Shread and Needle

バーマス(BERMAS)修理案内|専門店なら持ち込み・郵送で修理可能

バーマスのスーツケースキャスターが故障してしまった!

バッグのファスナー修理はどこでできるの?

といった場合にはまずはこちらのページから。経験豊富な職人がバーマスの修理について詳しく解説していきます。

バーマス(BERMAS)は1919年にドイツで生まれた旅行用ラゲージブランドです。ドイツ製の堅実名作りを特徴として親しまれています。スーツケース、キャリーケース、ビジネスバッグなど多種類に渡って商品を展開しているのもバーマスの良いところです。

バーマスのビジネスバッグやスーツケースが壊れてしまった場合にはどこに修理を依頼すればいいのでしょうか?また料金はどのくらいかかるかなどについて紹介していきます。

バーマスはどこで修理依頼するの?

それではバーマスの修理依頼方法から紹介していきましょう。修理依頼方法は主に2種類あります。

◯保証期間のメーカー修理

保証期間中で保証書が手元にある場合にはメーカー修理がおすすめです。保証期間中で初期不良が認められた場合などには無償での修理が可能な場合もあります。

注意点として保証修理を希望する場合にはバーマスクラブ(カスタマーサービス)に登録する必要があることです。下記リンクからオンライン上で登録出来ますがひと手間かかるのが厄介です。

・バーマス公式サイト

尚スーツケースの鍵をなくしてしまった場合は公式サイトにて購入が可能です。1000円からとなっているので、鍵紛失の場合には利用してみてください。

◯カバン修理専門店での修理

「保証書がない」「保証の期間外」といった場合にはカバン修理専門店に修理依頼しましょう。メーカー修理よりも安価に修理できる場合が多くなっています。また納期に関しても特殊な修理以外は早くなっています。

バーマスのカバン・スーツケースで多い修理

それでは当サイトの修理例を参照にどういった修理が多いのかについて紹介していきましょう。ほとんどのケースで修理が可能ので諦めずに見積もり依頼してみてください。

スーツケースのキャスター(車輪)修理

やはり多いのがキャスター部の故障です。バーマスのキャスターに関しては一部特殊なものを除いて交換での修理が可能です。

汎用タイプにて交換しますので多少デザインが変わる可能性があります。

  • キャスター交換 1箇所 2000~4000円

 

キャスター台座も故障している場合には修理不可となる場合もあるので注意しましょう。

ビジネスバッグのファスナー修理

次に多いのがビジネスバッグのファスナー交換です。ビジネスバッグのファスナーは毎日頻繁に開け締めする箇所となっています。故に故障も多くなっています。消耗品と捉えて定期的に交換修理するのがおすすめです。

  • メインファスナー交換 9000円~
  • サブファスナー交換 7000円~

 

スーツケースのボディ割れ

実はスーツケースのハードシェルに亀裂が入ってしまっても修理することが出来ます。修理後の強度に関してもかなり耐久度が高くなるのでおすすめの修理です。

  • ボディー補強 1箇所 8000~18000円

 

その他特殊な修理にも対応しています。まずは一度見積もりにて依頼してください。

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご利用ください。

カバン修理見積もりはこちらからどうぞ!

2分で完了! 見積もりのみでもOK