Shread and Needle

A.D.M.Jのバッグが壊れてしまったら|修理依頼方法・参考料金案内

A.D.M.Jのバッグの持ち手がほつれてきたから修理したい

A.D.M.Jのバッグの内側のファスナーが壊れた!

A.D.M.J(エーディーエムジェイ)のバッグの修理でお困りならこちらのページをご参照ください。修理経験豊富なカバン修理職人がA.D.M.Jのバッグの修理について詳しく解説していきます。

A.D.M.J(エーディーエムジェイ)は1988年に設立された日本のレザー・アクセサリーブランドです。「10年先のベーシック」をコンセプトに世界中から集められたレザーを東京で手作業で縫製。現在はアメリカ、ヨーロッパ、アジアなどで販売されています。

A.D.M.Jのバッグ メーカーの修理

A.D.M.Jのバッグをオリジナルパーツでの修理を希望する場合は、購入店、又はカスタマーセンターに問い合わせてみましょう。

メーカーに修理を依頼する場合は以下の点に留意しましょう。

  • ギャランティーカードや領収書がないと修理を断られる場合あり
  • 一般的に見積もりや納期に時間がかかる
  • 修理金額が高額になるケースがある
  • 修理内容によっては修理自体が不可の場合あり

 

◯メーカー公式サイト

A.D.M.Jのバッグ 修理専門店の修理

メーカーで修理を断られた、早く修理して使いたいといった場合、修理専門店での修理を検討しましょう。

修理専門店に依頼する際は以下の点に留意しましょう。

  • ギャランティーカードや領収書がなくても修理可
  • 見積もり、納期が比較的早い
  • 修理金額はメーカー修理よりも安価な場合が多い
  • オリジナルパーツでの修理は不可
  • メーカーで断られた修理も修理専門店では可能な場合が多い

それでは当サイトの修理例を参照にADMJでどういった修理が多いのかについて解説していきます。

持ち手の修理

A.D.M.Jのバッグの修理依頼で多いのは持ち手の修理です。長年使っていると持ち手は傷んでくることが多く、革が剥がれたり、コバが汚れたりしてきます。

そういった場合、コバのクリーニング、剥がれ補修、または持ち手の作り直し修理が可能です。また持ち手の根元の縫製がほつれてきた場合は再縫製修理が可能です。

  • 持ち手交換 12,000円~
  • コバの再塗装(持ち手)5,000円~
  • ほつれ補修 3,000円~

 

ファスナー・スライダーの修理

バッグに使われているファスナーは長く使い続けていると壊れてくることがあります。ファスナーが閉まらない、スライダーが動かない、引手が取れてしまったといった場合オリジナルと遜色のないパーツを使い交換修理が可能です。

トートバッグなどの内側のファスナーの交換も可能ですので、壊れて使えないとあきらめる前に修理を検討しましょう。

  • ファスナー交換 7,000円~
  • スライダー交換 3,000~5,000円

 

バッグのクリーニング

長く使っているバッグは汚れてくることがあります。特に淡い色のバッグは汚れが目立ってしまうのでクリーニングを検討しましょう。

もう取れないと思ったバッグのシミや汚れもあきらめずにプロのクリーニングできれいにして長くお使いいただけます。

またレザーバッグの落ちないシミなどはレザー染色にてきれいにすることが可能です。クリーニングにて落ちない場合には染色を検討してみてください。

  • バッグクリーニング 4,000~5,000円
  • レザー染色(部分的に) 7,000円~
  • レザー染色(全体)12,000円~

 

A.D.M.Jのバッグが壊れてもう使えない、汚れがひどくてもう持ち歩けないとあきらめる前に、カバン修理のスレッド&ニードルに見積の依頼をしてみませんか?

カバン修理のスレッド&ニードルでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご依頼ください。

バッグ修理見積もりはこちらからどうぞ!

2分で完了! 見積もりのみでもOK