color="#ffffff" background_color="#249ee5" close_button_color="#ffffff"] バッグ修理工房トップページヘ[/message][/vc_column][/vc_row]...

イルビゾンテ(IL BISONTE)のショルダーバッグの修理について 上質なイタリアンレザーを使い、メンズ、レディ ース共に幅広い層に支持のあるイルビンゾンテの バッグ。今回はその中でもショルダーバッグに 注目をして修理内容をご紹介させていただきます。 オリジナルパーツでの交換をご希望の場合は メーカーにて修理を依頼しましょう。納期、金額 等は通常よりも少々かかりますが、メーカーでの 修理ならオリジナルのパーツで修理可能です。 その他特にオリジナルのパーツにこだわらない 場合に関しては下記を参照の上バッグ修理 専門店に修理依頼しましょう。 イルビゾンテのショルダーバッグで多い修理 それでは当サイトの修理サンプルを参照に イルビゾンテで依頼の多い修理について案 内していきます。 ボタンフラップ(カシメ)の不具合や根革が千切れた場合には ショルダーバッグで一番多い修理がボタン フラップの金具の交換と根革の交換です。 重量の負荷が一番かかりやすく、金具が磨耗で 取れてしまったり損傷することが多々あります。 また根革の場合も同様に糸がほつれたり、ちぎ れてしまう事があります。そういった場合には 同色の金具や革で交換が出来ますのでご相談く ださい。 ボタンフラップ(カシメ)交換 2000円~ 根革交換 4000~6000円   持ち手(丸手、平手)のコーティング補強から持ち手作り直しまで イルビゾンテのレザーはかなり強度のある革を 使っていますが、長らく使用しているとコバ(際)の 樹脂コーティングが剥離したり、持ち手の革が ちぎれたりひび割れを起こします。 その際にはコーティングの塗り直りや持ち手の 交換が出来ます。いずれの修理もオリジナルの デザインに可能な限り遜色のない形で復元修理 します。 手元コバコーティング 6000円~ 持ち手作成 16000円~   パイピングの損傷と糸のほつれについて パイピング修理は主には二種類あります。革もし くは生地の補強の為に外側に革を巻いてステッ チを出す補修と内装の内袋の方でステッチをま とめて玉縁だけが外側に見えているタイプの二 種類です。どちらも部分的な補修と全体の交換 が出来ますので修理の際には早めの対処をお勧 めしています。 パイピング部分補修  5000円~ パイピング全体補修  12000円~ リステッチ      2500円~   内装の生地の汚れや破れには イルビゾンテのバッグは上質な革のみで作られ ているバッグと内装に生地を使用しているもの があります。 しかし床面のみの内装には汚れなどが付着した 際には汚れが目立ってしまうことがあります。 そんな時はクリーニングをお勧めしています。 また早めに処理をした方が症状を緩和出来ますので 気づいた時には鞄専門店に相談してみましょう。 内装に内袋があるものに関しては生地が裂けたり 汚れたりすることが多々あります。そういった場 合にも似寄りの生地で交換出来ますのでこちらも ご確認ください。 バッグクリーニング 4000円~ 内袋交換 12000円~ いかがでしたでしょうか。今回紹介した対処法 以外にもイルビゾンテのショルダーバッグ修理 方法には色々な種類があります。 少しでも気になる箇所がありましたら 無料の簡易見積もりをご利用ください。 当サイトでは全ての修理に無料の再修理 保証をつけています。修理後3ヶ月以内の 不具合に関してはすべて無料にて再修理 致します。安心してご利用ください。   [action full_width='no' content_in_grid='yes' type='simple' icon='' icon_size='' icon_color='' custom_icon='' background_color='#2f74eb' border_color='' show_button='yes' button_text='無料で見積もり' button_link='http://threadandneedle.net/inquiry/' button_target='' button_text_color='#fafafa' button_hover_text_color='' button_background_color='orange' button_hover_background_color='red' button_border_color='orange' button_hover_border_color='']バッグ修理見積もりはこちらからどうぞ! 2分で完了! 見積もりのみでもOK [/action]   [vc_row row_type="row" use_row_as_full_screen_section="no" type="full_width" angled_section="no" text_align="left" background_image_as_pattern="without_pattern" css_animation=""][vc_column][message type="with_icon" icon="fa-arrow-right" icon_size="fa-lg" icon_color="#ffffff" background_color="#249ee5" close_button_color="#ffffff"] バッグ修理工房トップページヘ[/message][/vc_column][/vc_row]...

修理職人が案内するポーターキャリーバッグ修理 2輪タイプのローラーボストンバッグをはじ めいろいろなタイプがあるポーターのトリッ プライン。修理に関してお困りならこちらの ページを参照ください。 スーツケースやキャリーバッグの修理は依頼 できる店舗が少なくなっています。また依頼 する際にも経験豊富な修理店に依頼する必要 があります。 こちらのページでは経験豊富な修理職人がポー ターのキャリーバッグ修理について詳しく解 説していきます。 またポーター以外のキャリーバッグ修理に ついては下記リンクのまとめ記事を参照 してみてください。 [vc_row row_type="row" use_row_as_full_screen_section="no" type="full_width" angled_section="no" text_align="left" background_image_as_pattern="without_pattern" css_animation=""][vc_column][message type="with_icon" icon="fa-arrow-right" icon_size="fa-lg" icon_color="#ffffff" background_color="#249ee5" close_button_color="#ffffff"] 【保存版】キャリーバッグの修理について|料金・納期・注意点[/message][/vc_column][/vc_row] 車輪が壊れてしまった場合の対処方法 それでは修理依頼が一番多いポーターのキャスター (車輪)部分の修理について紹介していきます。 ポーターのキャリーバッグには2輪タイプと 4輪タイプがあります。どちらのタイプも 修理可能ですが修理方法と料金が異ります。 キャスター4輪タイプ キャリーバッグやスーツケースの4輪タイプは 40mm前後のやや小さめのキャスターがつい ています。修理の際には摩耗しているキャスタ ー(車輪)のみの交換になります。 1ヶ所のみが摩耗している場合でも、2ヶ所 もしくは4ヶ所同時の修理をおすすめしています。 1ヶ所のみ修理しても旅行中にその他のキャス ター部が故障してしまうことがありえます。 キャスター交換(4輪タイプ)1ヶ所 3000円 キャスター交換 2ヶ所 6000円 キャスター交換 4ヶ所 8000円   キャスター2輪タイプ 2輪タイプのキャスターに関しても交換が 可能です。オリジナルに近いタイプのキャ スターにて交換します。 キャスター部分にポーターのロゴが 入らないタイプなので注意しましょう。 キャスター交換(2輪タイプ)1ヶ所 5000~6000円 キャスター交換 2ヶ所 8000~1万円 静音性のベアリング付きキャスターで交換 するので使用の際にもストレスフリーとなっています。 意外と多いプラスチックバックルの破損 ポーターのキャリーバッグは機能性が高く いろいろなプラスチックバックルがついています。 サイズ調整やオプションバッグ取付のプラスチック バックルは破損することがあります。そういった 場合は交換での修理がお薦めです。デザイン等を それほど変えることなく修理可能です。 プラスチックバックル交換 4000~5000円   スライダーやファスナー故障でのトラブル スライダーやファスナーが壊れてしまった場合の 修理方法です。 まずスライダーのみが壊れてしまった場合には 交換が可能です。(一部特殊なものをのぞく) ローラーボストンバッグなどはファスナーが たくさんついているので、まめにチェックしま しょう。 ファスナーが壊れてしまった場合は交換が可能な 場合と修理不可になる場合があります。こちら ファスナー交換の詳細については故障箇所をメ ール等にて添付下さい。 スライダー交換 3000~5000円 サブファスナー交換 8000円~ メインファスナー交換 2万円~   キャリーバッグ以外のポーター商品の修理について タンカーなどの通常のポーターバッグも もちろん修理承り中です。通常のバッグ 修理に関しては下記リンクを参照ください。 ポーターバッグとお財布の修理案内 当サイトでは全ての修理に無料の再修理 保証をつけています。修理後3ヶ月以内の 不具合に関してはすべて無料にて再修理 致します。安心してご利用ください。   [action full_width='no' content_in_grid='yes' type='simple' icon='' icon_size='' icon_color='' custom_icon='' background_color='#2f74eb' border_color='' show_button='yes' button_text='無料で見積もり' button_link='http://threadandneedle.net/inquiry/' button_target='' button_text_color='#fafafa' button_hover_text_color='' button_background_color='orange' button_hover_background_color='red' button_border_color='orange' button_hover_border_color='']バッグ修理見積もりはこちらからどうぞ! 2分で完了! 見積もりのみでもOK [/action]   [vc_row row_type="row" use_row_as_full_screen_section="no"...