Shread and Needle

スロウ(slow)のバッグを捨ててしまう前に|バッグ修理のススメ

スロウのバッグ修理でお困りならこちらのページを参照ください。どういった修理が可能なのか経験豊富な職人が解説していきます。

時代に流されずゆっくりと創作を続けていく事をコンセプトに持つスロウ。長く愛用している方も多いと思います。

ビームスなどとのコラボバッグも多数ありメンズを中心に人気があります。

ナイロンのバックパックとレザートートバッグのラインナップがメインとなっており、どちらのタイプも修理しながら長く使用することが出来ます。

そんなスロウのバッグで多い修理については下記を参照してみてください。

スロウのバッグ修理案内

それでは当サイトの修理サンプルを参照にどういった修理が多いのかについて紹介していきます。

他店やメーカーにて断られた修理に関しても一度相談ください。

スロウでオススメのバッグ修理メニュー

持ち手部分修理

スロウで一番修理が多いのはハンドル部分です。ある程度長く使用している際には根元の傷みなどに注意しましょう。

持ち手部が傷んできたら通常持ち手交換での修理となります。オリジナルに近いレザーでの交換修理となります。

また持ち手根元部の補強のみで修理が可能な場合もあります。

  • トートバッグ手元交換 7000~12000円
  • 持ち手補強 5000~7000円

 

ファスナー修理

バッグのファスナー周りもトラブルが比較的多い個所の一つです。

スロウのレザーバッグはファスナーがついていない仕様が多いので主にナイロン系のバッグはファスナーの不具合に気をつけましょう。

ファスナーが故障してしまった場合の修理方法は主に2つあります。

スライダー交換もしくはファスナー一式の交換です。どちらの修理でもそれほど遜色のないものにて交換することが出来ますので安心です。

  • スライダー交換 3000~4000円
  • ファスナー交換 7000~12000円

 

トートレザーバッグはレザーのやぶれと傷みに注意しましょう。軽量化するために薄いレザーを使用していることもあるトートバッグ。強い力がかかると破れてしまうこともあります。

そういったケースにはレザー補強での修理が可能です。強度を出すために多少見た目が変更になりますが、しっかりと補強することが可能です。

  • レザー破れ補修 6000円~

 

その他スロウのバッグ修理でお困りの場合にはまずは無料のメール見積りにてご相談ください!

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心して修理ご依頼ください。

バッグ修理見積もりはこちらからどうぞ!

2分で完了! 見積もりのみでもOK