Shread and Needle

ココマイスターのレザーバッグ修理案内

ココマイスターのバッグ修理でお困りならこちらのページを参照ください。どういった修理が可能なのか経験豊富な職人が解説していきます。

ココマイスター(COCOMEISTER)はここ数年で一気に有名になったレザー製品ブランドです。レザーバッグと革財布をメインにラインナップしています。

ココマイスターの特徴は何と言ってもそのレザー品質です。欧州発の最高級レザーを贅沢に使用しています。コードバン、ブライドル、カーフなど実に多種多様なレザーを取り扱っているので修理の際にもそのレザーにあったメンテナンスが必要です。

そんなココマイスターのバッグを長く愛用している方も多いのではないでしょうか?3年以上使用している際には修理やメンテナンスについても予め知っておきましょう。

メーカー修理について~ココクラブとは?

修理の際にまず検討したいのがメーカーでの修理です。

ココマイスターでは正規店にて購入した商品の修理を受け付けています。

◯メーカー修理の特徴

  • ココクラブに入会すると修理の割引などの特典がある
  • ココクラブに入会していなくても修理自体は可能
  • 特殊な修理に関しては修理不可になる可能性もある
  • 修理が高額になる場合もあるので注意が必要

メーカーでの修理には上記のようなメリットとデメリットがあります。修理の際には修理専門店と相見積もりなどを取りながら利用するのがいいかもしれません。

専門店のココマイスターのバッグ修理案内

それでは当サイトの修理サンプルを参照にどういった修理が多いのかについて解説していきます。

ココマイスターのバッグはしっかりとした作りが多く、簡単に故障することはありません。しかしある程度長く使用している場合には部分的に修理が必要になる可能性があります。

故障してしまった際にもほとんどのケースで修理が可能です。諦めてしまう前に一度見積りを依頼しましょう。

バッグハンドルの交換修理

バッグのハンドル(持ちて部)は実は交換が可能です。

ココマイスターのバッグハンドルは主にレザーを使用しています。長く使用している際にはレザーが弱ってきたり、擦り切れてしまうことがあります。

バッグの手元が傷んできたら交換での修理を検討しましょう。オリジナルのレザーに合わせて、近いレザーにて交換するので安心です。

  • ビジネスバッグ手元交換 12000~14000円
  • トートバッグ手元交換 10000~14000円

 

定番修理のファスナー交換

ビジネスバッグやリュックのファスナーが閉まりづらくなった場合には交換が可能です。

バッグのファスナー部分は消耗品ですので使用頻度が高い場合はトラブルに注意しましょう。

ファスナーが閉まりづらくなってきた場合やスライダーを閉めても閉まらない場合などは修理を検討しましょう。

  • スライダー交換のみ 3000~4000円
  • メインファスナー交換 9000~18000円
  • サブファスナー交換 7000円~

 

またスライダーの引き手部はほとんどのケースで移植可能です。

レザーのメンテナンスと染色案内

ココマイスターは実に多種多様な欧州製レザーを使用しています。最高級のレザーを使用しているので
レザーメンテナンスもしっかりとしましょう。

レザーバッグでオススメなのがバッグクリーニングです。ビジネスで使用されている方などは毎日の
汚れに気をつけましょう。

毎日使用されている方などは1年に1回はバッグクリーニングに出すことをおすすめしています。

またレザーの色が退色してしまった場合などは染色にて修理しましょう。ほとんど違和感なく修理できるのでおすすめです。

  • バッグクリーニング 4000~5000円
  • 部分染色 7000円~
  • 全体染色 15000~25000円

 

その他ココマイスターのバッグでお困りの場合にはまずは無料のメール見積りにてご相談ください!

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心して修理ご依頼ください。

バッグ修理見積もりはこちらからどうぞ!

2分で完了! 見積もりのみでもOK