Shread and Needle

ホワイトハウスコックスのレザーバッグ修理案内

ホワイトハウスコックスのバッグ修理でお困りならこちらのページを参照ください。どういった修理が可能なのか経験豊富な職人が解説していきます。

やはり革財布が有名なホワイトハウスコックス。実はバッグも色々なバリエーションがあります。レザーバッグのみではなくキャンバス地を使用したショルダーバッグなどライナップしています。

お財布と同様バッグもとても長く愛用できる商品なので修理やメンテナンスを欠かさないようにしましょう。

◯ホワイトハウスコックス財布修理案内はこちらから

ホワイトハウスコックスのバッグ修理案内

それでは当サイトの修理サンプルを参照にどういった修理が多いのかについて紹介していきます。

メーカーでの修理を断られてしまった場合なども修理が可能な場合があります。諦めずに見積りを依頼しましょう。

キャンバス地ショルダーバッグの修理

ホワイトハウスコックスのキャンバス地を使用したショルダーバッグはカブセ部分のレザーが痛みやすいので注意しましょう。

ギボシ部にかかるレザーが傷んできたら交換での修理対応が可能です。

オリジナルのレザーに合わせて作製するので、修理後に違和感が残ることはありません。

またショルダーベルトも長く愛用している場合はメンテナンスが必要です。ショルダーベルト根元部のレザーは交換にて修理するするのが一般的です。

両側同時の修理となります。

  • レザーパーツ交換 5000~7000円
  • ショルダーベルト根革交換 両側 8000~1万円

レザーバッグで多い修理

ホワイトハウスコックスのレザーバッグは持ち手交換と染色がオススメです。

手元などは簡単に故障することはありません。しかし3年以上使用している場合などは、使用頻度に応じて交換が必要になります。

また手元の黒ずみが気になる場合なども通常交換でも修理対応となります。

  • 手元交換 両側 12000~16000円

 

ホワイトハウスコックスのレザーバッグは革染色やバッグクリーニングが可能です。

汚れが気になる場合はバッグクリーニングを、また色落ちなどが気になる場合には染色にて対応しましょう。

  • 部分染色 7000~1万円
  • 全体染色 14000~18000円
  • バッグクリーニング 4000~5000円

 

その他ホワイトハウスコックスのレザーバッグ修理でお困りの場合にはまずは無料のメール見積りにてご相談ください!

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心して修理ご依頼ください。

バッグ修理見積もりはこちらからどうぞ!

2分で完了! 見積もりのみでもOK