Shread and Needle

本物志向なUSのRRL(ダブルアールエル)の修理について

RRLのバッグ修理案内

古き良きアメリカのヴィンテージ要素を散り
ばめたのがRRLのバッグです。。

ラルフローレン氏のインスパイアによる上質な
素材や長年のブランド力から生まれた職人の正
確な縫製。ヴィンテージを現代版にオマージュ
させた精巧なRRLですが、長きに使用している事
で各パーツ事に不具合や損傷を起こしてしまう
ことがあります。

今回は修理経験豊富な職人が不具合を起こ
しやすい箇所別に修理について解説していきます。
修理、修復が必要になった際にはこちらの
ページを参照してみてください。

RRL(ダブルアールエル)バッグで多い修理と参考価格

革小物(財布)等で依頼の多い修理について
当サイトの修理サンプルを参考に説明します。

ホック類(ジャンパーホック、コンチョ)の破損

上質なレザーを使い金具にもUSの強度のある
ものを使用使用しているRRL。長年使用する
ことで上記の箇所が弱ったり、損傷を起こす
ことがあります。
初めにホック類についてですが、開閉を繰り返
している内に金具のオスとメスのかみ合わせが
悪くなり、最悪の場合ホックが壊れてしまい
ます。

そういった場合には内径の同じホック修理にて
交換ができますのでご安心を。またコンチョに
ついてですが特殊な事が無い限り再利用が可能
です。

  • ホック交換 3000円~
    *特殊な場合は別途見積り

 

バッグの糸目ホツレ補修

糸目に関しては少しでも糸目が緩んでいたり
負担がかかり不具合を起こしたら早めの
修理がお薦めです。症状が軽度な場合であれば
リステッチという修理方法でリーズナブルに
補強修理できます。気づいたときには早めに
専門の修理屋へ相談しましょう。

  • リステッチ 2500円~

 

スタッズの外れ

スタッズの金具の交換につきましては、ブラ
ンド事にオリジナルのパーツを採用してる場合
が多くなっています。修理の際には最寄りの
スタッズにて交換修理となります。

  • スタッズ交換(一カ所)3000円~
    *特殊な場合は別途見積り

 

ファスナー関連の破損(引手交換、レールの損傷)

RRLはかなりファスナーパーツにもこだわりの
強いブランドです。ファスナーにも90年代まで
USで採用されていたTALON社(現在は復刻に
て流通されています)のファスナーとスライダー
を採用しているバッグが多いです。

  • ファスナー交換 一式 8000円~
  • スライダー(引手)交換 3000円~
    *TALON社での交換は別途見積り

 

その他RRLのバッグ修理でお困りなら無料の
メール見積もりをご利用ください。

当サイトでは全ての修理に無料の再修理
保証をつけています。修理後3ヶ月以内の
不具合に関してはすべて無料にて再修理
致します。安心してご利用ください。

 

バッグ修理見積もりはこちらからどうぞ!

2分で完了! 見積もりのみでもOK