Shread and Needle

アニアリ(aniary)のバッグ修理でお困りなら!|修理方法・料金紹介

アニアリのバッグ修理について

アニアリのバッグ修理について修理職人が詳しく解説していきます。日本製バッグの中でも特に男性い人気のあるアニアリ(aniary)はどういった修理が可能なのでしょうか?

アニアリスライダー引き手

アニアリのスライダー引き手はとても特徴的な形をしています。バッグによっていろいろなタイプがあります。

アニアリの修理依頼方法は大きく分けて2通りあります。メーカーでの修理もしくは一般のバッグ修理専門店での修理です。

アニアリのバッグは良質なレザー製の物が多く料金も決して安くはありません。長く愛用するためにもバッグの修理やメンテナンスはしっかりと行いましょう。

アニアリのバッグ修理料金と参考納期

アニアリは多種多様なバッグをリリースしています。実はバッグはタイプ別に壊れやすい箇所がある程度決まっています。

それでは一番気になるアニアリのバッグ修理料金について修理のタイプ別に見ていきましょう。

内袋の破れ補修

意外と多いのが内袋の破れ補修です。アニアリの内袋は主にナイロン系の生地素材が多くなっています。

アニアリ 内袋部

トートバッグなどのファスナーを開けると内袋が見えます。この袋の部分は補修や張替えが可能です。

破れてしまった場合は2通りの修理方法があります。ほつれてしまったところを補強して再縫製する方法と内袋一式を張り替えてしまう方法です。オリジナルのデザインをあまり変えたくない場合は部分的な補修がお薦めです。

  • 内袋部分補修 4000~8000円
  • 内袋総取り替え 15000円~

 

ファスナーやスライダーが閉まりにくくなった場合

こちらもアニアリのトートバッグやブリーフケースで多い修理です。ファスナーが多くついている仕様のバッグや毎日の開け閉めが多い場合はファスナーに注意しましょう。

スライダーを引っ張ってもファスナーが閉まりにくくなったなってきたら、スライダーの消耗をまずは疑いましょう。スライダーのみの消耗であれば、スライダー交換にて安価に修理できます。またスライダーの引き手部分(アニアリのロゴが入っている部分)はほとんどが移植可能です。

アニアリスライダー

スライダーの引き手部分。移植可能なのでイメージを変更することなく修理可能。

  • スライダー交換 3000~4000円
  • メインファスナー交換  8000円~
  • サブファスナー交換 6000円~

根革の交換や補修

アニアリのバッグ

アニアリのレザーバッグはユニークな形状をしたものも多くなっています。

根革修理ビフォー

根革修理ビフォー。レザー自体は傷んでないですが、ステッチが弱くなっています。

修理アフター

ステッチをきれいに外してから、再縫製します。糸の色も合わせるので、違和感が残りません。

「根革ってどこ?」とう言う方も多いかと思いますが、根本の革で根革です。ショルダーベルトなどが付いているカバンはこの部分が故障しやすいので注意しましょう。

この根革部分は再縫製、再作成などいろいろな修理が可能です。弱ってきたら早めの修理がおすすめです。

  • 根革再作成 1か所 4000~6000円
  • 根革補修 1か所 3000~5000円

 

その他アニアリのバッグ等修理に関する修理は下記の無料メール見積もりよりご依頼ください。

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご利用ください。

バッグ修理見積もりはこちらからどうぞ!

2分で完了! 見積もりのみでもOK