Shread and Needle
イノベーター 修理 スーツケース

イノベータースーツケース修理案内|持ち込み・郵送にて修理可能

イノベーターのスーツケースキャスターが故障してしまった!

保証書がないけど修理は出来るの?

といった場合にはまずはこちらのページから。経験豊富な職人がイノベーターの修理について詳しく解説していきます。

イノベーター(Innovator)は株式会社トリオがプロディースするスーツケースブランドです。スーツケースやキャリーケースのラインナップもとても多くカジュアルなものが多いのが特徴で、十字のマークが存在感を出していて人気です。

けっして安くはないイノベーターのスーツケースが故障してしまったらまずは修理を検討してみてください。トリオからでているCARGO(カーゴ)も同様にに修理受付しています。

メーカーか修理専門店へ

修理依頼方法は主に2種類あります。

保証期間のメーカー修理

「オリジナルのパーツで修理してほしい」「保証期間中で初期不良の可能性がある」といったケースの場合はまずはメーカー修理を検討してみてください。初期不良が認められた場合には無償での修理が可能です。2年保証が付いている場合は、保証書と購入店、購入日が分かるものが必要となります。

キャスター(車輪)の消耗などは保証の範囲外になるので注意しましょう。またメーカー修理の場合には保証書が必ず必要です。保証期間外のものに関しては有償での修理となるので注意してください。

イノベーター公式サイト

修理専門店での修理

保証期間外のものや保証書がないといった場合にはかばん修理専門店にて修理を依頼するのがおすすめです。メーカー修理よりも比較的安く修理できる場合が多くなっています。また急ぎの場合も相談ください。

イノベーターで多い修理依頼ナンバースリー

それでは当サイトの修理例を参照にどういった修理が多いのかについて紹介していきましょう。ほとんどのケースで修理が可能ので諦めずに見積もり依頼してみてください。

一番多いキャスター(車輪)交換

なんといっても多いのがキャスター交換です。年間に3回以上利用される方は要注意です。

キャスターの故障が多い理由は消耗や劣化によるものがあります。スーツケースのキャスターは耐久性を持たせるために樹脂製のものも多く、劣化することがあります。そういった場合には交換での修理が可能です。

  • 2輪キャスター交換 1箇所 3000円

キャスターの土台が傷んでいる場合には別途見積もりが必要です。

スライダーやファスナーのトラブル

イノベーターのキャリーケースで多いのがファスナー関連のトラブルです。空港などでファスナートラブルを起こすととても大変ですので旅行の前にかならず修理を依頼しましょう。

スライダーのみが傷んでしまった場合にはスライダー交換にて修理が可能な場合があります。

またファスナー自体が傷んでしまった場合はファスナー一式を交換します(特殊なケースは修理不可)

  • スライダー交換 4000~5000円
  • ファスナー交換一式 30000円~(見積り)

 

ボディの割れや傷み

実はスーツケース本体の割れなども修理が可能です。強度を出しての修理が出来るので修理後に強度が下がってしまうことはありません。

  • ボディ割れ補強 8000~25000円
    *割れが大きい場合は修理不可

 

店舗所在地

鞄修理専門店スレッド&ニードル
東京都文京区本駒込6-13-1
電話:03-6304-1281
営業時間:10~19時
定休日:水曜日

その他特殊な修理にも対応しています。まずは一度見積もりにて依頼してください。

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご利用ください。

スーツケースの修理見積もりはこちらからどうぞ!

2分で完了! 見積もりのみでもOK