Shread and Needle

ランバンオンブルーのバッグ修理について

ランバンオンブルーについて

バーバリーなどにも並ぶ長い歴史を持つランバンのブルーレーベルがランバンオンブルー(Lanvinen Bleu)です。

ランバンのリュック

ランバンオンブルーのリュックサック。デニム生地を使用していて特徴のあるデザイン。

ランバンオンブルーは日本のアパレル企業によるランバンのライセンス商品になっています。マスターライセンスは伊藤忠商事が保持しています。

商品のラインナップは香水に始まり、洋服、バッグアクセサリー、ベルトなどのファッション雑貨まで
実に豊富です。

ランバンオンブルーのバッグについて

女性にとても人気のあるランバンオンブルーのバッグについてです。男性向けのリュックも展開していますが、やはり女性向けのバッグが売れているようです。

バッグのトップのリボンモチーフとなんといってもファスナーの付き方が面白いです。ランバンの高級ラインでも使用されている「ムシミセ」というファスナーの取り付け方法を使用しています。

ムシミセのファスナー部

この部分のファスナーが壊れてしまっても同様のデザインにて交換可能です。

またサテン調の生地は日本製のものを使用していて実にエレガントな印象になっています。

ランバンオンブルーのバッグ価格は2万5千円前後からと決して安くはありません。しかしほかのブランドでは表現できないスタイリッシュさを求めるなら高くはないお買い物といえるかもしれません。

ランバンオンブルーのバッグ修理について

デザインが特徴的なのでやはり修理に関しても少々手間がかかります。ランバンオンブルーのバッグ修理で後悔しないためにも、下記の注意点を確認してください。

まずはメーカーでの修理です。保証期間内である場合はひとまずメーカーでの修理を検討しましょう。

購入の証明書を用意して購入店に依頼しましょう。

ランバンオンブルーのメーカー修理注意点

  • 修理料金が比較的高額になるケースが多い
  • 修理納期が1か月以上かかる可能性大
  • 修理内容によっては修理が不可能

 

メーカー修理を依頼する場合は上記3点について注意しましょう。

次にバッグ修理専門店での修理です。当サイトでのランバンオンブルー修理を例にとって案内していきます。

ランバンオンブルーで一番多いバッグ修理がファスナーの不調です。

ファスナー故障

メインファスナー部分が切れてしまっています。こういった場合は交換にて。

ファスナーはランバンオンブルーリュックで一番目立つところに位置しているためデザインをオリジナルから変えてしまうとこのブランドの良さが消えてしまいます。

当サイトではオリジナルのデザインをほとんど変えずにオリジナルと遜色ないファスナー修理が可能です。

  • サブファスナー交換 6000円~
  • メインファスナー交換 8000円~
  • スライダー交換 2000円~

 

次に多いのがほつれ縫いとショルダーベルト関連の修理です。

  • ショルダーベルト補修 3000円~
  • ほつれ縫い 2000円~

キャリーバッグ・スーツケースの修理について

ランバンオンブルーのキャリーバッグを愛用している方も多いのではないでしょうか?故障した際に修理に出せる店舗がなくて困ってしまうのが旅行かばんの難点です。

そういった場合には当サイトのようなバッグ修理専門店に依頼するのがおすすめです。無料のメール見積もりが可能です。

キャリーバッグで依頼の多いのがキャスター部の修理です。意外と知らない方も多いですがキャスター部(車輪)は交換にて修理が可能です(特殊なものを除く)

  • キャスター交換 1箇所 2000~3000円
  • ハンドル交換 1箇所 5000~8000円
  • PUハンドル交換 12000円~
  • TSAロック交換 5000円~
    *特殊なタイプは修理不可の場合もあり

 

ランバンオンブルーのバッグ修理でお困りならまずは無料のメール見積もりをご利用ください。

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご利用ください。

バッグ修理見積もりはこちらからどうぞ!

2分で完了! 見積もりのみでもOK