Shread and Needle

グリフィンランドのスーツケースが故障してしまったら|修理依頼方法・料金

グリフィンランドのスーツケースキャスターが故障してしまった!

スーツケースの修理をどこに依頼すればいいのかわからない

といった場合にはまずはこちらのページから。経験豊富な職人がグリフィンランドの修理について詳しく解説していきます。

グリフィンランド(Griffin land)は株式会社クギマチが製造しているスーツケースブランドです。製造国は中国となっており、比較的安価でリーズナブルなスーツケースをプロデュースしています。

そんなグリフィンランドを長く使用している場合には修理が必要になってくる場合も多々あります。実はスーツケースは色々な修理が可能ですので、まだまだ使用したいといった場合には修理を検討しましょう。

グリフィンランドはどういった修理が可能なの?

それではグリフィンランドが故障してしまった場合どういった修理が可能なのでしょうか?またスーツケースの場合どこに依頼すればいいかもわからない場合が多いかと思います。

実はスーツケースは専門店であれば色々な修理が可能です。一番依頼の多いキャスターからハンドルまで8割型修理可能なケースが多くなっています。

修理依頼の際には当サイトのような修理専門店もしくはメーカーでの修理を検討しましょう。

保証期間中でメーカー修理を希望している場合には保証書などの購入証明者を持参の上購入店に依頼するのが一般的です。

安価でスピーディーな修理や見積もりが必要な場合には当サイトのような専門店に依頼するのがおすすめです。

一番依頼の多いキャスター(車輪)の修理

それでは当サイトの修理例を参考にスーツケースの修理について紹介していきましょう。

まずは一番依頼の多いキャスター交換です。スーツケースのキャスター部は直接地面に接地する箇所なので一番消耗が激しい箇所となっています。基本的にキャスター部は消耗品と考えて定期的に修理依頼するのが正解です。

  • キャスター交換 1箇所 2000~3000円

キャスターの台座が故障している場合には修理が不可の場合もあるので気をつけましょう。

トップハンドル、サイドハンドルの故障

スーツケースを上に持ち上げたりするときに持つ部分をトップハンドルやサイドハンドルと呼びます。この部分に関しても大きく荷重がかかる部分なので故障するケースもあります。

ハンドル自体の損傷のみであれば似寄りのハンドルに交換にて修理可能です。スーツケースのボディに損傷がある場合には別途ボディー修理も必要となります。

  • トップハンドル交換 5000円~
  • サイドハンドル交換 5000円~

 

PUハンドルの修理は注意が必要

歩行時にスーツケースを引っ張る際に使用するのがPUハンドルです。この部分はスライド式になっているものが多いので引き出せなくなるなどのトラブルが多くなっています。

PUハンドルの修理や交換は実は難易度が高く修理自体が困難な場合も多くなっています。見積もりは無料ですので一度メール見積もりにてご相談ください。

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご利用ください。

スーツケースの修理見積もりはこちらからどうぞ!

2分で完了! 見積もりのみでもOK