Shread and Needle

リンク(Lin-ku)のバッグ・財布修理案内

リンクのバッグの持ち手がちぎれそう!

財布の修理はできるの?」といった場合はこちらから。

リンクのバッグや財布修理を検討されているなら、こちらのサイトを参考にしてください。熟練のカバン修理職人がリンクのバッグ修理について解説いたします。

リンク(Lin-ku)は良質なバックと財布をプロデュースしている日本のブランドです。「リンク」は”つながり”を意味する英語のLinkを由来としている名前のようです。株式会社フカシロが製造しています。

バッグや財布を長く愛用していると気になるのが修理やメンテナンスです。自宅では出来ない専門店修理メンテナンスを紹介していきましょう。

リンクのバッグ修理専門店での修理

オリジナルのパーツでの修理にはこだわらない、早くなおしたいといった場合は修理専門店での修理を検討しましょう。

リンクのバッグを修理専門店に依頼をする場合は以下の点に留意しましょう。

  • ギャランティ―カードや領収書がなくても修理が可能
  • 見積もりや納期はメーカー修理と比較すると迅速
  • メーカー修理で断られても見積もり可能
  • オリジナルのパーツでの修理は不可

 

それでは当サイトにて多いリンクのバッグや財布の修理について詳しく解説していきましょう。

レザーバッグは持ち手交換がおすすめ

リンクのバッグはレザーのものとナイロンのタイプがあります。どちらも長く愛用できるバッグとなっています。

レザーバッグを長く愛用している場合には持ちて部分が傷んでくることがあります。持ち手部は荷重が一番かかる箇所なので傷んできたら早めに修理を依頼しましょう。

持ち手はオリジナルに近いレザーにて作り直すので、修理後にイメージが大きく変わることはありません。

  • 持ち手交換 両側 12000~18000円
  • 持ち手補強 一式 6000円~

 

ナイロンバッグは破れても修理!

次にリンクのナイロンバッグでおすすめの修理です。ナイロンバッグは劣化して故障するケースは殆どありませんが、生地が破れてしまうことはたまにあります。

諦めがちなナイロンバッグの破れ修理ですが、専門店ならしっかりと修理することが可能です。

  • ナイロン生地破れ補修 6000円~

 

財布で一番多い修理はファスナー関連

リンクの財布修理ももちろん可能です。財布で一番多い修理はなんと言ってもファスナー関連です。

毎日開け締めするファスナー部は実は一番消耗が激しい箇所となっています。スライダーやファスナーレールが消耗してくると閉めても閉まらないといった症状が出てきます。またスライダーの開け閉めが固くなってきたら注意が必要です。

財布が故障してしまうと実に不便ですので早め早めに修理を依頼しましょう。

  • ファスナー交換 11000~15000円
  • スライダー交換 3000~5000円

 

レザークリーニングと染色

リンクのバッグは上質なレザーを使用しています。より長く愛用するには自宅での定期メンテナンスに加えて専門店でのバッグクリーニングがおすすめです。

1年に1回はバッグクリーニングに出すことで、レザーが本来の輝きを取り戻します。またレザーに保湿もするので、しっとりとした良い状態を保つことが可能です。

レザーの色が落ちてしまった、レザーの色スレがあるといった場合には染色を同時に依頼しましょう。

  • バッグクリーニング 4000円
  • レザー染色 7000円~

 

その他、リンクのバッグ修理は上記以外も対応いたします。その際はお気軽に無料のメール見積もりをご利用ください。

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご依頼ください。

バッグ・財布修理見積もりはこちらからどうぞ!

2分で完了! 見積もりのみでもOK