Shread and Needle

ノースフェイスのリュックなどバッグの修理はこちら | ファスナー交換や破れ等

ノースフェイス(THE NORTH FACEのバッグ修理について、カバン修理専門店スレッドアンドニードルの職人が解説していきます。全国郵送対応で、持込の場合は東京の駒込に店舗がございます。

修理内容・料金

当サイトではノースフェイスの修理実績が多数あります。

ファスナーやスライダー交換

どのようなバッグでもおそらく一番多いのがファスナー周りの不具合です。スライダーの交換もしくはファスナー自体の交換で修理ができます。ノースフェイスであればほとんどのファスナーが近いものでご用意可能です。

スライダー交換 3000~5000円
ファスナー交換 9000~15000円
(防水ファスナーは割増)

ファスナー部分

止水タイプになっているトップファスナー。同様のタイプもしくは通常タイプのファスナーにて交換可能です。

ノースフェイス防水ファスナー修理

糸のほつれ、生地の破れ

糸のほつれはリステッチにて補修可能です。再度解けないようにやや広範囲に渡ってリステッチ(再縫製)をします。またナイロン生地が破れてしまった場合の修理も実は可能です。ステッチを細かく入れて補強するミシン刺しという方法にて修理します。

ナイロン破れ補修 1か所 4000円~
ショルダーベルト一式交換 12,000円~
解れ縫い 3000~円
リステッチ 3000~8000円

ナイロン生地補強 4000~15000円
ノースフェイス ほつれ

プラスチックパーツの交換

プラスチックパーツの交換も可能です。バックルが取り付けてある棒の部分が外れることもあります。そういった場合は再縫製等にて取付が可能です。

プラスチックパーツ交換 3000円~

プラパーツ交換

根革の修理

ショルダーベルトの両端にある根革は糸がほつれたり傷んだりすることがあります。そういった場合は再縫製や根革交換にて修理できます。

根革再縫製 3000円〜
根革交換 5000円〜

クリーニング

バッグの大きさによって値段は変わってきます。長く使用していたカバンのメンテナンスに1度クリーニングしてみるのはいかかでしょうか。

バッグクリーニング 4000円~

バッグの汚れ

ナイロンのバッグが汚れてしまった場合もクリーニング可能

キャリーバッグのキャスター修理

キャリーバッグで故障しやすいのはキャスター部(車輪)です。故障してしまった場合にはキャスター交換での修理となります。

タイヤ(4輪タイプ)交換 1箇所 3000円~
タイヤ(2輪タイプ)交換 1箇所 5000円~
ダブルキャスター 1箇所 6000円~

ノースフェイス タイヤ交換

ノースフェイスの洋服修理についてお困りの場合は、姉妹サイトのアウトフィッターズ洋服修理店をご利用ください。

メーカーでの修理について

メーカーでの修理を希望の場合は購入店での受付になります。メーカー修理に出す際には何点か注意点があります。

  • 保証書がない場合

保証書がない場合はすべて有償での修理になります。また保証期間内でも使用していて壊してしまったものについても有償での修理になります。

  • 修理が高額になるケースが多い

無償で修理になった場合は問題ありませんが、有償での修理の場合は料金が高額になるケースもあります。またバッグを実際に預けてからでないと料金がわからないので、注意が必要です。

  • 納期が長くかかる可能性

メーカーでの修理はバッグ修理専門店での修理に比べて納期も長くかかります。ノースフェイスのサイトによると、通常の修理で4週間から、特殊な修理で10週間前後との記載があります。

  • 修理自体ができない可能性

お気に入りのバッグでも修理箇所の状態によっては修理を断られる場合があります。メーカーでの修理を断られた場合は、諦めずにバッグ修理専門店での見積もりを依頼しましょう。

ノースフェイスのバッグについて

ご存じかもしれませんが少しばかりノースフェイスについて説明をさせていただきます。

  • どういったタイプのバッグがあるのか?

主にバックパックが多いですが、その他特殊なバッグの取り扱いもあります。またアウトドアメーカーのノースフェイスならでは登山専用のテクニカルバックパックなどの商品シリーズも存在します。バックパック、ショルダーバッグ、トートバッグ、テクニカルバッグ等、種類も豊富です。

  • バッグの素材は何を使用しているのか?

雨などに耐性があるPUコーテッドナイロンや引っ張り強度、耐摩耗性などに特に強いバリスティックナイロンなどのハイテク系の素材を使用しているシリーズが多いです。

  • ノースフェイスってどういったブランド?

ノースフェイスは1968年にカリフォルニアで誕生しました。同時から高いクオリティーのアウトドア用品で小さい会社ながら名前を知られていきました。特にスリーピングバッグ(寝袋)は高品質かつ、ほかのブランドとの差別化をうまくプロモーションしたことで、人気を博しました。50年にわたってアウトドア用品、スポーツウェアー、シューズなど販売しています。日本での代理店はスポーツウェアの扱いが多い株式会社ゴールドウィンとなっています。

  • ノースフェイスのバッグはどこで購入できるの?

総代理店の(株)ゴールドウィンが展開するオンラインショップや各取り扱い店にて購入が可能です。ノースフェイスの取り扱い店は日本全国とても多いので、困ることはないと思います。

見積りはこちら

写真がない場合修理金額等のご説明ができないことが多いので、できるだけ写真の添付をお願いします。

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。