Shread and Needle

f/ce(エフシーイー)のバッグ修理なら!|料金・依頼方法など

エフシーイーのバッグ修理でお困りならこちらのページを参照ください。どういった修理が可能なのか経験豊富な職人が解説していきます。

エフシーイー(f/ce)はフィクチュールというブランドが改名して、新たにリスタートを切ったブランドです。バッグよりもダウンなどの洋服が特に有名ですが、バッグのラインナップにも力を入れています。リュックサックや小型ポーチが売れ筋となっています。

主にボディにナイロンを使用したバッグが多いのが特徴です。またマスターピースのように部分的にヌメ革を使用しているバッグも人気があります。

そんなエフシーイーのバッグが故障してしまった場合には、まずは修理を検討してみてください。

エフシーイーのバッグ修理案内

当サイトでの修理サンプルを参照にどういった修理が多いのかについて紹介していきます。

「これは直らないだろう」と思っているバッグも意外と修理可能な場合が多くなっています。まずは見積りを依頼するのがおすすめです。

定番かつ基本のバッグ修理

エフシーイーのバッグは色々なタイプのファスナーを使用しています。ビスロンと呼ばれるタイプや防水ファスナーなどがあります。

特殊なタイプのファスナーも専門店なら同様のタイプにて交換することが可能です。

  • ビスロンファスナー交換 9000~15000円
  • 防水ファスナー交換 9000~15000円
    *ファスナー長さとバッグ仕様によって変動

ショルダーベルトの付け根が弱ってきたら補強にて対応しましょう。重いものを常時携帯している方は
要注意です。

  • ショルダーベルト補強 5000~8000円

 

エフシーイーで抑えておきたい修理メニュー

エフシーイーは強靭なバリスティックナイロンやコーデュラナイロンを本体生地に使用しています。

滅多なことでは傷まないバリスティックナイロンですが、長く愛用していると修理が必要なこともあります。

バッグ生地の傷みなどにはミシン刺しなどの修理方法にて対応可能です。補修跡は多少残りますがしっかりと強度がでるのでおすすめです。

  • ミシン刺し 5000円~

 

バッグ表面にステッチをほとんど使用していないno seamのバッグなど特殊なデザインも修理の際には相談ください。破れてしまった場合などには破れ補修にて修理しましょう。

  • 生地破れ補修 5000円~

 

キャリーバッグの修理案内

通常のリュックやバッグ以外にもキャリーバッグの修理も可能です。F/CEのキャリーバッグは一般の修理店にて断られることが多々ありますので注意しましょう。

F/CEのキャリーバッグは2輪のものが多くなっています。修理で一番多いのはキャスターの修理です。オリジナルに近い似寄りのキャスターにて交換します。

キャスター交換の際には片方のみではなく両方同時の修理をおすすめしています。これはキャスターの減り方は通常同時進行にて起るためです。

  • キャスター交換(2輪タイプ)1箇所 4000~6000円

 

その他エフシーイーのバッグ修理でお困りの場合にはまずは無料のメール見積りにてご相談ください!

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心して修理ご依頼ください。

バッグ修理見積もりはこちらからどうぞ!

2分で完了! 見積もりのみでもOK