Shread and Needle

アークテリクスのバックパック修理案内

アークテリクスのバッグについて

アウトドアブランドの中でも一つ飛び出た存在のアークテリクス(Arc’teryx)のバッグについての案内です。

ジャケットなども人気のアークテリクスですが、アロー22などのバッグも人気です。

アークテリクス アロー

防水仕様のアークテリクスバッグ。バッグセンターとサイドに防水ファスナーがついています。

アークテリクスの商品はエクストリームスポーツでも使用されることから耐久度は折り紙付きです。また過酷な環境で使用されることを想定して作られているため、バッグ細部の作りもよく考えられています。

一般的に30L前後のタウンユースに向いた小さめのバッグがとても人気が高いです。人気のアロー22Lを例にとると、バッグ表面にはセンター、両サイドの3か所にファスナーがついていて、バッグの中身を全部広げることなく簡単に目当てのものを取り出すことができます。

また表面についているファスナーすべてが防水ファスナーとなっていて、めったなことではバッグの中身が濡れることはありません。バッグの背面に関しても背負いやすいようによく工夫されています。

アークテリクスバッグの修理が多い箇所

丈夫なアークテリクスバッグですが長く使用しているとメンテナンスや修理が必要になってきます。特に壊れやすい箇所などを中心にどういった修理が可能なのかについて紹介していきます。

メーカーにて修理を断られてしまった場合なども諦めずに相談ください。

ファスナー周りの修理

ファスナーは消耗が激しいパーツの一つです。特にメインファスナーは何度も開け閉めされる為早く摩耗していきます。

防水ファスナーの劣化

アークテリクスのセンターファスナー部。経年劣化で防水ファスナーのシーリングが浮いてきています。こういった場合は交換での修理となります。

アークテリクスのファスナーに関しては防水ファスナーもしくは一般のファスナーどちらかの修理が選べます。(一部のシリーズを除く)色に関しても多数の中から選択できるので安心です。

ショルダーベルト周りのトラブル

ショルダーベルト修理ビフォー

修理ビフォー。ショルダーベルトのナイロンが裂けて、中身が見えています。

修理アフター

修理アフター。

あまり多くはないですがショルダーベルトのプラスチックパーツやバックルまたショルダーの根本部分などは修理が必要になることもあります。

プラスチックパーツに関しては近いパーツにて交換が可能です。またバックルが取り付けてある棒の部分が外れることもあります。そういった場合は再縫製等にて取付が可能です。またその他ステッチほつれ、ナイロン生地の傷みなどにも対応可能です。

アークテリクス修理の参考料金と納期

修理の際に気になるのが料金と納期です。修理に出す前に参考料金を参照してください。修理納期は繁忙期を除き2~4週間が目安となっています。特殊色のファスナーなど、部材取り寄せが入る場合は4~6週間かかることもあります。

  • スライダー交換 3000~5000円
  • ファスナー交換 9000~15000円
    *防水ファスナーは9000円~
  • プラスチックパーツ交換 2000円~
  • 解れ縫い 2000円~

 

その他の修理に関してはメールの簡易お見積もりをご利用ください。

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご利用ください。

またその他アークテリクスのバッグ以外の修理についても姉妹サイトにて承っています。アークで人気のジャケットやアウターなどの修理は下記リンクより洋服修理のアフトフィッターズをご利用ください。

アークテリクスのジャケット修理案内|ライトシェル・ハードシェル » 洋服修...
アークテリクスの洋服修理でお困りならこちらページを参照ください。他店にて断られたジャケット修理など、アークテリクスの洋服修理について経験豊富な職人が解説していきます。全国対応のブランド洋服修理専門店アウトフィッターズ。まずは無料のメール見積もりを...

アークテリクスってどういったブランド?

始祖鳥のロゴマークで有名なアークテリクスですがどういったブランドなのでしょうか?

アークテリクスはカナダのブリティッシュコロンビアで創業したアウトドアメーカーです。その成り立ちはアメリカのパタゴニアなどと似通っています。

購入が可能なショップ

全国各地の取り扱い店もしくは直営店にて購入が可能です。またビームスなどのセレクトショップでも購入することができます。

アマゾンなどのサイトでも購入することが可能ですが並行輸入品が多いので、修理の際には注意が必要です。アークテリクスの並行輸入品は一部ですがあまり状態がよくないものも存在しますので購入時にはよく検討しましょう。

オンラインではオフィシャルサイトに併設されているECサイトでの直接購入も可能ですので、心配な方はオフィシャルサイトでの購入がおすすめです。

製品の保証について

アークテリクスの商品保証についてです。バッグの使用状況と状態によって保証が受けられる場合と不可の場合があります。店頭での購入の場合は、購入店に修理を依頼することになります。また公式サイトでの購入の場合は公式サイトよりカスタマーセンターに問い合わせください。

アークテリクスの並行輸入品の修理はメーカーでの修理が可能ではありますが、高額になるケースがあるので注意が必要です。

アークテリクスのバッグ修理でよくある質問

依頼のとても多いアークテリクスの修理。当サイトでいただいた質問を参照によくある疑問についてお答えしていきます。

◯「並行輸入で購入したバッグも修理受付は可能ですか?

はい、可能です。メーカー修理を依頼できないケースが多い並行輸入品もカバン修理専門店なら修理可能です。諦めずにまずは見積りを依頼しましょう。

◯「修理後にオリジナルからデザインの変更はありますか?

修理の内容によってはデザインが変更になるものもあります。デザインが変更になる修理としてはプラスチックパックルの交換やナイロン生地の破れなどがあります。

オリジナルとほぼ同様の修理ができるものは防水ファスナーの交換等です。防水ファスナーは赤、オレンジ、グリーンなどの特殊色もご用意可能です。

◯「修理見積もりのみの利用は可能ですか?

はい、見積りのみのご利用も可能です。お気軽にご利用ください。

 

バッグ修理見積もりはこちらからどうぞ!

2分で完了! 見積もりのみでもOK