Shread and Needle

イニス(INNIS)のバッグ修理について|依頼方法・参考料金を詳しく

イニスのバッグのファスナーが壊れた

コバのコーティングが剥がれてきた

イニスのバッグの修理でお困りならこちらのページをご参照ください。修理経験豊富なカバン修理職人がアンテプリマのバッグの修理について詳しく解説していきます。

イニス(INNIS)は2015年イギリス・ロンドンで設立され、主にバッグ、アクセサリーを取り扱うブランドです。

イニスというブランド名はデザイナーから取ったもの。洗練されたデザインのバッグなどの製造はイタリアの職人が行うなどのこだわりがあるブランドでもあります。

メーカーでの修理

オリジナルのパーツでの修理を希望する場合メーカー修理を検討しましょう。メーカーでの修理の場合以下の項目をご確認ください。

  • メーカーに修理を依頼する場合保証書、領収書を添付する必要がある
  • 一般的にメーカー修理の場合見積もりや納期に時間を要する場合が多い
  • 基本的にオリジナルのパーツでの修理が可能
  • 並行輸入品の場合修理を断られるケースがある
  • 修理金額が高額になるケースが多い

 

修理専門店での修理

オリジナルのパーツでの修理にこだわらない、早く修理をしてすぐに使いたいといった場合修理専門店での修理を検討しましょう。

  • 保証書や領収書がなくても修理を受付可
  • 並行輸入品でも修理を受付可
  • オリジナルのパーツでの修理は基本的に不可
  • メーカー修理と比較して修理費用が安価に収まるケースが多い
  • 見積もりや納期にかかる時間がメーカー修理と比較すると早い

 

それでは修理専門店でのイニスのバッグの修理について解説します。

ショルダーベルト・持ち手の修理

イニスのバッグは、上質な皮革が使われています。使用頻度が高い、所持している年数が長いといった場合、ショルダーベルトや持ち手が劣化したり、切れてしまったりという不具合が発生することがあります。その場合修理が可能です。

またコバがはがれてきた、ショルダーベルトがほつれてきたといった場合は早めの修理をおススメしています。

  • 持ち手交換 12,000~18,000円
  • ショルダーベルト交換 12,000~18,000円

 

ファスナー・留め具の修理

バッグの内側についているファスナーを含め、ファスナーが開かない、スライダーが動かないといった場合交換修理が可能です。

また、マグネットで止めるタイプのものはマグネットが効かなくなってくることがあります。その場合交換修理が可能です。

オリジナルと遜色のないパーツを使っての交換修理ですので元のデザインを損なうことなく安心です

それ以外にも底鋲が取れてしまったといった場合も修理が可能ですので相談ください。

  • ファスナー交換 7,000円~
  • スライダー交換 3,000~5,000円
  • 底鋲交換 3,000円~

 

その他、イニスのバッグが汚れてきた、壊れてしまった、もう使えないとあきらめる前にカバン修理のスレッド&ニードルにご相談ください。メールで無料の見積依頼をしてみませんか?

カバン修理のスレッド&ニードルでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご依頼ください。

バッグ修理見積もりはこちらからどうぞ!

2分で完了! 見積もりのみでもOK