Shread and Needle

オスプレー(OSPREY)のリュック修理を詳しく解説

オスプレーのリュック修理でお困りならこちらのページを参照ください。どういった修理が可能なのか経験豊富な職人が解説していきます。

オスプレー(OSPREY)はアメリカ、コロラド州初のアウトドアブランドです。設立は1974年と比較的若いブランドながら、その完成度の高さからアメリカの様々なアワードにて表彰されていることでも有名です。

登山のプロからストリートでの愛用者まで、実に幅広く利用されているオスプレー。もっている方で修理やメンテナンスでお困りの方も多いのではないでしょうか?そういった場合におすすめの修理方法は下記を参照してみてください。

オスプレーが故障した際に検討したい2つの修理依頼方法

それでは愛用しているリュックサックが故障してしまった場合に、どこに修理を依頼したら良いのでしょうか?

当サイトにておすすめしている修理依頼方法はメーカー修理とかばん修理専門店での依頼です。それぞれ利点と難点があるので詳しく見ていきましょう。

まず検討するのがメーカー修理

オスプレーを購入してからそれほど経っていない場合などにはまずはメーカーでの修理を検討してみてください。

保証の期間内であれば無償の修理も可能かもしれません。

またメーカーでの修理はオリジナルと同様のパーツにて修理出来る場合が多くなっています。パーツのデザインなどを変更したくないといった際におすすめです。

メーカー修理の難点は修理不可の場合があることと、納期が長いことです。

かばん修理専門店に依頼したい修理

メーカーでの保証が切れているものや特殊な修理依頼はかばん修理専門店での修理を検討してみてください。

オスプレーのバッグはプロユースのものも多いので、専門店での修理がおすすめです。

また防水ファスナーなど特殊なものも専門店に依頼してください。

  • 防水ファスナー交換 9000~15000円
  • ナイロン生地破れ補修 9000円~

オスプレーのリュックサックは修理やメンテナンス次第でとても長く愛用できるバッグです。故障してしまってもまずは修理を検討してみるのがおすすめです。

その他のバッグやの修理でお困りの場合にはまずは無料のメール見積りにてご相談ください!

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心して修理ご依頼ください。

バッグ修理見積もりはこちらからどうぞ!

2分で完了! 見積もりのみでもOK