Shread and Needle

トッズ(Tod’s)の人気バッグ3タイプの修理について

職人によるトッズのバッグ修理案内

トッズ(Tod’s)のタイプ別バッグ修理案内です。経験豊富なバッグ修理職人がトッズのバッグ修理について詳しく説明してきます。トッズのバッグを修理に出す前に一読ください。

トッズ(Tod’s)は1920年代にデッラ・ヴァッレ家によって設立されたイタリアのシューズブランドです。1979年に発表されたドライビングシューズ「Pebbled sole」などが人気になり、「トッズ(Tod’s)」というブランドを掲げることになりました。日本には1997年に新宿に直営店がオープンしました。現在ではシューズのほか、バッグ、ウェアなど幅広いアイテムを展開する高級ブランドのひとつです。

トッズのバッグを修理に出す前に確認したいこと

まずはどこに修理を依頼すれば良いのかについてです。

直営店舗にて購入した場合はまずは購入店に修理が可能なのかの見積もりを依頼するのが一般的です。購入証明書と保証書を持参の上ご依頼ください。

メーカー修理の注意点

  • 見積もりに2~3週間かかるのが一般的
  • 修理料金は専門店に比べて高額になりやすい
  • 修理不可で返却になるケースもある

 

次にバッグ修理専門店に依頼する場合の注意点です。専門店での修理に使用するオリジナルのパーツは通常ご用意できません。最寄りのパーツでの修理になります。

手元作成などの場合は近いレザーにて修理するのでそれほど違和感が出ることはありません。

また専門店での修理の場合は特殊なケースを除いて見積もりがスピーディーです。(通常数日で出ます。)メーカー修理よりも安価に修理したい場合、また時間をあまりかけたくない場合は専門店での修理の方がおすすめです。

バッグ専門店の注意点

  • パーツ交換の場合はオリジナルからデザインが変更になる

 

ダブルバッグ(Double Bag)で多い修理

トッズのダブルバッグは素材や色のバリエーションも豊富で女性にとても人気があります。

オーバーサイズのバックルが特徴となっているバッグです。

コバの汚れやコーティング剥がれ

意外と知られてはいないですが、バッグのコバ(バッグの端、縁の部分)の再コーティングは可能です。お財布などでも多いコバの汚れやコーティングの剥がれは再コーティングにて修理しましょう。コバの再コーティングをするだけでバッグの手元はとてもきれいになります。

  • コバコーティング(平手ハンドル部) 6000円~

 

ハンドルの交換修理

ハンドル自体が傷んできたらコバのコーティングよりもハンドル自体の交換です。

バッグ本体のカラーに合わせてレザーを仕入れます。オリジナルの手元仕様に合わせて手元を再作成します。ダブルバッグの手元の作りによって料金が変動します。

  • ハンドル再作成 12000円~

 

ウェイブバッグ(Wave Bag)はショルダー金具に注意!

ウェイブバッグで一番気をつけたいのがショルダーベルト付け根レザーの切れや傷みです。ウェイブバッグの根革はバッグ背面についているためあまり力がかかると切れてしまう可能性があります。

ショルダーベルトをメインで使用されている方は注意が必要です。

ショルダー根革が切れたりした場合は交換での修理がおすすめです。ほとんど遜色のない形にて交換可能です。

  • ショルダーベルト根革交換 5000~7000円

 

トートバッグはハンドル修理が多い

トッズのトートバッグでご依頼が多いのはハンドル交換です。やはり書類など重いものを常に持ち運んでいる方に特に多い修理内容です。

トートバッグのハンドル交換の際には長さの調整ができます。オリジナルよりももうちょっと長いほうがいいなど、ご要望によってある程度長さを調整可能です。

  • トート手元交換 両側 1万~14000円

 

トッズのバッグは上質なレザーを使用しています。使いかた次第で長く愛用できるバッグです。修理して長く使用するのがおすすめです。
もう壊れて使えない、使いにくいから出番が減ったな、とあきらめる前にブランドバッグの修理実績多数のカバン修理のスレッド&ニードルで修理を検討しましょう。
まずは無料のメール見積もりを利用してみませんか?

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご利用ください。

無料のバッグ修理見積もりはこちらからどうぞ!