Shread and Needle
ビクトリノックス

ビクトリノックス(Victorinox)のバッグ修理なら

ビクトリノックスのバッグと修理について

多機能ナイフや時計などのアウトドアツールでとても有名なビクトリノックスのバッグと修理についてのご案内です。

スイスに本社機能を置くビクトリノックスはアウトドアバッグやビジネスバッグのラインナップも豊富です。毎日の生活でタフに使用されている方も多いのではないでしょうか?

情報が特に少ないビクトリノックスのリュックやビジネスバッグについて経験豊富なバッグ修理職人が丁寧に解説していきます。修理を出す前に参考にしてください。

ビクトリノックスのタイプ別参考修理料金

それでは修理を依頼する前にビクトリノックスの修理にはどの程度料金がかかるのか当サイトの修理例を参考に紹介していきます。

リュックでよくある修理

まずはリュックでよくある修理についてです。リュックで力が一番かかるのはなんといってもショルダーベルトの部分です。特にビクトリノックスのリュックは重いものを運ぶのに使用されることも多いと思われますので、ショルダーベルトの状態はまめにチェックしましょう。

  • ショルダー付け根の補強修理 1箇所 4000~7000円

 

またナイロン生地が多いビクトリノックスは長く使用しているとまれに生地がほつれたり切れたりすることがあります。そういった場合でも実は補強修理ができます。

  • ナイロンの破れや傷み補修 4000円~
    *生地の状態によって料金が大きく変動します。

 

ビジネスバッグの修理

次にビジネスバッグの修理です。毎日使用するものですから修理もしっかりとしましょう。

ナイロン生地の補修

ナイロンが破れてしまっても安心してください。

修理アフター

修理アフター。

ナイロン生地が破れてしまったら、破れ補修にて対応しましょう。しっかりと補強してから修理するので、しっかりと修理可能です。

  • ナイロン破れ補修 1か所 4000円~

 

次にショルダーベルトの修理です。ショルダーベルトの肩パットの部分など消耗したらレザー等にて補強が可能です。

  • ショルダーベルトの補強 4000円~

 

ナスカンやDカンと呼ばれる金属パーツは摩耗したら交換しましょう。オリジナルのパーツに近いものにて交換します。

  • 金属パーツの摩耗 3000~4000円

 

ファスナーの修理はどのバッグでもやはり多いです。ビクトリノックスのバッグに関しても同様です。

ファスナーの修理は長さとバッグ自体の仕様によって大きく変動します。詳しい見積もりはメールにて写真等を添付ください。

  • ファスナー交換 6000円~
  • スライダー交換 3000~4000円

 

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご利用ください。

バッグ修理見積もりはこちらからどうぞ!

2分で完了! 見積もりのみでもOK