Shread and Needle

ディオールのバッグ修理で困った場合の対処方法

こちらのページではディオールのバッグ修理について経験豊富な職人が詳しく解説していきます。修理後に後悔しないためにもまずはこちらのページからどうぞ。

ディオールはデザイナーのクリスチャン・ディオールが確立したフランスを代表するファッションブランドです。その名を冠したクリスチャン・ディオール(Christian Dior)はオートクチュール(高級注文服)をはじめ、幅広くファッション分野に展開しています。
繊細なカーフスキン、ラムスキンを多用した美しいバッグはしっかりメンテナンス、修理をして長く愛用したいものですよね。そういった場合に必要なバッグ修理とメンテナンスについて解説していきましょう。

ディオールのバッグの修理

ディオールのバッグ修理依頼方法には主に2通りあります。

ディオールでは直営店に持ち込み修理を依頼できます。その際ギャランティカードを添えることを忘れずに!その後工房に持ち込まれてから見積もりが出ます。メーカー修理はバッグ修理専門店と比較して、修理期間は長く、金額も高額になることが多いので注意しましょう。

修理をやや急いでいる場合や安価に修理したい場合にはバッグ修理専門店を利用するなど使い分けるといいかもしれません。

人気のレディディオール(LADY DIOR)の修理

カナージュモチーフのステッチ加工と、オリジナルのチャームが印象的なレディディオール。使い続けていると、角を中心に擦れ傷、ステッチ加工のホツレ、色スレなどのトラブルが目立つようになります。
バッグ修理専門工房スレッド&ニードルではレディディオールのステッチ加工の補修、型崩れの補修が可能です。特にステッチ加工は放置しておくと、ホツレた箇所がどんどん広がってしまうので早めの修理がおススメです。

  • ほつれ補修 3000円~
  • レザーの擦り傷補修(部分染色) 7000円~

 

ハンドル・ストラップの修理

使用頻度の高いハンドル部分の汚れや傷みが起きやすくなっています。そういった場合、ハンドル部分のクリーニングよりも持ち手交換での修理がおすすめです。染色やクリーニングでのメンテナンスも可能ですが、直接手で触れる頻度が高い部分なので交換をおススメしています。

ストラップ、ハンドルの金具部分も同様に長く使用していると破損してしまうことがあります。バッグ修理専門工房スレッド&ニードルではストラップ、ハンドルの交換修理が可能です。金具の交換についてもご相談ください

  • ハンドル交換 12000円~
  • 金具交換 3000円~

 

刺繍入りバッグの修理

カーフスキンにカラフルな刺繍が施されたディオールのバッグ。刺繍部分がホツレてきたらすぐに補修をすることをおススメします。ホツレ部分がどんどん広がってしまいます。またビーズを使っている部分は色や素材をオリジナルと遜色のないものを選んで交換するので色合いや風合いが変わることはありません。

ファスナー・スライダーのトラブル

使用頻度の高いファスナー、スライダーのトラブルは多いものです。スムーズに動かない、引っかかるといった症状が出てきたら修理を検討しましょう。
ディオールオリジナルのファスナーと遜色のないものと交換するので、修理後に違和感が残ることはありません。

  • メインファスナー交換 12000~18000円
  • サブファスナー交換 1万~15000円
  • スライダーのみの交換 3000~5000円

 

その他のディオールバッグやお財布の修理でお困りの場合にはまずは無料のメール見積りにてご相談ください!修理依頼の際には来店もしくは郵送での修理が可能です。お気軽にご相談ください。

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心して修理ご依頼ください。

バッグ修理見積もりや修理依頼はこちらからどうぞ!

2分で完了! 見積もりのみでもOK