Shread and Needle
グッチ 鞄 修理

グッチ(GUCCI)のバッグ・財布修理についてまとめ記事

グッチのバッグ修理でお困りならこちらのページを参照ください。どういった修理が可能なのか経験豊富な職人が解説していきます。
グッチはウィメンズ、メンズ共に多種多様なバッグ・財布をラインナップしています。ある程度長く使用していると部分的に傷んでくることもあります。そういった場合には修理やメンテナンスを検討しましょう。
グッチのバッグ・財布の修理方法には大きく分けて2通りあります。
メーカーでの修理もしくはバッグ修理専門店での修理です。購入証明書があり、購入後1年未満の場合にはまずはメーカーでの修理を検討するのが無難です。経年劣化等での不具合は有償での修理が可能です。
また一部ですが初期不良が認められる場合には無償での修理が可能な場合もあります。
また時間に余裕がある場合にはメーカー修理と専門店での修理両方にて相見積もりを取るのが得策です。

グッチ(GUCCI)は、1921年にグッチオ・グッチ(Guccio Gucci)がイタリア・フィレンツェでレザーグッズ専門として創業しました。当初は乗馬に使う馬具にインスピレーションを受けたバッグや靴などのレザー製品が中心でしたが、現在ではケリンググループの中核をなすブランドとなり、バッグ・靴・財布などの皮革商品のほか、メンズ、レディースのウェア、アクセサリー、時計、香水など幅広く商品展開しています。

グッチのバッグ・財布 メーカー修理の場合

グッチオリジナルと全く同じパーツ等にて修理を希望の場合にはメーカーに修理を依頼しましょう。
メーカーに修理を依頼する際は以下の点に留意しましょう。

  • ギャランティ―カードや領収書がないと修理受付不可な場合がある
  • 並行輸入品、海外購入品は修理を受付けない場合がある
  • 見積もりや納期に長く時間がかかる
  • 修理金額が高額になる場合が多い
  • 状態によっては修理を断られること有り

◯グッチ 公式サイト

グッチのバッグ・財布 スレッド&ニードルで修理の場合

メーカー保証が切れているバッグに関してはグッチのバッグ・財布修理実績が豊富な専門店に修理を依頼するのが一般的で安心です。
オリジナルのパーツでの修理にはこだわらない、早くなおしたいといった場合はスレッド&ニードルでの修理を検討しましょう。

グッチのバッグをスレッド&ニードルに依頼をする場合は以下の点に留意しましょう。

  • ギャランティ―カードや領収書がなくても修理が可能
  • 海外で購入した製品や並行輸入品の修理も可能
  • 見積もりや納期はメーカー修理と比較すると迅速
  • 修理金額はメーカー修理と比較すると安価な場合が多い
  • メーカー修理で断られても見積もり可能
  • オリジナルのパーツでの修理は不可

◯スレッド&ニードル 公式サイト

 

グッチのバッグ修理案内

それでは当サイトの修理サンプルを参照にどういった修理が多いのかについて紹介していきます。

メーカーにて断られてしまった修理に関しても一度相談ください。

グッチで定番のバッグ修理から

まずはグッチのバッグで定番の修理から紹介していきます。バッグはブランドによって故障しやすい個所がある程度決まっています。

内装(バッグ内側)のベタつきや加水分解による劣化

3年以上使用しているバッグは内装の劣化に注意してください。特に長く使用していないで、クローゼットにしまいっぱなしのバッグは加水分解を起こしてしまうことが多々あります。

内装が劣化するのは合皮のみとなっています。レザーや生地ではなく合皮のタイプは保管にも気をつけましょう。

内装(バッグ内側)が劣化してしまった場合には張替えでの修理が可能です。劣化することのない内装用生地にて張り替えるので安心です。

  • 内装張替え 2万円~
    *内装の仕様によって料金が変動

 

メインファスナーやスライダー交換

ファスナーの不調

スライダーを閉めてもファスナーが閉まらない状態。ファスナー一式交換もしくはスライダー交換にて修理。

修理アフター

修理アフター。ファスナーを交換して、オリジナルの引手を移植。

メインファスナー部のトラブルはファスナー交換等にて対処可能です。ファスナーはオリジナルの色と遜色のないものにて交換できるので安心です。
またスライダー引き手に関してはオリジナルのものを移植することが出来ます。

  • メインファスナー交換 12000~18000円
  • スライダー交換のみ 3000~5000円

 

バッグの持ち手修理

キャンバス地トートの手元などは比較的修理依頼が多い箇所の一つです。

グッチのトートバッグは平手と呼ばれるタイプとなっています。こちらもオリジナルのレザーと遜色のないものにて作製、交換します。通常両側同時の交換となります。

  • 平手交換 両側 11000~15000円

 

グッチで特有なバッグ修理メニュー

ハンドバッグなどのビジューがついたモデルはビジュー外れに注意してください。

外れてしまっても、紛失していなければ再取り付けにて修理できます。

  • ビジュー取り付け 5000円~

 

ウィメンズバッグで多いグッチのロゴは再メッキが可能です。少々特殊な修理ですが、メッキが剥がてきて光沢がなくなって来たら再メッキを検討してください。

  • グッチロゴの再メッキ 2万~3万円

 

金具・ホックの交換

グッチのバッグに使われている金具類は可能な限りオリジナルに近いもので交換します。長く使用していると金具も摩耗してきます。
また。閉まらなくなったなど不具合の出やすいホックの交換も可能です。不具合が出て来たら交換を検討しましょう。

  • 各種金具交換  3000~8000円
  • 各種ホック交換 3000~7000円

 

レザーバッグなどでおすすめのクリーニングと染色

グッチのレザーバックは専門店での定期的なバッグクリーニングがオススメ。
定期的なバッグクリーニングをすることでレザーの保湿をして、更には汚れの定着を防ぐ効果があります。また色が落ちてしまったレザーバッグは染色で蘇ります。

  • バッグクリーニング 5000円〜
  • レザー染色 7000円~

 

グッチ 財布修理案内

それではスレッド&ニードルでも修理のご依頼の多いグッチの財布修理について詳しく解説していきましょう。
セルフメンテナンスをしていても、長く使っている間に不具合が発生することがあります!

ファスナー・スライダーの交換修理

長年愛用しているグッチの財布のファスナーは壊れることがあります。特に長財布の修理依頼が増えています。

ファスナーが閉まらない、スライダーが動かないといった場合交換修理が可能です。オリジナルと遜色のないパーツを使用しての交換修理になりますので、安心です。

  • ラウンドファスナー交換 9,000~14,000円
  • スライダー交換 3,000~4,000円

 

ほつれ修理とマチ交換

グッチの財布のカードケース部分や、二つ折り財布の中心などは長く愛用しているうちにほつれが生じる場合があります。その場合リステッチにて修理が可能です。

また、小銭入れ、札入れなどのマチが破れてしまうことがあります。この場合交換修理が可能です。

他のお店では断られてしまうことの多いこれらの修理でも対応いたします。

  • リステッチ 3000~8000円
  • マチ交換 10,000円~

 

クリーニング・染色

毎日使い、長く愛用してきたグッチの財布は、セルフメンテナンスをしていても汚れが目立ってくるものです。その場合レザーの染色やクリーニングが可能です。ホワイト、ピンクといった淡色系のレザーのお財布でもクリーニング、染色が可能ですのでご相談ください。

  • 財布クリーニング 4,000~5000円
  • レザー染色(部分) 5,000円~
  • 全体染色(小) 8,000円~
  • 全体染色(大) 12,000円~

その他、グッチのバッグ、財布修理は上記以外の修理も承ります。その他、グッチのキーケース、ポーチなど小物類の修理も承ります。もう使えないとあきらめる前にカバン&財布修理のスレッド&ニードルに一度ご相談ください。

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心して修理ご依頼ください。

バッグ修理見積もりはこちらからどうぞ!

2分で完了! 見積もりのみでもOK