Shread and Needle

【保存版】職人が解説!バッグ修理まとめ記事|料金・納期・修理方法

こちらのページではバッグ修理について
経験豊富な職人が詳しく解説していきます。
どういった修理が可能なのか?またどの程度
料金がかかるのかなど気になった場合には
まずはこちらのページを参照してみてください。

各修理方法について詳しく解説していきます。
少々長い文章になるので、時間のない方は
文頭のまとめリストのみ読んでみてください。
(時間がある方は下の方まで読んでいただ
けるとバッグ修理についてより詳しく知る
ことが出来ます。)

このページで話すこと

  • メーカー修理の利点はオリジナルの
    パーツで修理できること
  • メーカーでの修理は納期がやや長く
    料金も比較的高額
  • 並行輸入品はメーカー修理が不可な
    場合が多い
  • メーカーでの修理が断られても
    専門店なら修理可能な場合が多い
  • バッグ修理には大体2~4週間かかる
  • 修理依頼方法は郵送と来店の2通りある
  • 専門店なら特殊な修理やバッグカスタム
    が可能

それでは環境にやさしいバッグ修理に
ついては下記を参照してください。

メーカー修理と専門店での修理

メーカーとバッグ修理専門店どちらに
修理を依頼する方がいいのでしょうか?

こういった質問をよく耳にします。もち
ろんブランド毎にメーカー修理の利点
難点があります。

メーカーでの修理か専門店で悩んだら
まずは修理を依頼する際に下記を参照
して見てください。

時間に余裕のある方はメーカーとバッ
グ修理専門店両方にて相見積もりを依
頼するのがおすすめです。

バッグのメーカー修理について

まずは一般的なメーカーでの修理に
ついて解説していきます。

バッグのメーカー修理とは購入店
に依頼する修理方法となります。
”購入店での修理依頼≒メーカー修理”
と捉えて問題はないと思います。

実はご存知ない方も多いですが
メーカー修理はメーカーにて修理
しているわけではありません。
メーカーでの修理の際にもバッグ修理
専門工房に外注に出しているケースが
9割以上となっています。

一部のハイブランドやドメスティック
系のバッグブランドは自社の工房にて
修理しています。

自社工房にて修理している代表格が
ルイヴィトンです。その他のハイブラ
ンドのほとんどが修理の際には外注にて
外部の修理工房に依頼しています。

それではメーカー修理はどういった
利点・難点があるのかについて見て
いきましょう。

バッグ修理依頼方法

メーカーでの修理を依頼する際には
購入店に依頼しましょう。殆どの
場合郵送での依頼は受け付けていな
いので来店にて依頼する必要があります。

また修理を依頼する前に必ず保証書
等を用意しましょう。購入証明書が
ないと修理を受け付けてくれない場合
が多くなっています。

メーカー修理の一般的な納期

メーカー修理は修理見積りと修理自
体に時間がかかると覚えておきまし
ょう。

これは基本的にメーカーが外注にて
修理しているためです。

通常修理見積もりに1~2週間、修理
自体に3~5週間かかる場合が多く
なっています。

価格について

ブランドにもよりますがメーカーでの
修理は通常のバッグ修理専門店での修理
と比べて高くなる傾向があります。

これはメーカーやブランドが修理を
外注にて処理しているためです。
外注にて修理したものをいくばくかの
マージンをつけてお客様に提供してい
るためです。

メーカー修理の注意点

メーカーでのバッグ修理の注意点
です。依頼する前にかならず確認
してください。

  • 購入証明書が必要な場合が多い
  • カスタムなどの注文は不可
  • 修理不可で戻ってくる可能性もある
  • 保証期間内でも修理料金がかかる
    場合がある
  • 並行輸入品は修理自体を受け付けて
    くれない場合が多い

 

バッグ修理専門店の修理について

次にバッグ修理専門店での修理依頼
方法や価格について紹介していきま
す。

バッグ修理専門店の利点・難点まとめ

  • メーカー修理よりも比較的安い
  • 納期が比較的早い
  • オリジナルのパーツは用意できない
  • 郵送&来店にて修理可能
  • 店頭にて職人からしっかりと修理
    説明を受けられる
  • 簡易見積りがすぐに出る

 

バッグ修理専門店に依頼する場合は
上記のような利点と難点があります。

また相見積もりを取る場合などにも
バッグ修理専門店は便利です。

修理依頼方法

専門店の場合来店もしくは郵送
での修理依頼が可能です。

購入した店舗まで来店出来ないと
いった場合などは専門店が便利です。

またバッグ修理はパーツの交換や
仕様の変化などもあるため、来店
での修理をおすすめすることもあり
ます。下記のような修理に関しては
可能な限り来店での修理をオススメ
しています。

来店で修理したほうがいい場合

  • 交換するレザーの質感や色合い
    を確認したい場合
  • バッグのカスタムや仕様の変更
    をしたい場合
  • とても思い入れのあるバッグを
    修理に出す場合

 

特殊な修理やカスタムは専門店へ

メーカー修理にて対応できない特殊な
修理があります。バッグの手元長さを
変えたい場合やファスナーの仕様変更
などはバッグ修理専門店に依頼するのが
無難です。

またメーカーにて修理を断られる
ケースも実はたくさんあります。そう
いった場合にも修理が可能なケースが
あります。諦めずに相見積もりを取り
ましょう。

防水ファスナー交換

防水ファスナーの交換はメーカー
にでの交換修理が困難な場合が
多くなっています。

防水ファスナーや特殊なファスナー
は専門店とおぼえておきましょう。

ナイロン生地破れ補修

ナイロン生地が破れてしまった場合
修理を断られることは多いです。
そういった場合でも専門店なら
対応が可能です。

ナイロン生地の部分張り替えや部分
的な補修などにて修理可能です。

多少見た目は変更になりますが
しっかりと補強すると事が可能です。

バッグのカスタム

トートバッグの手元を長くしたいと
いった要望や、ファスナーのタイプ
や色を変更したいといった場合は
メーカーでは対応が不可能です。
専門店に依頼しましょう。

その他特殊な修理に関しても専門店と
なります。

 

バッグ修理見積もりはこちらからどうぞ!

2分で完了! 見積もりのみでもOK