Shread and Needle

マイケルコースのバッグ修理案内|参考料金や修理メニューについて

マイケルコースのバッグ修理でお困りならこちらのページを参照ください。どういった修理が可能なのか経験豊富な職人が解説していきます。

マイケルコースのショルダーバッグ

小さくてかわいいマイケルコースのショルダー。金属とレザーコンビのショルダーベルトは切れやすいので注意が必要。

お気に入りのマイケルコースは長く愛用したいものです。部分的にバッグが故障してしまった場合も諦めずに修理を検討してみてください。

マイケルコースはトートバッグやハンドバッグが人気です。持っている方も多いかと思います。ある程度長く愛用している場合にはどういった修理やメンテナンスが可能なのか予め知っておきましょう。

マイケルコースのバッグ修理案内

それでは当サイトの修理サンプルを参照にどういった修理が可能なのかについて紹介していきます。街の修理屋さんなどに断られてしまった修理に関しても一度相談ください。

トートバッグで多い修理依頼

マイケルコースのトートバッグはメイン収納口にファスナーが付いているタイプが一般的です。このファスナー部分の開け閉めが堅いといった場合などは故障の前触れの可能性が高いので注意しましょう。

毎日使用している中で、ファスナー部が使いづらい、開けにくいといった場合は専門店に修理を依頼しましょう。スライダー交換やファスナー交換にて修理対応が可能です。

  • スライダー交換 3000~4000円
  • ファスナー交換 7000~14000円

 

マイケルコースのトートバッグ持ち手は平手と呼ばれるタイプとなっています。着脱が可能なものが多く、修理も比較的安易になっています。

ショルダーベルト根革の切れ

根元部分のレザーは修理依頼が多い個所の一つです。

手元部分が汚れてきたり、傷んできたら早めに交換するのが得策です。そのまま使用していると見た目があまり良くないので注意が必要です。

  • 持ち手交換(トートバッグ)両側 8000~12000円

 

ハンドバッグでオススメの修理

マイケルコースで人気のハンドバッググラマシー。色々な修理やメンテナンスが可能です。

ハンドバッグのハンドルは丸手と呼ばれるタイプが多く、修理の際には交換となります。オリジナルの持ち手に近いレザーにて再作成するので安心です。

  • 持ち手交換(丸手)両側 12000~15000円

 

バッグの色スレなどは意外と多いものです。マイケルコースのバッグもほとんどのものが染色での補色が可能です。

  • 部分染色 7000円~
  • 全体染色 12000円~

 

その他マイケルコースのバッグ修理でお困りの場合にはまずは無料のメール見積りにてご相談ください!

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心して修理ご依頼ください。

 

バッグ修理見積もりはこちらからどうぞ!

2分で完了! 見積もりのみでもOK