Shread and Needle

フォリフォリのバッグ修理についてのご案内

バッグ修理職人によるフォリフォリの修理案内

フォリフォリ(folli follie)のバッグ修理でお困りならこちらのページを参照ください。経験豊富な修理職人がフォリフォリバッグのタイプ別に修理について詳しく解説していきます。

通勤で使えるスタイルコードバッグからインパクトのあるメタリックラブまで女性に人気なのがフォリフォリです。

バッグに使用されている素材は本革から合皮まで幅広くあります。またバッグのタイプに関してもトートバッグ、ショルダーバッグリュックタイプと一通りラインナップしています。

そんなフォリフォリのバッグですが長く使用していると修理やメンテナンスが必要になることもあります。そういった場合は下記のバッグタイプ別の修理案内を参照の上修理を検討してみてください。

スタイルコード Style Codeで多い修理

フォリフォリバッグの中でもビジネスパーソンに人気なのがスタイルコードです。大容量かつ場所を
選ばないスタイルが多くの女性に支持されています。

バッグの素材は本革と合皮をコンビで使用しています。

スタイルコードはビジネスで毎日使用されることが多いので、故障するケースも多くあります。そんなスタイルコードで多い修理は下記の2点になります。

一番多い手元の切れ

重いものを常に携帯している方はバッグの手元に注意しましょう。

スタイルコードの手元(ハンドル)は丸手と呼ばれるタイプを使用しています。万が一切れたり、傷んだりした場合でも交換での修理が可能です。

  • 丸手交換(両側)12000~14000円

 

片側のみ壊れてしまった場合も、必ず両方同時に修理することをおすすめしています。

ファスナーの滑りが悪くなったら要注意

ファスナーの故障は誰でも一度は経験があるのではないでしょうか?フォリフォリのバッグでもやはりファスナーは消耗パーツです。滑りが悪くなったら、交換の目安と考えましょう。

ファスナー自体に損傷がなり場合はスライダーのみの交換で修理が可能なケースもあります。またファスナー交換の際にはオリジナルと遜色のないものにて交換できますので、ご安心ください。

  • スライダー交換 3000~4000円
  • メインファスナー交換 8000~1万円

 

メタリックラブ Metallic Love

インパクトのあるメタリックカラーが印象的なシリーズです。こちらでは人気のあるリュックタイプの修理について紹介していきます。

ショルダーベルト関連の修理

フォリフォリのメタリックラブで一番多い修理がショルダーベルト関連のものです。

ショルダーベルトが金具で取り付けられているタイプですので、強度はそれほど強くありません。ショルダーベルトの金具(ナスカン、Dカン)が摩耗してしまった場合は早めに交換での修理をしましょう。

  • 金属パーツ交換 3000~4000円

 

リュックでもやはりファスナーには注意

フォリフォリのリュックに関してもやはりファスナーには注意しましょう。使用頻度が高いメインファスナーは故障する可能性が高くなっています。

  • メインファスナー交換 8000~1万円

 

スライダー引手の取付

スライダーの引き手(持って引っ張る部分)のみが故障してしまうこともまれにあります。

そういった場合には引き手のみの取付もしくはスライダー一式の交換が可能です。修理料金も安価に済みます。

  • スライダー引手取付 2000~3000円

 

フォリフォリバッグのメーカー修理を希望する場合

購入後すぐに壊れてしまった場合や修理保証の期間内の場合はまずはメーカー修理を依頼するのが一般的です。

フォリフォリのバッグメーカー修理の依頼は購入店舗にて行いましょう。保証書もしくは購入証明書を持参するのを忘れずに。

メーカー修理で断られた場合や修理料金が高額になってしまった場合は諦めずにバッグ修理専門店に見積り依頼しましょう。

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご利用ください。

バッグ修理見積もりはこちらからどうぞ!

2分で完了! 見積もりのみでもOK