Shread and Needle

ハーシェルサプライのバッグ・スーツケース修理専門店

ハーシェルサプライのバッグが故障してしまった!

メーカーでの修理が高額で修理するか迷っている

といった場合にはまずはこちらのページから。経験豊富な職人がハーシェルサプライの修理について詳しく解説していきます。

ハーシェルサプライ(Herschel Supply)はカナダ出身のジェイミーとリンドン・マードック兄弟によって2009年に設立されたラゲージブランドです。

デイパック・スーツケースから小銭入れなどの小物に至るまで多種多様な商品をラインナップしています。

そんなハーシェルサプライのバッグやスーツケースが故障してしまったらまずは修理を検討してみてください。

まずはシフレのバッグ・スーツケース修理依頼方法

それではハーシェルサプライの修理依頼方法から紹介していきましょう。修理依頼方法は主に2種類あります。愛用しているバッグやスーツケースは修理して長く利用するのがおすすめです。

◯保証期間中のメーカー修理

保証期間中の場合にはメーカーでの修理がおすすめです。保証書をご用意の上、下記リンクから依頼しましょう。

保証期間外の場合には有償での修理となりますので注意が必要です。

・公式サイト

 

◯カバン修理専門店での修理

「メーカーでの修理が高額」「保証の期間外」といった場合にはカバン修理専門店に修理依頼しましょう。メーカー修理よりも安価に修理できる場合が多くなっています。また納期に関しても特殊な修理以外は早くなっています。

注意点としてメーカーオリジナルのパーツでは修理できないので気をつけましょう。オリジナルに近い汎用タイプのパーツにて修理します。

ハーシェルサプライのバッグ・スーツケース修理メニュー

それでは当サイトの修理例を参照にどういった修理が多いのかについて紹介していきましょう。ほとんどのケースで修理が可能ので諦めずに見積もり依頼してみてください。

スーツケースで依頼の多い修理

スーツケースのキャスターは修理できるの?と思われている方も多いかもしれません。キャスターが劣化してしまった場合には交換での修理が可能です。

ブランドを問わず一番多い修理依頼がキャスター交換です。比較的安く修理できるのでおすすめです。

  • キャスター交換 1箇所 2000~3000円
    *特殊なものは別途見積もり

TSAロックの交換などもお任せください。特殊なタイプ以外は交換が可能です。

  • TSAロック交換 5,000円~

バッグや財布で多い修理

ハーシェルのバッグで依頼の一番多い修理はファスナー・スライダー交換です。長く愛用している場合などは注意しましょう。

  • ファスナー交換 7000円~
  • スライダー交換 3000~5000円

次におすすめの修理は生地の破れ補修です。バッグなどの生地は一度破れてしまったら修理が出来ないとおもわれているかたも多いのではないでしょうか?

いつはナイロン生地の破れはミシン刺しと言う方法にて補修が可能です。見た目が完全にもとに戻るわけではありませんが、しっかりと強度を出しての修理が可能です。

  • 破れ補修 4000円~

 

その他の特殊な修理にも対応しています。まずは一度見積もりにて依頼してください。

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご利用ください。

カバン修理見積もりはこちらからどうぞ!

2分で完了! 見積もりのみでもOK