Shread and Needle

アルフレッドバニスターのバッグ修理でお困りなら

アルフレッドバニスターのバッグ修理案内

アルフレッドバニスターやオゥバニスターなどの
バッグ修理についてのご案内です。

レディースのハンドバッグからメンズのブリーフ
ケースまで実に幅広くラインナップしているアル
フレッドバニスター。修理の情報は意外と少なく
困っている方も多いのではないのでしょうか?

故障の際にはこちらのページを参照にして
修理を検討してみてください。バッグ修理
って高いんじゃないの?と思われている方も
必見です。

アルフレッドバニスターのバッグで多い修理

それではアルフレッドバニスターでご依頼が
多い修理から紹介していきます。

レザーブリーフケースやトートバッグの場合

オールレザーのブリーフケースやトートバッグを
長く使用している方も多いのではないでしょうか?
この2タイプのバッグは壊れやすい箇所も似通って
いるので一緒に紹介します。

手元(ハンドル)の痛み、切れ、変色

長く使用すればするほど手元はいたんできます。
オールレザーのブリーフケースはハンドル部も
レザーです。使用しているうちに色が濃く変色する
ことがあります。そういった場合は交換がおすすめです。

またアルフレッドバニスターのトートバッグで
重いものを常時入れているとハンドルの根本が
弱ってくることがあります。そういった場合は
手元交換もしくは補強が可能です。

  • 手元交換(丸手)8000~12000円
  • 手元補強 5000円~

 

メインファスナーの故障や不具合

こちらはブリーフケースやビジネス
バッグのみよくある修理です。

メイン部のファスナーは実際ブランドと
問わず壊れす可能性が高いパーツとなっ
ています。簡単な不具合のみであれば
スライダーのみの交換で済むケースも
あります。

ファスナー本体が切れたり弱ったりしている
場合は交換となります。

  • メインファスナー交換 9000~12000円
  • スライダー交換 3000~4000円

 

リュックサックやボディーバッグなど

それではアルフレッドバニスターのリュック
サックなどはどういった不具合が多いのでしょうか?

サイドファスナーの不具合

リュックで多いのもやはりファスナー関連
です。アルフレッドバニスターのリュクサッ
クに関してはよく使用するサイドジップ部
分が故障するケースがよくあります。

  • サイドファスナー交換 7000~10000円

 

ショルダーベルトの補強など

ショルダーベルトが弱ってしまった
場合の修理も可能です。糸のほつれ
などによって付け根の部分が取れて
しまった場合は補強がおすすめです。

  • ショルダーベルトの補強  4000円~

当サイトでは全ての修理に無料の再修理
保証をつけています。修理後3ヶ月以内の
不具合に関してはすべて無料にて再修理
致します。安心してご利用ください。

 

バッグ修理見積もりはこちらからどうぞ!

2分で完了! 見積もりのみでもOK