Shread and Needle

アンテプリマのバッグの修理について職人が解説!

アンテプリマのバッグの持ち手がほつれてきたから修理したい

アンテプリマの財布のファスナーが壊れた!

アンテプリマのバッグの修理でお困りならこちらのページをご参照ください。修理経験豊富なカバン修理職人がアンテプリマのバッグの修理について詳しく解説していきます。

アンテプリマ(Anteprima)は、1993年、クリエイティブディレクター荻野いづみを中心にバッグを中心としたブランド、「アンテプリマ」スタートさせました。現在は東京を拠点に、シンプルで洗練されたコレクションをミラノで発表するワールドワイドなブランドへ発展。

アンテプリマはイタリア語で「デビュー前」を意味し、女性にとってデビューに年齢は関係がないという想いが込められています。

アンテプリマのバッグ メーカーの修理

アンテプリマのバッグが壊れたら、購入店、又はカスタマーセンターに問い合わせてみましょう。一般的にメーカー修理の場合見積もりや納期に時間がかかり、修理金額も高額になる傾向にありますので注意が必要です。

アンテプリマのバッグ 修理専門店の修理

メーカーで修理を断られた、近くに直営店がない、早く修理して使いたいといった場合、修理専門店での修理を検討しましょう。

メーカー修理と比較すると、見積もりも納期も早く、修理金額も安価に収まることが多いようです。カバン修理のスレッド&ニードルはブランドのバッグ専門の修理職人が修理をしますので安心です。

ワイヤーバッグの修理

人気のアンテプリマのワイヤーを使ったバッグは使い続けていると、ワイヤーがほつれてくることがあります。また持ち手も傷んできます。ほつれてきたのにそのまま使い続けてしまうと、ますます広がってしまいますので早めの修理を検討しましょう。

ファスナーの修理

アンテプリマのバッグ、お財布などに使われているファスナーの修理依頼が多くなっています。

使い続けているうちに、ファスナーが閉まらなくなった!スライダーが動かなくなった、引手が取れてしまったというようなトラブルが多いようです。その場合、オリジナルと遜色のない素材を使っての交換修理が可能です。

動かなくなったスライダーを無理に動かすと、バッグ、財布の本体を壊してしまう事にもなりますので無理に動かさず早めの修理依頼をおすすめしています。

  • メインファスナー交換 9,000~15,000円
  • スライダー交換 3,000~5,000円

 

ショルダーベルト・バックル・ホック等の修理

アンテプリマのバッグや財布のホックが閉まらない、バックルが壊れたなど、金属パーツが壊れてしまった場合は交換修理が可能です。

また、ショルダーベルトや持ち手がちぎれてしまった、根元から取れてしまった場合は縫製修理をいたします。

  • ホック交換(財布)3,000~5,000円
  • バックル交換 3,000~5,000円

 

アンテプリマのバッグが壊れてもう使えないとあきらめる前に、カバン修理のスレッド&ニードルに見積の依頼をしてみませんか?

カバン修理のスレッド&ニードルでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご依頼ください。

バッグ修理見積もりはこちらからどうぞ!

2分で完了! 見積もりのみでもOK