Shread and Needle

フルラのバッグ修理でお困りなら|財布修理についても解説

フルラのバッグ・財布修理について

フルラのバッグ修理でお困りならスレッド&ニードルにお任せください。フルラのバッグ修理実績多数があります。
フルラ(Furla)はイタリアにて1970年代にスタートしたブランドです。ブランドとしてバッグに特に力を入れていて、毎シーズン目を引くデザインのバッグをリリースしています。
1980年代には海外にも進出。1992年には日本でフルラ・ジャパンを設立しています。現在、バッグ、財布、革小物、シューズ、腕時計、サングラス等を商品展開しています。

フルラバッグの素材等について
フルラのバッグはほとんどがアレスというラミネート加工した本革を使用しています。

このアレス加工された革の特徴はその撥水性と基本的にメンテナンスフリーという点です。注意が必要なのは保存状態によってコーディング材の樹脂が劣化する可能性があることです。

またフルラではセミオーダー式のバッグも受注生産する「made for you」という面白い試みも行っています。フルラが好きな方なら、完全オリジナルのフルラバッグを作ってみても面白いかもしれません。

爬虫類系のフルラバッグ

ちょっとめずらしい爬虫類系のレザーを使用したハンドバッグ。定期的なクリーニングが必須。


 

フルラのバッグ・財布 メーカー修理の場合

オリジナルと全く同じパーツ等にて修理を希望の場合にはメーカーに修理を依頼しましょう。
メーカーに修理を依頼する際は以下の点に留意しましょう。

  • ギャランティ―カードや領収書がないと修理受付不可な場合がある
  • 海外購入品、並行輸入品は修理を受付けてもらえない場合がある
  • 見積もりや納期に長く時間がかかる
  • 修理金額が高額になる場合が多い
  • 状態によっては修理を断られること有り

◯公式サイト


 

フルラのバッグ・財布 スレッド&ニードルで修理の場合

メーカー保証が切れているバッグ・財布に関してはフルラのバッグ修理実績が豊富な専門店に修理を依頼するのが一般的で安心です。
オリジナルのパーツでの修理にはこだわらない、早くなおしたいといった場合はスレッド&ニードルでの修理を検討しましょう。

フルラのバッグをスレッド&ニードルに依頼をする場合は以下の点に留意しましょう。

  • ギャランティ―カードや領収書がなくても修理が可能
  • 海外で購入した製品や並行輸入品の修理も可能
  • 見積もりや納期はメーカー修理と比較すると迅速
  • 修理金額はメーカー修理と比較すると安価な場合が多い
  • メーカー修理で断られても見積もり可能
  • オリジナルのパーツでの修理は不可

◯スレッド&ニードル 公式サイト


 

フルラのバッグ修理

フルラバッグのファスナーが故障してしまった場合

フルラに限らずバッグで多い修理依頼の一つがファスナーのトラブルです。

突然閉まらなくなった場合やスライダーが固まって動かなくなってしまったときには修理にて対応しましょう。

ファスナーの修理方法は主に2種類あります。ファスナー自体の交換修理とスライダーのみの交換ですむ場合です。どちらの場合でもフルラバッグのデザインをそれほど変えることなく修理できますのでご安心ください。

  • ファスナー交換 7,000円~
  • スライダー交換 3,000~5,000円

 

フルラロゴの再メッキ

断られることがとても多い金属ロゴの再メッキも専門店なら可能です。

メッキ方法によって2通りの作業方法があります。どちらの方法でもしっかりと再メッキ可能ですがツヤなど完璧な復元を希望であれば復元再メッキにて修理しましょう。

  • 簡易再メッキ 15000~2万円
  • 復元再メッキ 25000~3万円

 

金具・ホックの交換

フルラのバッグに使われている金具類は可能な限りオリジナルに近いもので交換します。長く使用していると金具も摩耗してきます。
また。閉まらなくなったなど不具合の出やすいホックの交換も可能です。不具合が出て来たら交換を検討しましょう。

  • 各種金具交換  3000~8000円
  • 各種ホック交換 3000~7000円

 

フルラの小型ショルダーバッグ

写真のような金属ショルダーの修理依頼も比較的多くなっています。


 

持ち手・ショルダーベルトの修理

持ち手の革が汚れて来たり、破れて来たら交換修理が可能です。ショルダーベルトや持ち手の根元の縫製がほつれた場合は再縫製修理が可能です。それぞれの痛み度合いに合わせた修理が可能ですので、もう使えないとあきらめる前に修理を検討しましょう。

  • 持ち手交換 12,000円~
  • ショルダーベルト一式交換 12,000円~

 

フルラの平手元

平手と呼ばれるシンプルな仕様の手元。交換で修理が可能で、見た目も変更もほとんどありません。


 

バッグのクリーニング

フルラのバッグは特に淡色系の場合、汚れが目立つようになります。また、汚れがしみ込んでしまって取れない場合など、カバン修理専門店でバッグのクリーニングが可能です。

バッグのクリーニングのほか、気になる部分だけの部分染色や全体的な染色なども承ります。一度ご相談ください。

  • バッグクリーニング 4,000~5,000円
  • レザーバッグ染色 7,000円~

 

フルラ財布の修理

フルラの長財布

真ん中の錠前が印象的なフルラウォレット。

スライダーのみ交換修理

スライダーのみ交換の場合は安く修理可能。

知らない方も多いかもしれませんが、実はフルラの財布も色々な修理が可能です。今までは諦めてしまっていたお財布についても一度修理を検討してもいいかもしれませんね。

ファスナー・スライダーの交換修理

長年愛用しているフルラの財布のファスナーは壊れることがあります。特に長財布の修理依頼が増えています。

ファスナーが閉まらない、スライダーが動かないといった場合交換修理が可能です。オリジナルと遜色のないパーツを使用しての交換修理になりますので、安心です。

  • ラウンドファスナー交換 9,000~14,000円
  • スライダー交換 3,000~4,000円

 

ほつれ修理とマチ交換

フルラの財布のカードケース部分や、二つ折り財布の中心などは長く愛用しているうちにほつれが生じる場合があります。その場合リステッチにて修理が可能です。

また、小銭入れ、札入れなどのマチが破れてしまうことがあります。この場合交換修理が可能です。

他のお店では断られてしまうことの多いこれらの修理でも対応いたします。

  • リステッチ 3000~8000円
  • マチ交換 10,000円~

 

クリーニング・染色

毎日使い、長く愛用してきたフルラの財布は、セルフメンテナンスをしていても汚れが目立ってくるものです。その場合レザーの染色やクリーニングが可能です。ホワイト、ピンクといった淡色系のレザーのお財布でもクリーニング、染色が可能ですのでご相談ください。

  • 財布クリーニング 4,000~5000円
  • レザー染色(部分) 5,000円~
  • 全体染色(小) 8,000円~
  • 全体染色(大) 12,000円~

その他、フルラのお財布修理は上記以外の修理も承ります。もう使えないとあきらめる前にカバン&財布修理のスレッド&ニードルに一度ご相談ください。

詳しい納期やそのほかのフルラバッグ・財布修理に関しては無料のメール見積もりをご利用ください。また店頭での修理依頼をご希望の場合には下記のコラムを参照の上来店ください。見積もりのみのご利用も可能ですので、お気軽にご利用ください。

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご利用ください。

バッグ修理見積もりはこちらからどうぞ!

2分で完了! 見積もりのみでもOK