Shread and Needle

モラビトのバッグ修理なら|参考料金と修理方法を詳しく解説

モラビトのバッグ修理でお困りならこちらのページを参照ください。どういった修理が可能なのか経験豊富な職人が詳しく解説していきます。修理後に後悔しないためにもまずはこちらのページからどうぞ。

フランスの老舗高級バッグブランド、モラビト(MORABITO)。宝飾職人だったジャン・バティスト・モラビト(Jean Baptiste MORABITO)がフランス南東部の都市、ニースで創業しました。宝飾細工の技術と発想を活かし、クロコダイルやカーフ、オーストリッチなどの最高の素材を使いながら、常に新しい素材、デザインを取り入れ、現在もパリのアトリエで、熟練した職人たちがハンドメイドで作り続けています。

直営店でのモラビト(MORABITO)のバッグ&財布修理

モラビトの直営店に持ち込み修理を依頼できます。お客様窓口でも修理の相談に対応しています。一般的にメーカー修理は修理期間が長く、高額になる場合が多いので注意しましょう。

まずは見積もりのみしりたいといった場合には当サイトのようなバッグ修理専門店にて無料のメール見積もりを依頼するのが便利です。

バッグ修理専門店でのモラビトの修理

美しいフォルムのモラビトのバッグ。大切に使っていても、皮革に傷をつけてしまったり、擦れて黒ずんでしまったり、トラブルはつきものです。傷がついてしまった部分は補修し、黒ずんでしまった部分はクリーニングをすることをおススメしています。

また、財布やコインケースは手で直接触れる機会も多く、汚れが気になるものです。傷の補修はもちろん、汚れを落として美しい状態を保ちたいものですね。また、バッグも財布も長年使用を続けていると、形が崩れたり、縫製部分がホツレて来ます。どちらも、早めのケアが肝心です。バッグ修理専門工房スレッド&ニードルでは、専門の職人が、カーフ、クロコダイル、オーストリッチなどの素材を損なうことなく修理をいたしますので、安心です。

ハンドル・ストラップの修理

使用頻度の高いハンドル部分の汚れや傷みが起きやすくなっています。そういった場合、ハンドル交換をおすすめしています。

ストラップ、ハンドルの金具部分も同様に長く使用していると破損してしまうことがあります。そういった場合には金具交換にて対応しましょう。

  • ハンドル交換 12000~18000円
  • 金具交換 3000~5000円

 

ファスナー・スライダーのトラブル

使用頻度の高いファスナー、スライダーのトラブルは多いものです。スムーズに動かない、引っかかるといった症状が出てきたら修理を検討しましょう。

バッグはもちろん、長財布のファスナートラブルも対応しています。モラビトオリジナルのファスナーと遜色のないものと交換するので、修理後に違和感が残ることはありません。

モラビトの財布・キーケース・コインケース修理

バッグ修理専門工房スレッド&ニードルではモラビトのバッグ、財布以外のキーケース、コインケース、名刺入れなどの小物類の修理も承っています。いつもバッグに入れておく小物類はホツレ、色あせ、汚れが付きやすいものです。長年愛用してきたものはメンテナンスを施し、更に使い続けたいですね。もう使えないかも?と、あきらめる前に、一度ご相談ください。

その他のバッグやの修理でお困りの場合にはまずは無料のメール見積りにてご相談ください!

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心して修理ご依頼ください。

バッグ修理見積もりはこちらからどうぞ!

2分で完了! 見積もりのみでもOK