Shread and Needle

LASTON(ラストン)は鞄や財布など革製品のクリーニング・メンテナンス商品で革製品全般に使用できます。特に高級バッグのケアとして人気でUS版アマゾンでも高評価を得ています。 公式ホームページ(英語) [blogcard url="https://www.lastoncare.com/"] Amazonで購入できます。 現在2種類、アマゾンにて購入できます。 モイスチャライザー [blogcard url="https://www.amazon.co.jp/dp/B07D7JL6HB?ref=myi_title_dp"] クリーニングワイプキット [blogcard url="https://www.amazon.co.jp/dp/B0758ZCWY1?ref=myi_title_dp"] 現在調整中につき掲載内容が変更できません。 カテゴリー違い、並行輸入ではなく正規取扱など、違った情報になっています。 ご不便おかけし申し訳ございません。 商品は4種類 クリーナー、モイスチャライザー、ガードステイン、クロスの全部で4種類販売されています。 ALL made in USA クリーニングワイプキット(Renew Handbag Cleaning Wipes Kit) クリーニングワイプは汚れ落としです。バッグの仕上げや色を変えずに、汚れ、ほこり、汚れを優しく取り除きます。穏やかな洗剤、天然植物油、皮膚軟化剤がバランス良く配合されています。   個別に包装(8パック入り)されているため、バッグに新しいものを随時入れておくことができます。 小さな汚れが大きくなる前に対処できるので安心です。 レザーモイスチャライザーやガードステインを塗る前に汚れを落としてください。ただ拭くだけです。 ウェットティッシュのように使えるのでとても使いやすいうえに、大きめのバッグでも1枚で足ります。 レザーモイスチャライザー(Leather Moisturizer) 革は肌です。 肌と同様にバランスの取れた水分が必要です。レザーモイスチャライザーは革を乾燥、スケーリング、また割れないように調整します。 すべての革製品は古くなっています。 透明で低臭の成分は、ハンドバッグの革を汚したり、黒くしたりしません 革の自然な水分バランスを補充して維持します すべての滑らかな革と色に対して安全。 スエードやヌバックには使用できません アメリカ製 8オンスボトル(約237㎖) いらなくなったTシャツのような柔らかい生地、又はマイクロファイバークリーニングクロスに付けてから鞄等の全体に塗ってください。 古いバッグをリフレッシュする ラストンレザーモイスチャライザーは、時間とともに色あせていく天然の皮膚軟化剤とコンディショナーを補充します。 ガードステイン&撥水(Guard Stain&Water Repellent) ハイファッションレザー専用に設計されたガードステインは、雨、汗、汚れからバッグを保護します。 このスプレー処理は革に浸透し、水や汚れが付着するのを防ぐバリアを形成します。 新品のままの状態に保つために新しいハンドバッグに使用、バッグをメンテナンスするたびに使用することをオススメします。 今日のハンドバッグに使用されるソフトレザー専用に処方 水をはじき、汚れに強い 革を固めたり、自然な通気性を低下させたりしません 滑らかな革とスエードに安全 6オンス(約170㎖) 近づけすぎずに全体に吹きかけてください。   プレミアムマイクロファイバークロス(Premium Microfiber Cloth) マイクロファイバークリーニングクロスは、レザーローションでコンディショニングする場合に最適です。 柔らかくて吸収性のある布は、軽くて均一に保湿剤を塗ることができます。...

「スーツケースのタイヤのゴムがいつの間にか割れていた!!」 「空港から戻ってくるときにボディが割れていた!」 といったトラベリストのスーツーケースの修理を検討されている場合、こちらのサイトを参考にしてください。熟練のスーツケース修理職人が解説いたします。 トラベリスト(TRAVELIST)は老舗日本鞄メーカー協和日本ホールディングスの直営スーツケースブランドです。お手頃な価格で手に入るため修理する際は愛着や使いやすさを考えてご検討ください。 協和ホームページ [blogcard url="http://www.kyowa-bag.co.jp/"] トラベリスト メーカーでの修理 オリジナルのパーツをを使って修理を希望する場合はメーカー修理を検討しましょう。購入したお店にてご相談ください。 メーカーに修理を依頼する際は以下の点に留意しましょう。 ギャランティ―カードや領収書がないと修理受付不可な場合がある 見積もりや納期に長く時間がかかる 修理金額が高額になる場合が多い 状態によっては修理を断られることがあります。 国内正規購入品以外の無償保証はない トラベリスト 修理専門店での修理 オリジナルのパーツでの修理にはこだわらない、早く直したいといった場合は修理専門店での修理を検討しましょう。 修理専門店に依頼をする場合は以下の点に留意しましょう。 ギャランティ―カードや領収書がなくても修理が可能 見積もりや納期はメーカー修理と比較すると迅速 修理金額はメーカー修理と比較すると安価な場合が多い メーカー修理で断られても見積もり可能 オリジナルのパーツでの修理は不可 それでは、当サイトにも修理のご依頼やお問い合わせが増えてきているトラベリストのスーツケース修理について解説しましょう!   キャスター交換 スーツケースの車輪、タイヤ部分をキャスターといいます。この部分は殆どのケースで交換修理が可能です。2輪タイプのものと4輪タイプのものでキャスターの構造が異なります。どちらのタイプにも対応しているので安心です。 2輪キャスター交換 1箇所 3000円~ 4輪キャスター交換 1箇所 5000円~ タイヤの土台部分からの交換 1箇所 8000円~ キャスター1箇所に2個付いているタイプは金額が高くなってしまいます。 壊れる原因1:スーツケースはたまにしか使わないという方も多いと思います。ずっと使わないでしまったままでいるとゴムは劣化してしまい、2~3回しか使用していないのにもうダメになったということが起こります。後悔する前にゴムの劣化スプレーなどで定期的に拭いてあげましょう。 壊れる原因2:髪の毛などのゴミが詰まった状態で無理やり引きずってしまうとタイヤの片側だけが削れていき、さらにはタイヤの土台が削れ、もっといくとボディーまでも地面に擦れてしまいます。タイヤの土台からになると少し高い修理になってしまいます。髪の毛の除去や油をさしてメンテナンスしてください。おかしいと思ったまま使用していれば修理ができない状態にまでなってしまう可能性があります。   ハンドル交換 サイドとトップに通常一つづつついているのがトップハンドルとサイドハンドルです。大きく力がかかる部分なので故障も多くなってしまいます。重い物を入れて使用していればなおさらに壊れます。 ハンドルが破損してしまった場合は通常、交換修理となります。汎用のパーツにて交換修理します。汎用のパーツでの交換だとハンドルを留めるビスの位置が合わない場合があります。その場合はボディに穴をあけて、元の穴が見えるようならカシメで目立たないようにします。 ハンドル交換 6000円~   PUハンドル交換 引き出しスライド式のハンドル部をPUハンドルと呼びます。 完全に折れてしまった場合はメーカー修理となるケースが多いです。そういった場合にはメーカーにまずは問い合わせてみましょう。引き出せないなどといったトラブルは専門店でも修理対応が可能な場合があります。しかしながら基本的には内部の破損トラブルなので丸々交換での修理になります。 PUハンドル交換 18000円~ 壊れる原因:スーツケースを持ち上げるときにトップハンドルではなくPUハンドルで持ち上げて電車など乗り降りされている方をよく見かけます。持ち上げるためのハンドルではないため、そのように使用していれば必ず壊れます。高額な修理になりますので持ち上げるときはトップハンドルやサイドハンドルを持つように心がけてください。   ファスナー交換 故障してしまった場合スライダー交換もしくはファスナー一式の交換となります。一部特殊なものは修理対応不可のものもあるので注意しましょう。 ファスナー交換 一式 3万円~ スライダー交換 7000円~ 壊れる原因:ファスナーに平行ではなく垂直に力を入れて開けようとする、ファスナーを完全に開けきらずに無理やりスーツケースを開こうとしてしまう、などで破損してしまうケースが多いです。ファスナー交換も高額な修理になるため、普段から優しく取り扱ってあげることをおすすめします。   TSAロック交換 TSAロックに関しても交換修理となります。 TSAロック交換 1箇所 1万円前後(見積り)   ボディ凹み・割れ修理 空港から戻ってきたらボディが割れていたというケースが多くなっています。ボディの凹みや割れは補強にて修理対応可能で、同時に割れ目も目立たないように塗装します。 ボディ補強修理 1万円~(見積り) 空港で破損された際はその場で必ず対応してもらってください。   鞄修理専門店スレッド&ニードル 東京都文京区本駒込6-13-1 電話:03-6304-1281 営業時間:10~19時 定休日:水曜日 [blogcard url="http://threadandneedle.net/suitcase/"] その他の特殊なスーツケース修理にも対応しています。まずは一度見積もりにて依頼してください。 当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご依頼ください。 [action full_width='no' content_in_grid='yes' type='simple' icon='' icon_size='' icon_color='' custom_icon='' background_color='#2f74eb' border_color='' show_button='yes' button_text='無料で見積もり' button_link='http://threadandneedle.net/inquiry/' button_target='' button_text_color='#fafafa' button_hover_text_color='' button_background_color='orange' button_hover_background_color='red' button_border_color='orange' button_hover_border_color='']スーツケース修理見積もりはこちらからどうぞ! 2分で完了! 見積もりのみでもOK [/action]...

「エバウィン製スーツケースのタイヤのゴムがいつの間にか割れていた!!」 「空港から戻ってくるときにボディが割れていた!」 といったエバウィンのスーツーケースの修理を検討されている場合、こちらのサイトを参考にしてください。熟練のスーツケース修理職人が解説いたします。 エバウィン(EVERWIN)は1945年創業。山一インターナショナル株式会社(スーツケースや鞄、レザー小物を中心に取り扱う総合卸メーカー)のオリジナルブランドです。住友生命1UPのCMで、俳優の瑛太さんが使用しているスーツケースメーカーでもあります。 エバウィン メーカーでの修理 オリジナルのパーツをを使って修理を希望する場合はメーカー修理を検討しましょう。購入したお店にてご相談ください。 メーカーに修理を依頼する際は以下の点に留意しましょう。 ギャランティ―カードや領収書がないと修理受付不可な場合がある 見積もりや納期に長く時間がかかる 修理金額が高額になる場合が多い 状態によっては修理を断られることがあります。 国内正規購入品以外の無償保証はない エバウィン 通販サイト [blogcard url="https://everwin-yamaichi.jp/everwin/suitcase.html"] エバウィン 修理専門店での修理 オリジナルのパーツでの修理にはこだわらない、早く直したいといった場合は修理専門店での修理を検討しましょう。 修理専門店に依頼をする場合は以下の点に留意しましょう。 ギャランティ―カードや領収書がなくても修理が可能 見積もりや納期はメーカー修理と比較すると迅速 修理金額はメーカー修理と比較すると安価な場合が多い メーカー修理で断られても見積もり可能 オリジナルのパーツでの修理は不可 それでは、当サイトにも修理のご依頼やお問い合わせが増えてきているエバウィンのスーツケース修理について解説しましょう!   キャスター交換 スーツケースの車輪、タイヤ部分をキャスターといいます。この部分は殆どのケースで交換修理が可能です。2輪タイプのものと4輪タイプのものでキャスターの構造が異なります。どちらのタイプにも対応しているので安心です。 2輪キャスター交換 1箇所 3000円~ 4輪キャスター交換 1箇所 5000円~ タイヤの土台部分からの交換 1箇所 8000円~ キャスター1箇所に2個付いているタイプは金額が高くなってしまいます。 壊れる原因1:スーツケースはたまにしか使わないという方も多いと思います。ずっと使わないでしまったままでいるとゴムは劣化してしまい、2~3回しか使用していないのにもうダメになったということが起こります。後悔する前にゴムの劣化スプレーなどで定期的に拭いてあげましょう。 壊れる原因2:髪の毛などのゴミが詰まった状態で無理やり引きずってしまうとタイヤの片側だけが削れていき、さらにはタイヤの土台が削れ、もっといくとボディーまでも地面に擦れてしまいます。タイヤの土台からになると少し高い修理になってしまいます。髪の毛の除去や油をさしてメンテナンスしてください。おかしいと思ったまま使用していれば修理ができない状態にまでなってしまう可能性があります。   ハンドル交換 サイドとトップに通常一つづつついているのがトップハンドルとサイドハンドルです。大きく力がかかる部分なので故障も多くなってしまいます。重い物を入れて使用していればなおさらに壊れます。 ハンドルが破損してしまった場合は通常、交換修理となります。汎用のパーツにて交換修理します。汎用のパーツでの交換だとハンドルを留めるビスの位置が合わない場合があります。その場合はボディに穴をあけて、元の穴が見えるようならカシメで目立たないようにします。 ハンドル交換 6000円~   PUハンドル交換 引き出しスライド式のハンドル部をPUハンドルと呼びます。 完全に折れてしまった場合はメーカー修理となるケースが多いです。そういった場合にはメーカーにまずは問い合わせてみましょう。引き出せないなどといったトラブルは専門店でも修理対応が可能な場合があります。しかしながら基本的には内部の破損トラブルなので丸々交換での修理になります。 PUハンドル交換 18000円~ 壊れる原因:スーツケースを持ち上げるときにトップハンドルではなくPUハンドルで持ち上げて電車など乗り降りされている方をよく見かけます。持ち上げるためのハンドルではないため、そのように使用していれば必ず壊れます。高額な修理になりますので持ち上げるときはトップハンドルやサイドハンドルを持つように心がけてください。   ファスナー交換 故障してしまった場合スライダー交換もしくはファスナー一式の交換となります。一部特殊なものは修理対応不可のものもあるので注意しましょう。 ファスナー交換 一式 3万円~ スライダー交換 7000円~ 壊れる原因:ファスナーに平行ではなく垂直に力を入れて開けようとする、ファスナーを完全に開けきらずに無理やりスーツケースを開こうとしてしまう、などで破損してしまうケースが多いです。ファスナー交換も高額な修理になるため、普段から優しく取り扱ってあげることをおすすめします。   TSAロック交換 TSAロックに関しても交換修理となります。 TSAロック交換 1箇所 1万円前後(見積り)   ボディ凹み・割れ修理 空港から戻ってきたらボディが割れていたというケースが多くなっています。ボディの凹みや割れは補強にて修理対応可能で、同時に割れ目も目立たないように塗装します。 ボディ補強修理 1万円~(見積り) 空港で破損された際はその場で必ず対応してもらってください。   [blogcard url="http://threadandneedle.net/suitcase/"] その他の特殊なスーツケース修理にも対応しています。まずは一度見積もりにて依頼してください。 当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご依頼ください。 [action full_width='no' content_in_grid='yes' type='simple' icon='' icon_size='' icon_color='' custom_icon='' background_color='#2f74eb' border_color='' show_button='yes' button_text='無料で見積もり' button_link='http://threadandneedle.net/inquiry/' button_target='' button_text_color='#fafafa' button_hover_text_color='' button_background_color='orange' button_hover_background_color='red' button_border_color='orange' button_hover_border_color='']スーツケース修理見積もりはこちらからどうぞ! 2分で完了! 見積もりのみでもOK [/action]...

「アントラー製スーツケースのタイヤのゴムがいつの間にか割れていた!!」 「空港から戻ってくるときにボディが割れていた!」 といったアントラーのスーツーケースの修理を検討されている場合、こちらのサイトを参考にしてください。熟練のスーツケース修理職人が解説いたします。 アントラー(Antler)は1914年に創業されたイギリス発祥のスーツケースやバッグの製造・販売会社です。2014年現在での日本の販売代理店は明治26年創業の信頼ある鞄の総合メーカーであるサンコー鞄株式会社です。 アントラー メーカーでの修理 オリジナルのパーツをを使って修理を希望する場合はメーカー修理を検討しましょう。購入したお店にてご相談ください。 メーカーに修理を依頼する際は以下の点に留意しましょう。 ギャランティ―カードや領収書がないと修理受付不可な場合がある 見積もりや納期に長く時間がかかる 修理金額が高額になる場合が多い 状態によっては修理を断られることがあります。 国内正規購入品以外の無償保証はない アントラー 通販サイト [blogcard url="https://www.antler.co.uk/"] アントラー 修理専門店での修理 オリジナルのパーツでの修理にはこだわらない、早く直したいといった場合は修理専門店での修理を検討しましょう。 修理専門店に依頼をする場合は以下の点に留意しましょう。 ギャランティ―カードや領収書がなくても修理が可能 見積もりや納期はメーカー修理と比較すると迅速 修理金額はメーカー修理と比較すると安価な場合が多い メーカー修理で断られても見積もり可能 オリジナルのパーツでの修理は不可 それでは、当サイトにも修理のご依頼やお問い合わせが増えてきているアントラーのスーツケース修理について解説しましょう!   キャスター交換 スーツケースの車輪、タイヤ部分をキャスターといいます。この部分は殆どのケースで交換修理が可能です。2輪タイプのものと4輪タイプのものでキャスターの構造が異なります。どちらのタイプにも対応しているので安心です。 2輪キャスター交換 1箇所 3000円~ 4輪キャスター交換 1箇所 5000円~ タイヤの土台部分からの交換 1箇所 8000円~ キャスター1箇所に2個付いているタイプは金額が高くなってしまいます。 壊れる原因1:スーツケースはたまにしか使わないという方も多いと思います。ずっと使わないでしまったままでいるとゴムは劣化してしまい、2~3回しか使用していないのにもうダメになったということが起こります。後悔する前にゴムの劣化スプレーなどで定期的に拭いてあげましょう。 壊れる原因2:髪の毛などのゴミが詰まった状態で無理やり引きずってしまうとタイヤの片側だけが削れていき、さらにはタイヤの土台が削れ、もっといくとボディーまでも地面に擦れてしまいます。タイヤの土台からになると少し高い修理になってしまいます。髪の毛の除去や油をさしてメンテナンスしてください。おかしいと思ったまま使用していれば修理ができない状態にまでなってしまう可能性があります。   ハンドル交換 サイドとトップに通常一つづつついているのがトップハンドルとサイドハンドルです。大きく力がかかる部分なので故障も多くなってしまいます。重い物を入れて使用していればなおさらに壊れます。 ハンドルが破損してしまった場合は通常、交換修理となります。汎用のパーツにて交換修理します。汎用のパーツでの交換だとハンドルを留めるビスの位置が合わない場合があります。その場合はボディに穴をあけて、元の穴が見えるようならカシメで目立たないようにします。 ハンドル交換 6000円~   PUハンドル交換 引き出しスライド式のハンドル部をPUハンドルと呼びます。 完全に折れてしまった場合はメーカー修理となるケースが多いです。そういった場合にはメーカーにまずは問い合わせてみましょう。引き出せないなどといったトラブルは専門店でも修理対応が可能な場合があります。しかしながら基本的には内部の破損トラブルなので丸々交換での修理になります。 PUハンドル交換 18000円~ 壊れる原因:スーツケースを持ち上げるときにトップハンドルではなくPUハンドルで持ち上げて電車など乗り降りされている方をよく見かけます。持ち上げるためのハンドルではないため、そのように使用していれば必ず壊れます。高額な修理になりますので持ち上げるときはトップハンドルやサイドハンドルを持つように心がけてください。   ファスナー交換 故障してしまった場合スライダー交換もしくはファスナー一式の交換となります。一部特殊なものは修理対応不可のものもあるので注意しましょう。 ファスナー交換 一式 3万円~ スライダー交換 7000円~ 壊れる原因:ファスナーに平行ではなく垂直に力を入れて開けようとする、ファスナーを完全に開けきらずに無理やりスーツケースを開こうとしてしまう、などで破損してしまうケースが多いです。ファスナー交換も高額な修理になるため、普段から優しく取り扱ってあげることをおすすめします。   TSAロック交換 TSAロックに関しても交換修理となります。 TSAロック交換 1箇所 1万円前後(見積り)   ボディ凹み・割れ修理 空港から戻ってきたらボディが割れていたというケースが多くなっています。ボディの凹みや割れは補強にて修理対応可能で、同時に割れ目も目立たないように塗装します。 ボディ補強修理 1万円~(見積り) 空港で破損された際はその場で必ず対応してもらってください。   [blogcard url="http://threadandneedle.net/suitcase/"] その他の特殊なスーツケース修理にも対応しています。まずは一度見積もりにて依頼してください。 当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご依頼ください。 [action full_width='no' content_in_grid='yes' type='simple' icon='' icon_size='' icon_color='' custom_icon='' background_color='#2f74eb' border_color='' show_button='yes' button_text='無料で見積もり' button_link='http://threadandneedle.net/inquiry/' button_target='' button_text_color='#fafafa' button_hover_text_color='' button_background_color='orange' button_hover_background_color='red' button_border_color='orange' button_hover_border_color='']スーツケース修理見積もりはこちらからどうぞ! 2分で完了! 見積もりのみでもOK [/action]...

「ロジェール製スーツケースのタイヤのゴムがいつの間にか割れていた!!」 「空港から戻ってくるときにボディが割れていた!」 といったロジェールのスーツーケースの修理を検討されている場合、こちらのサイトを参考にしてください。熟練のスーツケース修理職人が解説いたします。 ロジェール(LOJEL)は1991年に日本で創業したスーツケースブランドですが主に海外で展開しており、2013年のブランドリニューアルなどを経て現在は約30カ国、約580店舗で商品を販売しています。スーツケースの生産数世界最大規模の工場が展開しており、確かな品質と機能性を備えつつ、シンプルなデザインと色にこだわったスーツーケース、キャリケースを生み出しています。 ロジェール メーカーでの修理 オリジナルのパーツをを使って修理を希望する場合はメーカー修理を検討しましょう。購入したお店にてご相談ください。 メーカーに修理を依頼する際は以下の点に留意しましょう。 ギャランティ―カードや領収書がないと修理受付不可な場合がある 見積もりや納期に長く時間がかかる 修理金額が高額になる場合が多い 状態によっては修理を断られることがあります。 国内正規購入品以外の無償保証はない ロジェール 通販サイト [blogcard url="https://www.traveler-store.com/products/list.php?category_id=639"] ロジェール 修理専門店での修理 オリジナルのパーツでの修理にはこだわらない、早く直したいといった場合は修理専門店での修理を検討しましょう。 修理専門店に依頼をする場合は以下の点に留意しましょう。 ギャランティ―カードや領収書がなくても修理が可能 見積もりや納期はメーカー修理と比較すると迅速 修理金額はメーカー修理と比較すると安価な場合が多い メーカー修理で断られても見積もり可能 オリジナルのパーツでの修理は不可 それでは、当サイトにも修理のご依頼やお問い合わせが増えてきているロジェールのスーツケース修理について解説しましょう!   キャスター交換 スーツケースの車輪、タイヤ部分をキャスターといいます。この部分は殆どのケースで交換修理が可能です。2輪タイプのものと4輪タイプのものでキャスターの構造が異なります。どちらのタイプにも対応しているので安心です。 2輪キャスター交換 1箇所 3000円~ 4輪キャスター交換 1箇所 5000円~ タイヤの土台部分からの交換 1箇所 8000円~ キャスター1箇所に2個付いているタイプは金額が高くなってしまいます。 壊れる原因1:スーツケースはたまにしか使わないという方も多いと思います。ずっと使わないでしまったままでいるとゴムは劣化してしまい、2~3回しか使用していないのにもうダメになったということが起こります。後悔する前にゴムの劣化スプレーなどで定期的に拭いてあげましょう。 壊れる原因2:髪の毛などのゴミが詰まった状態で無理やり引きずってしまうとタイヤの片側だけが削れていき、さらにはタイヤの土台が削れ、もっといくとボディーまでも地面に擦れてしまいます。タイヤの土台からになると少し高い修理になってしまいます。髪の毛の除去や油をさしてメンテナンスしてください。おかしいと思ったまま使用していれば修理ができない状態にまでなってしまう可能性があります。   ハンドル交換 サイドとトップに通常一つづつついているのがトップハンドルとサイドハンドルです。大きく力がかかる部分なので故障も多くなってしまいます。重い物を入れて使用していればなおさらに壊れます。 ハンドルが破損してしまった場合は通常、交換修理となります。汎用のパーツにて交換修理します。汎用のパーツでの交換だとハンドルを留めるビスの位置が合わない場合があります。その場合はボディに穴をあけて、元の穴が見えるようならカシメで目立たないようにします。 ハンドル交換 6000円~   PUハンドル交換 引き出しスライド式のハンドル部をPUハンドルと呼びます。 完全に折れてしまった場合はメーカー修理となるケースが多いです。そういった場合にはメーカーにまずは問い合わせてみましょう。引き出せないなどといったトラブルは専門店でも修理対応が可能な場合があります。しかしながら基本的には内部の破損トラブルなので丸々交換での修理になります。 PUハンドル交換 18000円~ 壊れる原因:スーツケースを持ち上げるときにトップハンドルではなくPUハンドルで持ち上げて電車など乗り降りされている方をよく見かけます。持ち上げるためのハンドルではないため、そのように使用していれば必ず壊れます。高額な修理になりますので持ち上げるときはトップハンドルやサイドハンドルを持つように心がけてください。   ファスナー交換 故障してしまった場合スライダー交換もしくはファスナー一式の交換となります。一部特殊なものは修理対応不可のものもあるので注意しましょう。 ファスナー交換 一式 3万円~ スライダー交換 7000円~ 壊れる原因:ファスナーに平行ではなく垂直に力を入れて開けようとする、ファスナーを完全に開けきらずに無理やりスーツケースを開こうとしてしまう、などで破損してしまうケースが多いです。ファスナー交換も高額な修理になるため、普段から優しく取り扱ってあげることをおすすめします。   TSAロック交換 TSAロックに関しても交換修理となります。 TSAロック交換 1箇所 1万円前後(見積り)   ボディ凹み・割れ修理 空港から戻ってきたらボディが割れていたというケースが多くなっています。ボディの凹みや割れは補強にて修理対応可能で、同時に割れ目も目立たないように塗装します。 ボディ補強修理 1万円~(見積り) 空港で破損された際はその場で必ず対応してもらってください。   [blogcard url="http://threadandneedle.net/suitcase/"] その他の特殊なスーツケース修理にも対応しています。まずは一度見積もりにて依頼してください。 当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご依頼ください。 [action full_width='no' content_in_grid='yes' type='simple' icon='' icon_size='' icon_color='' custom_icon='' background_color='#2f74eb' border_color='' show_button='yes' button_text='無料で見積もり' button_link='http://threadandneedle.net/inquiry/' button_target='' button_text_color='#fafafa' button_hover_text_color='' button_background_color='orange' button_hover_background_color='red' button_border_color='orange' button_hover_border_color='']スーツケース修理見積もりはこちらからどうぞ! 2分で完了! 見積もりのみでもOK [/action]...