Shread and Needle

ロンシャンのバッグ・財布修理についてまとめ記事

ロンシャン LONGCHAMP

ロンシャンのバッグ修理でお困りならこちらのページを参照してみてください。

日常的に使用されている方も多いロンシャンのバッグは定期的にメンテナンスすることで長く愛用することができます。特に人気のあるプリアージュとペネロペのトートバッグをメインに修理の案内をしていきます。

ロンシャン(LONGCHAMP)1948年にフランス・パリでジャン・キャスグランが創業したブランドです。創業当初は喫煙具のメーカーとしてスタートしましたが、その後、メンズ、レディースのバッグ、革小物の製造販売に移行しました。現在では、ヨーロッパを中心に、世界中に店舗を持ち、バッグ、財布、キーケースなどの革小物からスーツケース、シューズ、アクセサリー、ウェアなど幅広く商品展開をしています。

メーカー修理の場合

ロンシャンオリジナルと全く同じパーツ等にて修理を希望の場合にはメーカーに修理を依頼しましょう。
メーカーに修理を依頼する際は以下の点に留意しましょう。

  • ギャランティ―カードや領収書がないと修理受付不可な場合がある
  • 見積もりや納期に長く時間がかかる
  • 修理金額が高額になる場合が多い
  • 状態によっては修理を断られること有り

◯ロンシャン 公式サイト

スレッド&ニードルで修理の場合

オリジナルのパーツでの修理にはこだわらない、早くなおしたいといった場合はスレッド&ニードルでの修理を検討しましょう。

スレッド&ニードルに依頼をする場合は以下の点に留意しましょう。

  • ギャランティ―カードや領収書がなくても修理が可能
  • 海外で購入した製品の修理も可能
  • 見積もりや納期はメーカー修理と比較すると迅速
  • 修理金額はメーカー修理と比較すると安価な場合が多い
  • メーカー修理で断られても見積もり可能
  • オリジナルのパーツでの修理は不可

◯スレッド&ニードル 公式サイト

バッグ・鞄修理

ル・プリアージュで多い修理

まずは何と言ってもロンシャン ル・プリアージュのバッグ修理案内です。今回はトートバッグに的を絞って解説します。

実はトートバッグはバーツ数が少ないシンプルな作りなので、意外と壊れにくいバッグタイプになっています。

けれども通勤などでタフに使用している場合は壊れる可能性が高くなります。万が一壊れてしまった場合にも下記を参照の上修理を依頼しましょう。

手元の傷みは意外と多い

トートバッグで注意するのはズバリ手元(ハンドル)です。重い書類などを入れている場合は注意しましょう。手元が切れそうになってきたら、手元交換がおすすめです。

  • 手元交換(プリアージュ) 両側 7000~8000円

手元は近い色のレザーにて交換が可能です。

ファスナーの故障について

プリアージュのファスナー部が閉まらなくなってきたら交換の目安です。スライダー交換もしくはファスナー交換にて対応可能です。

  • スライダー交換 3000~4000円
  • ファスナー交換 6000~8000円

 

ペネロペで多い修理

次にペネロペバッグで多い修理内容です。トートバッグについて紹介していきます。

手元が切れてしまった場合の修理方法

ペネロペでも注意するのはやはり手元です。オールレザーのロンシャン ペネロペは長く使用していると手元が弱ってくる可能性があります。そういった場合は手元交換が一番オススメです。

  • 手元交換(ペネロペ)両側 12000~14000円

 

バッグ・鞄修理全般

レザーの保湿やクリーニング・リカラー

オールレザーのバッグは必ずレザー保湿を欠かさないようにしましょう。ご自宅でレザーメンテナンスするのはやや難易度が高いので定期的なバッグクリーニングがおすすめです。
特に淡色系の場合、汚れが目立つようになります。また、汚れがしみ込んでしまって取れない場合など、汚れ落とし、クリーニングが可能です。
バッグのクリーニングのほか、気になる部分だけの部分染色や全体的な染色なども承ります。一度ご相談ください。
クリーニングは一度汚れを落とした後にレザー保湿をするので、ペネロペなどのレザーを最適な状態に保つことができます。

  • バッグクリーニング 4000~5000円

その他レザーの色スレや退色も意外と多いので注意しましょう。レザーバッグの色のトラブルはリカラーにて対応可能です。

  • リカラー(部分) 6000円~
  • リカラー(全体) 1万円~

 

ナイロンなど生地の破れ補修

ロンシャンのプリアージュなどに使用されているバッグの生地の破れや、縫製のほつれは修理が可能です。尖ったものに引掛けてしまったり、使い込んでいるうちに破れてしまい、もう使えないと思ったロンシャンのバッグも修理を検討してみましょう。

  • リステッチ 3000~8000円
  • ナイロン生地補強 4000~15000円

 

バッグの内側の修理

ロンシャンのバッグは長く使っているうちに内側(内装)が破れたり汚れたりといったことがあります。そういった場合、内側の袋部分は張替えが可能です。可能な限りオリジナルのデザインに近く再制作します。

また経年劣化にてベトベトになってしまった内装についても張替えにて修理が可能です。

  • 内装交換 18,000円~

 

金具・ホックの交換

ロンシャンのバッグに使われている金具類は可能な限りオリジナルに近いもので交換します。長く使用していると金具も摩耗してきます。
また。閉まらなくなったなど不具合の出やすいホックの交換も可能です。不具合が出て来たら交換を検討しましょう。

  • 各種金具交換  3000~8000円
  • 各種ホック交換 3000~7000円

 

財布修理

それではスレッド&ニードルでも修理のご依頼の多いロンシャンの財布修理について詳しく解説していきましょう。

ファスナー・スライダーの交換修理

長年愛用しているロンシャンの財布のファスナーは壊れることがあります。特に長財布の修理依頼が増えています。

ファスナーが閉まらない、スライダーが動かないといった場合交換修理が可能です。オリジナルと遜色のないパーツを使用しての交換修理になりますので、安心です。

  • ラウンドファスナー交換 9,000~14,000円
  • スライダー交換 3,000~4,000円

 

ほつれ修理とマチ交換

ロンシャンの財布のカードケース部分や、二つ折り財布の中心などは長く愛用しているうちにほつれが生じる場合があります。その場合リステッチにて修理が可能です。

また、小銭入れ、札入れなどのマチが破れてしまうことがあります。この場合交換修理が可能です。

他のお店では断られてしまうことの多いこれらの修理でも対応いたします。

  • リステッチ 3000~8000円
  • マチ交換 10,000円~

 

クリーニング・染色

毎日使い、長く愛用してきたロンシャンの財布は、セルフメンテナンスをしていても汚れが目立ってくるものです。その場合レザーの染色やクリーニングが可能です。ホワイト、ピンクといった淡色系のレザーのお財布でもクリーニング、染色が可能ですのでご相談ください。

  • 財布クリーニング 4,000~5000円
  • レザー染色(部分) 5,000円~
  • 全体染色(小) 8,000円~
  • 全体染色(大) 12,000円~

その他、ロンシャンのお財布修理は上記以外のお直しも承ります。カードケース、コインケース、コスメポーチ等の小物類も、もう使えないとあきらめる前にカバン&財布修理のスレッド&ニードルに一度ご相談ください。
当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご利用ください。

バッグ修理見積もりはこちらからどうぞ!

2分で完了! 見積もりのみでもOK