Shread and Needle

モンベルのバッグの修理案内

モンベルのバッグのファスナーが壊れた!

ショルダーの糸がほつれて切れそうになっている!

といった場合にはまずはこちらのページから。モンベルのバッグの修理についてバッグ専門の修理職人が詳しく解説していきます。

ファスナーやショルダーベルトが壊れても修理をすればまだまだ使えるかもしれません。もう使えないかな?と、あきらめる前に専門店での修理を検討してみませんか?

モンベルは1975年に大阪で創業した日本のブランドです。「Light & Fast」、「Function is Beauty」をコンセプトにテント、登山靴等のアウトドアグッズを取り扱っています。

モンベルのバッグ メーカーでの修理

モンベルのバッグはメーカーでの修理が可能です。オリジナルパーツを使っての修理を希望する場合はメーカー修理を検討しましょう。メーカー修理の場合見積もりや納期に時間がかかったり、修理費用が高額になる場合があるので注意が必要です。

◯モンベルメーカー修理

モンベルのバッグ 修理専門店での修理

モンベルのバッグが壊れてしまった場合、修理専門店での修理が可能です。一般的にメーカー修理と比較して見積もりも納期も迅速です。また、修理費用も安価に収まることが多いようです。

オリジナルパーツでの修理にこだわらなければ、修理専門店での修理を検討してみましょう。

ファスナーの修理

アウトドアで使うことの多いモンベルのバッグの修理依頼で多くなっているのがファスナーの修理です。スライダーが動かなくなった、ファスナーが閉まらなくなったりといった不具合が多いです。

スライダーの動きが悪い場合、無理やり動かすと生地を傷めてしまいますので、早めの修理を検討しましょう。オリジナルと遜色のないファスナー、スライダーと交換修理が可能です。

  • ファスナー交換 6,000円~
  • スライダー交換 2,000円~

 

バッグの持ち手、ショルダーの修理

長く使い続けているうちにバッグの持ち手がボロボロになったり、ショルダーの付け根部分が傷んでくることがあります。そのままにしておくと、ほつれた部分傷んだ箇所が広がってきてしまうので早めの修理をおススメします。

  • ショルダー付け根補修(リュック)両側 5,000円~

 

マジックテープ・ホック等の修理

モンベルのバッグはアウトドアで使いやすい工夫が施されています。留め具が壊れて留まらない、マジックテープがほつれて取れてきたなどの修理も可能です。オリジナルのパーツと遜色のない素材を使っての交換修理ができるので安心です。その他、こんな修理はできるのかな?これは直るのかな?と思われる修理も無料の見積を利用してご相談ください。

モンベルのバッグが壊れてもう使えないとあきらめる前に、カバン修理のスレッド&ニードルに見積の依頼をしてみませんか?

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご依頼ください。

バッグ修理見積もりはこちらからどうぞ!

2分で完了! 見積もりのみでもOK