Shread and Needle

ハートマン(hartmann)のビジネスバッグ修理なら

ハートマンのバッグ修理でお困りならこ
ちらのページを参照ください。どういっ
た修理が可能なのか経験豊富な職人が解
説していきます。

ハートマン(hartmann)は1877年にアメ
リカにて創業したバッグブランドです。

ビジネスバッグから旅行バッグまでラゲー
ジ全般を幅広く取り扱っているので色々
な用途に使用されている方が多いかと
思います。

保証書や購入証明書がある場合は購入店での
修理も可能です。購入後すぐに故障してしま
った場合にはメーカーでの修理がおすすめです。

ハートマンのバッグを長く使用して故障して
しまった場合はこちらのページを参照の上
修理を検討してみてください。使い慣れた
バッグやリュックは修理しながら長く愛用
するのが得策です。

職人が解説するハートマンの修理案内

それでは当サイトの修理サンプルを
参照にどういった修理が多いのかに
ついて紹介していきます。

ブリーフケース・ビジネスバッグの修理

ハートマンのブリーフケースはナイロン
とレザーのコンビのタイプが主流となっ
ています。

直接手に触れる持ち手の部分などは
レザーを使用しており、持ちやすい
仕様になっています。

この持ち手部分レザーが劣化してしま
ったら交換での対応が可能です。通常
レザー部のみ張替えます。

  • 持ち手レザーの張替え 両側 7000~9000円

また比較的多い修理依頼がショルダーベルト
根元レザー(根革)の交換です。重いものを
常時携帯している方は注意が必要です。

この根革部は交換することでバッグを
より長く使用することが可能です。
通常両側同時の交換となります。

  • 根革交換 両側 7000~9000円

ハートマンのレザーバッグでおすすめの修理

ハートマンのレザーバッグはメンテナ
ンス次第でとても長く使用することが
できるバッグです。

レザーバッグの基本的な修理メニューに
ついて抑えておきましょう。

まずはレザー持ち手の交換修理です。
持ち手部分は直接手に触れる部分なので
消耗も早い部分になっています。

持っていて違和感がある場合や部分的
に傷んできた場合には両側同時の交換
にて対処しましょう。

持ち手はオリジナルのレザーに近いもの
にて再作成します。修理後に違和感が
出ることはないので安心です。

  • 持ち手交換 両側 12000~15000円

 

ビジネスで毎日使用しているレザーバッ
グなどは定期的にクリーニングすると
より良いです。

レザーはメンテナンスフリーと言うわけ
ではないので、定期的に保湿や補色など
をしましょう。

  • バッグクリーニング 4000~5000円
  • レザー染色 7000円~

 

その他ハートマンのバッグ修理でお困りの
場合にはまずは無料のメール見積りにてご
相談ください!

当サイトでは全ての修理に無料の再修理
保証をつけています。修理後3ヶ月以内の
不具合に関してはすべて無料にて再修理
致します。安心して修理ご依頼ください。

 

バッグ修理見積もりはこちらからどうぞ!

2分で完了! 見積もりのみでもOK