Shread and Needle

トリーバーチをバッグ修理に出す前に知っておきたいこと

トリー・バーチのショルダーバッグが壊れてしまったけどどこで直せばいいの?

使いやすいバッグだからまだまだ使い続けたい、でも持ち手が壊れた!直せるの?

トリー・バーチのバッグの修理でお悩みなら、まずはこちらのページを参考にしてみましょう。修理は可能なのか?そもそも直せるものなのか?項目別に経験豊富なバッグ修理専門の職人が解説します。

トリー・バーチ(TORY・BURCH)は2004年にデザイナーのトリーバーチが年齢を問わずスタイリッシュで着やすい服とアクセサリーを作りたいと立ち上げた、ニューヨークで設立されたラグジュアリーブランド。バッグ、シューズ、ジュエリー、アパレルと幅広く展開しており、トータルでコーディネートできるのが魅力です。

トリー・バーチ直営店での修理

トリー・バーチでは現在直営店での修理は受付けていないようです。(2019年2月現在)バッグが故障してしまった場合には、バッグ修理専門店などに依頼するのが安心です。

修理専門店での修理

トリー・バーチのように直営店での修理が受けられない場合、カバン修理のスレッド&ニードルのような修理専門店に依頼することになります。

人気のショルダーバッグの修理

トリー・バーチのショルダーバッグの修理で依頼が多いのが、ショルダーベルトのほつれ、ちぎれの修理です。

長年愛用していると擦れたりこすれたりして傷んでくることが多いのです。チェーンショルダーの場合、チェーン部分が切れてしまうこともあります。

また、根革の劣化によるちぎれの修理依頼も多くなっています。元の風合いや質感を損なうことのないように専門の職人が修理をいたしますので安心です。

  • ショルダーベルト交換 1万円~
  • 根革交換 4,000円~
  • チェーンショルダー修理 4,000円~

 

ハンドバッグの持ち手の修理

トートバッグなどの持ち手の部分は直接手で触れる部分なので、革などの素材のほつれ、剥がれ、汚れが発生しやすくなっています。損傷がひどい場合はパーツを作って交換いたします。

また、少しでもほつれてきたら放置してしまうとどんどん広がってしまう為、早めに修理を検討することをおススメします。

  • 糸ホツレ補修(リステッチ) 3,000円~
  • 持ち手交換 両側 12,000円~

 

ファスナー・スライダーの修理

バックバッグや、リュックなとに特に多用されているファスナー、スライダーは使っているうちに閉まりにくくなったり、滑りが悪くなることがあります。ちょっと、滑りが悪い、ほつれが出てきたら早めに修理を検討しましょう。

無理に動かすことで、本体を傷つけてしまう原因にもなります。また、バッグの底鋲、スタッズ、ホックなどのメタル部分の不具合も修理・交換いたします。

  • メインファスナー交換 8,000円~
  • スライダー交換 3,000~5,000円

 

バッグ本体の傷、汚れ

トリー・バーチのバッグは、キャンパス地、レザー、ナイロンなど様々な素材が使われています。レザーの汚れ、くすみなどは専門の職人によるクリーニング、再染色を検討してみましょう。

また、チャームの破損など細かいパーツの修理も行っております。もう使えないとあきらめる前に、カバン修理のスレッド&ニードルに修理の見積依頼をしてみませんか?お見積もりは無料です。

  • バッグクリーニング 4,000~5,000円
  • レザー染色 5,000円~

 

カバン修理のスレッド&ニードルでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご利用ください。

バッグ修理見積もりはこちらからどうぞ!

2分で完了! 見積もりのみでもOK