Shread and Needle

ムッシュニコル(Monsieur Nicole)のバッグ・財布修理修理案内

ムッシュニコルのビジネスバッグの持ち手がちぎれそう!

レザーの色が落ちてきて気になる」といった場合はこちらから。

ムッシュニコルのバッグや財布修理を検討されているなら、こちらのサイトを参考にしてください。熟練のカバン修理職人がムッシュニコル修理について解説いたします。

ムッシュニコル(Monsieur Nicole)は1974年にスタートした日本のアパレルブランドです。伝統に裏付けられた品質に現代性をミックスしたスタイルを提案しているブランドです。

ムッシュニコルは全国のマルイやパルコなどにて購入することが出来ます。

長く愛用していると気になるのが修理やメンテナンスです。自宅では出来ない専門店修理メンテナンスを紹介していきましょう。

ムッシュニコルのバッグ・財布メーカーでの修理

ムッシュニコルのメーカー修理を希望する場合には購入店に持ち込んで問い合わせる必要があります。

メーカーに修理を依頼する際は以下の点に留意しましょう。

  • ギャランティ―カードや領収書がないと修理を受付けない場合がある
  • 見積もりや納期に長く時間がかかる
  • 修理金額が高額になる場合が多い
  • 状態によっては修理を断られること有り

時間に余裕のある場合や純正品にて修理を希望する場合は購入店に修理依頼するのがいいでしょう。

ムッシュニコルの専門店での修理

オリジナルのパーツでの修理にはこだわらない、早くなおしたいといった場合は修理専門店での修理を検討しましょう。

ムッシュニコルのバッグを修理専門店に依頼をする場合は以下の点に留意しましょう。

  • ギャランティ―カードや領収書がなくても修理が可能
  • 見積もりや納期はメーカー修理と比較すると迅速
  • 修理金額はメーカー修理と比較すると安価な場合が多い
  • メーカー修理で断られても見積もり可能
  • オリジナルのパーツでの修理は不可

それでは当サイトにて多いムッシュニコルのバッグの修理について詳しく解説していきましょう。

サフィアーノレザーなどの染色・リカラー

ムッシュニコルのビジネスバッグで多いのが色落ちや退色です。仕事でタフに使用すると、ところどころ色落ちが気になるものです。

ムッシュニコルで使用されることが多いサフィアーノレザーは専門店での染色が可能です。表面加工劣化していなければ染色にて対応しましょう。

1年に1回はバッグクリーニングに出すことで、レザーが本来の輝きを取り戻します。またレザーに保湿もするので、しっとりとした良い状態を保つことが可能です。

  • バッグクリーニング 4000円
  • レザー染色 7000円~

ビジネスバッグの持ち手交換

ムッシュニコルのバッグは色々なタイプの持ち手があります。どのタイプも交換にて修理することができます。

持ち手が切れてしまったり、傷んできたら持ち手交換にてキレイに修理しましょう。

  • 持ち手交換 12,000円~
  • ショルダーベルト一式交換 12,000円~

お勧めの財布修理

財布修理は通常の修理店では断られることが非常に多くなっています。断られた経験があるかも多いのではないでしょうか。

経験豊富な職人がいる専門店ならムッシュニコルの財布修理も可能です。こしょうしても諦めずに!

  • ファスナー交換 11000〜15000円
  • スライダー交換 3000〜5000円
  • 内装張替え 12000円〜

その他、ムッシュニコルのバッグ・財布修理は上記以外も対応いたします。その際はお気軽に無料のメール見積もりをご利用ください。

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご依頼ください。

バッグ・財布修理見積もりはこちらからどうぞ!

2分で完了! 見積もりのみでもOK